【本日終了】韓国輸出セミナーの募集を締め切ります

韓国輸出のセミナー募集は
本日24時で締め切ります。
aqcg.jp/lp/korea19/s/…

韓国輸出は、限りなくリスクが少ないビジネスです。
無在庫なので、売れてから仕入れるということ。

つまり、お金を受け取ってから仕入れるので、
先にお金が出ていくことがありません。

また、あまりノウハウが出回っていないので、
参入者が少ないという点です。

参入者が少ないということは利益率が高くなります。
つまり、外注化やアウトソースがしやすくなるということ。

さらに、輸出なので消費税の還付も受けられます。
消費税が増税されても、払うはずの10%が戻ってきます。
輸出戻し税は審査無しの補助金と言われている所以です。

今回のセミナー募集は本日まで行ってきましたが、
本日でセミナーの募集は終了します。

何が参入障壁になるのかというと、
韓国語という外国語と、プラットフォームのクセです。

両方とも、知っていれば簡単なことですが、
セミナーに参加することで、スタートダッシュを
決める良い機会になるでしょう。

知らないで損し続けるか、
知ってスッキリするか。

いずれにせよ、募集は本日で終了します。
それではあなたと会場でお会いするのを楽しみにしています。

【残り2日】年金オタクが金融庁の試算にモノ申す

「老後に2000万円が必要」

という金融庁の試算が話題になっています。
どれどれ、とソースを確認しようとするものの、
ゴシップ記事ばかりが上がってて中々たどり着かない。

人生100年時代における資産形成
www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190412/03.pdf…

まず、この手の話題をする時は、
ゴシップ記事やフェイクニュースじゃなくて、
原本を読まなくてはいけません。

その上で、分かりやすく解説するのが基本です。
人伝いの、さらに人伝いのニュースが多いので。

ちなみに私は年金・社会保障の専門家です。
日本最大の社会保険労務士事務所に
6年ほど勤めていた経験がありました。

最初の2年ぐらいは事務局という部署にいて、
役所への届け出関係の書類を作成していました。

年金は非常に複雑なシステムで、
給付は老齢・障害・死亡について行われ、
老齢給付は基礎年金と厚生年金の2階建て、
さらには働いていると減額される在職老齢年金等の
仕組みがあるので、かなり計算が複雑でした。

なので当時私は相談の電話に即答できるように
エクセルで独自の計算シートを作って、
マクロで動かしてよく上司に怒られてました。
勝手なもんを作るなと。

当時からそういうの作るのは好きでした。
VBならもっと早く習得できたかもしれない。

でも、今はクラウドの時代なので、
やっぱ基本はPHPとMySQLでしょ。
これはホント難しかったので、
だから未だにVBのエンジニアが多いんでしょね。

話しは脱線しましたが、年金問題に付随して、
この働いていたら年金が減額される
「在老」制度の廃止が検討されています。

つまり、年金は段階的に支給開始年齢引き上げ、
減額されていくことと引き換えに、稼ぐ高齢者を
増やしてモチベーションを上げようという政策です。

21世紀はどんな世の中になるのか。

2000年の正月に本気で真剣に考えて
「少子高齢化とグローバル化」という
結論に私はたどり着きました。

最初はどうやってグローバル化に自分が
対応すれば良いか分からなかったので、
最年少合格を目論んで社労士の勉強を開始。

結局、落ち続けたけど知識は大量にあったので、
業界最大手の企業に就職ができました。
そして「年金オタク」だったワケです。

当時から厚生労働白書には
日本の人口減少は世界史上最速で進み、
高齢化社会の「世界初」の記録を
塗り替え続けるだろうと書かれていました。

これから元気な前期高齢者が減り、
病気がちの後期高齢者が増えていきます。

これに備えるために、私はインターネットに
注目をし、大成功を収めることができました。

21世紀において少子高齢化は
大きなマイナス要因だったけど、
グローバル化は大きなプラス要因です。

結論から言うと、年金制度の見通しは
非常に厳しいものになります。

「アメリカはもはや、世界の警察ではいられない」

とトランプ大統領が語ったのと同じようなもの。
すぐの方向転換はしないものの、
「段階的」に給付は減るでしょう。

そこを補うのが、インターネットです。
特に私はネット物販をオススメします。

さらには、今ならニッチなジャンルを狙いましょう。
ということで、セミナーの申込みはあと2日で締め切ります。
aqcg.jp/lp/korea19/s/…

これ以降はこれまで公開してきた
全てのコンテンツは閲覧が不可能になります。

生涯現役。

国も後押しすることだし、
文句言わずに乗っかりましょう。

稼ぐ人にメリット多い時代になりますよ。

価格差の根拠を明確にすることが一番大事

さて、本格的なお盆休みに入っていますが、
あなたはいかがお過ごしですか?

私の方はセミナーを終えて満身創痍・・
というか、その後も色んな話しが舞い込んで
めちゃくちゃ面白い1日になりました。

セミナーでは複数のビジネスの
モデルを説明させてもらいましたが、
物販は基本的に価格差だという説明を
プラットフォームを変えて
何度も説明をさせてもらいました。

価格差とは、売上がいくらで
仕入れがいくら、手数料も含めて
利益がいくら出るのかというのを
見える化してからビジネスを始めましょう
といった当たり前のことを指します。

Amazonで仕入れてeBayで売るのか、
Amazonで仕入れて韓国で売るのか、
eBayで仕入れてヤフオクで売るのか、
そういったことに1つずつ根拠を
持たせてビジネスをしましょうということ。

あとは、そのビジネスのトップセラーが
いくら稼いでいるのかが分かれば
パイを食い合ってもそこまではイケる。

そこまでが守破離の「守」の部分で、
そこまでやり切ってから独自の要素を
追加していきましょうというイメージです。

ただ、プラットフォームで販売すると
競合の価格というのは比較的簡単に
見つけることが出来ますが、
プラットフォーム外のビジネスは
売上が見えない場合があります。

それが謎だからステルス的に
稼ぐことができるんですね。

それでも価格差を見つけてから
ビジネスの構築をするべきです。

では、どうしたら良いのか。

それは、オーナーに売上を
直接聞くということです。

もちろん中々教えてはくれないけれど、
要はそれが分かってから始めるべきで、
そのための情報収集をしましょうということ。

さらに言うと、その答えを引き出しても
勉強になったと言わせるぐらい、
あなた自身が成長しましょうということ。

ということで、リアルでセミナーを開催したことで
表には出てない数字を私自身が
たくさん知ることが出来ました。

しっかり復習してくださいね!

【最終日】エグゼクティブビジネスマスターセミナー募集は本日締切

ビジネスで成功する方法は
いくつかのパターンに分かれます。

誰もやったことがないことをするか。
時間を掛けるか、お金を掛けるか。

誰もやったことのないことをするのは
かなりリスクがあります。

なぜなら、誰もやってない
理由があるからです。

逆に、みんながやってることは、
リスクがないように見えて
リスクだらけだったりします。

飲食店はどこにでもある業態だけど、
全員が儲かっているとは限りません。
体感としてはごく一部でしょう。

無くなったお店の店主はどこに
行ったんだろうと考えたことあるけど、
一般の人に戻るケースが大半みたいですね。

そういうことで、成功するためには
「嗅覚」が必要になります。

この嗅覚というのは長年の経験や
人脈から生まれてくる事が多いので、
経験が少ない方は自分の嗅覚は
あまりアテにしない方が良いでしょう。

経験がある人でも、得意分野の
延長線上に無い場合はアテに
しない方が賢明です。

手堅く成功するためには
リサーチの場合でも同じだけど、
既に結果を出しているトップセラーの
真似をすることから始めるべきです。

学ぶという言葉は、「まねぶ(学ぶ)」と
同じ語源で、「まねる(真似る)」とも
呼ばれています。

守破離と言う格言も有名だけど、
まずは基本に忠実に行うべきです。

自分のオリジナル要素を加えるのは
インターネットのような動きの早い
ビジネスの場合でも1年は我慢して
同じことを繰り返すべきでしょう。

そこから青天井に伸びる所が
ネットビジネスのロマンですよね。

ということで、基本に忠実に、
さほど目立たず、こっそり稼げる
将来有望なビジネスを今回のセミナーで
一挙に紹介をしていきます。

会場も決まっているので、
今回は池袋で開催いたします。
詳しくは案内を確認してください。
ca94.biz…

いやー久しぶりに話すので、
めちゃくちゃ緊張しています。

多分セミナーを主催して自分で
しゃべるのはもう当面やらないです。

泣いても笑っても本日が最終日。
あなたの参加をお待ちしております。
共に頑張りましょう!
ca94.biz…

【残り3日】韓国輸出ビジネスとは

セミナーの締切まで後3日となりました。
これまで、私の実績から始まり、
・不用品販売、
・eBay輸出、
・Amazon輸出、
・中国輸出、
・アンティーク輸入、
・インスタ物販、
・オリジナル商品開発

と紹介してきましたが、
最後が韓国輸出です。

韓国輸出は無在庫輸出の発展形で、
日本の商品を韓国のプラットフォームで
売るという手法になります。

ネットで検索しても、ほぼ情報が無いので
特に新しいジャンルの物販ですね。

無在庫販売の特徴は売れてから仕入れるので
「数をたくさん出せる」というメリットがあります。

つまり、大量の出品をすることで
リサーチが不要でどんどん売れるということ。

普通なら相場のリサーチから始まって、
利ざやの取れるショップから購入するのが
普通の物販のイメージです。

ところが無在庫の場合は逆で、
仕入れ値に利益分を乗せてまず出品し、
売れないものは取り下げ、
どんどん回すという感覚でやります。

出品手数料が発生しないので、
カテゴリに目星をつけて、
どんどん出品していくというスタイル。

韓国のプラットフォームは世界の中では
中規模で、外国人セラーもあまりいないため、
アカウントの削除リスクが少ないのも良いところ。

今までのプラットフォームの変遷を見てても、
最初は規制がゆるく、後で厳しくなっていくので、
今のうちに参入しておくと持ってる
アカウント自体に値段がつくかもしれません。

最初は出品数が1万点という上限があるので、
いきなり飽和するということもありません。

そういった意味でもこれからの発展形に
期待できるビジネスです。

全部のビジネスを私の視点から網羅して、
一挙にお話しすることになるので、
今までより長めに時間を取ります。

ということで、稼げるノウハウが目白押しの
総まとめセミナーの募集は後3日!
ca94.biz…

フランス人オーナーと契約更改

昨日は私が住んでるコンドミニアムの
オーナーがやってきて契約更改をしました。

フランス人でシンガポール人と結婚し、
現在はオーストラリアに住んでるようです。

たまたま、こちらに旅行に来てるので
様子見がてら契約更改に立ち会ってくれた。
そっか、あれからもう1年経つのか。

まだらボケっていうのかな。
英語もしゃべれる時とそうでない時があって、
思い出したようにペラペラになる時がある。

引越しの時に単語を覚えたからか、
普通にしゃべることができた。

オーストラリア人かっけーし。
シンガポール人の奥様は日本人と見た目一緒。

ネイティブで友達としゃべる感覚で
話しかけられると全くわかんないけど、
日本人に向かってしゃべってくれると
会話も通じるもんなんだよね。

新しいメイドさんは早起きして
部屋を片付けておいてくれたので、
気持ちよく案内をすることができました。

今のメイドさんはよくやってくれていて、
家にバトラーサービスでもついたのかってぐらい、
なんでも先回りしてやってくれます。

家に帰るとご飯が出てるので、
靴下脱いで後で洗濯かごに入れようとすると
スッとそれ取って片付けてくれたり。

コーヒー淹れようとお湯沸かしたら
トイレ行ってる間に部屋に置いてくれたりとか。

それこそ、自然にやってくれます。
約束も守るし、向上心もあるし。

おかげで今日は自宅だったけど
仕事がはかどったなー、嬉しい。

インターネットってすごいわ。

インスタ物販はショッピング機能開始で更に進化中

もしもあの時、ああしていれば・・。
って後悔したこと、ありませんか?

人生が変わってたかもしれないなあ。
私がそう感じる時は決まっています。

「他人が自分と同じようなことをして
 自分よりうまく行ってる時」

です。

それはすぐ気づくワケではなくて、
数年経ってから急に思い知らされます。

その時の衝撃具合と言ったら
目も当てられないくらい。
あなたにも経験があるのではないでしょうか。

そして自分を責めます。
なぜ、あの時やらなかったんだろう。

答えはもう知っています。
保証がなかったから。

もし、成功が約束されていれば、
私だって全力でやってたかもしれない。
多分、シンプルにそれだけの違いなのかなと。

その感じ方は人それぞれです。
最初から確信しているかもしれないし、
少しでも疑問に思ってたかもしれない。

私はだから、そのチャンスを
逃しちゃダメだよと言ってしまうんです。

最近初めて、インスタライブを観ました。

ベッドで寝っ転がりながら、
インスタ開いたら再生ボタンが現れてる。

クリックしてみたら、NYの街を歩いてる
お知り合いの方が映っていました。

次々とタイムラインに流れるコメント。
こんにちわ、こんにちわ~と答える生主。
(あれ生主とは言わないのかな・・)

コメ読みをしながら街を歩く様子に、
いや答えてもらった人嬉しいだろうなと
初体験の私ですらそういう感情を抱きました。

「インスタ映え」が流行語大賞を取って、
SNSの中でもインスタの存在感が
ひときわ目立っています。

そして最近インスタにショッピング機能が
搭載されたようで、セミナー講師の方に
話を聞いたら売上が3倍になったようです。

フォロワーゼロの新設アカウントで
3ヶ月ぐらいでもう売上作ってるので
凄いとしか言いようがありません。

でも、そろそろ似たようなことをする人も
チラホラ現れてると聞きました。

この上昇気流を逃すと、別のタイミングで
同じことをやっても上手くのぼれないはず。

初動を掴むというのは、
そのぐらい大事なことです。

そして、誰かがやるなら、
誰よりも大胆に行うことが
早期に成功するポイントです。

セミナーでは、インスタ物販の
魅力についてもお話します。
ca94.biz…

アンティーク輸入で自由旅が止まらない人

「上海いてくる」
「ついでにシンガポールこいや」
「ほんこんSIMが機能するかドキドキしてるねん」

アンティーク輸入の講師をしてる人は、
講師陣の中でも一番の仲良し。

歳が近いのもさることながら、
タイやアフリカの旅も一緒にして、
寝食を共にした関係でもあります。

私がアフリカにカバン1つで行って、
重さ量ったら7kgだったので空港の
ラウンジで自慢したらアイツは
5kgだったのでマジ卍でした。

アンティークというのは厳密に言うと
製造から100年以上経った製品だということ。

それだけ長い年月、製品として形を留めている所や
歴史や文化等の趣もあって、インテリジェンスな
人には掘り下げがいのあるビジネスです。

かつ、資産価値としても上がっていくので
在庫として持っていても目利きさえあれば、
いつでも現金に変えることが出来ます。

のんびりと焦らずジワジワ伸びていく
タイプのビジネスモデル。

超絶安定するのがこのビジネスの特徴です。
ca94.biz…

てことで既にビジネスに興味が
失くなってしまった彼は、
旅人をしながら時間を潰しています。

上海に行くっつーもんだから、
中国は通常だとGoogleやLINE、
最近じゃAmazonも閲覧ができなくなりました。

なので、香港SIMをローミングで使って、
規制回避する方法と、ホテルや空港では
アジアVPNを使ってYouTubeとか
見る方法を教えてあげました。
goo.gl/SE5YeU…

「ヤバい、つながる。快適すぎる」

っつー連絡が上海からLINEで入ってくる。

「楽っしょ」

「サイコーです、先生」

つって会話する。

「念の為調べたら、中国ビザなし
 滞在15日までやないかーい」

「え、何日いるつもりだったの?」

「27日間(笑)」

1ヶ月ものんびりできるなんて羨ましい・・。
まあ私も似たようなもんだけど。

数日放っておいて、ちょっと
気になったので、また連絡してみる。

「いまどこ?」

「上海。家のなか」

「なんもないけどなー。
 新幹線でも乗ってどっか行けば?」

「イーウー、明日いこ。」

「誰か会うの?」

「いや?特に何も予定してない」

えー?手ぶらで義烏行くの?
しょーがねーなあもう。

案内してやっか。

早速WeChatでグループ作って
義烏の代行会社の社長を呼ぶ。

「ご無沙汰してますー」
「はい!ご無沙汰してます!」

3秒で返事が返ってくる。
このスピード感が半端ない。

営業は基本タダ。

この言葉の深みを改めて感じさせる。
中国ってスピード感が日本とケタ違い。

自分に得だと思う人間には分かりやすく
猛アピールしてくるし、行動も早い。
お金が好きだし、前向きだ。

こういうのを目の当たりにすると、
またなんか私にできることしてあげたいなって
イヤでもそういう感情が湧いてくる。

打ち合わせしながらでも、歩きながらでも
音声チャットで返事返してくる。

夜討ち朝駆け、接待攻勢。
そのビール腹で、100人からの
従業員の生活を支えているのです。

「明後日から広州行って、その後戻ってきて、
 その後山東省に行って戻るのが週末です。」
「今日、来られたらどうですか?」

「きょ、今日ですか!今虹橋まで
 20分のところにいますけど、
 なんとかなるんですかね。。(笑)」

WeChatグループで困ってたようなので、
義烏ツアーの時に収録しておいた、
虹橋から義烏までの新幹線の乗り方と、
ホテルの取り方とかまとめた動画をあげた。

ツアーやった時、50人ぐらい連れてったけど、
迷った人1人もいなかったやつ。

これ、5万円の価値あるんだけども。
まあ講師やってもらってノウハウも
提供してくれたワケだし、まあいっか。

「じゃ、今からいきます」

てことで、ものの10分ぐらいで話しが決まり、
朝起きたら楽しそーに飲んでる様子の写真が
WeChatに送られてきたのでした。

てことで、その後また上海に戻り、
今も彼は上海にいることでしょう。

これが、今の「リアル」です。

ネットで繋がって世界を自由に飛び回る。
アシストも全部オンラインで完結。

遠隔で案内しただけだけど、
ホントにワクワクした。
みんなスゲーやつになってる。

彼ももう、セミナーはやらないって言ってる。
まあ、私も今回の終わったら当分やりたくない。

8月、彼は新居に引っ越す。
今までの家賃の3倍のところ。

怖いっつってるけどアンティーク扱うなら、
あんたもそのレベルの暮らししてないと
顧客の気持ちが分かんないでしょって言ってやった。

私と同じレッツノートを買って、
彼もいよいよ、生活レベルを上げに来た。

メイドのゴタゴタも読んでくれてたみたい。
ふん。さてはテメー、オレのファンだろ(笑)

引っ越し落ち着いたらさあ。
また一緒に旅しようぜ。

中国輸出の成功事例と新しいメイドさんが最高だった件

「メイドがいると、家がホテルになる。」

なんて言われてたけど、
今まさにそれを体感してます。

新しく来たメイドさんは、
地味な感じで特に華やかな印象はない。

初日は料理の手付きがあまり良くないことに
気づいたけど、時間をかければ作れるレベル。

それより目立って良かったのは、
かなりキレイ好きな所で、整理整頓が上手。

掃除の手際がとても良いので、
床がピカピカに磨き上げられている。

勤務時間は朝の5時半から夜の9時半まで。
週に1日のお休みを与えるのがこの国の法律で、
なんと勤務時間は16時間にも及びます。

シンガポールの法律上は、
連続して8時間の休みを与えれば良いので
睡眠時間以外はほとんど家内労働に携わって
もらうことになっています。

多くのご家庭がフル稼働させてるみたいだけど、
我が家は朝の送り迎えと炊事洗濯、掃除だけ
やってくれれば後は休んでもらえばいいかなと。

驚きだったのが、土曜日はメイドさんと遊びたいと
娘が言いだしてウノを持ち出し英語で説明してたトコ。

最初はモジモジしてたのに、
遊びたい一心で英語でしゃべりだすのに
これは相当驚きました。

「ぶわっ、ぷっ。くそっ!」

メイド部屋のシャワーが壊れて水浸しになったのを
器具を妻が買ってきて、私が噴水状態になってる
根本から新しいシャワーを設置し直した。

そういうこともあって住環境も整い、
なんかラポールが築けている、気がする。

これを書いてるのは日曜の昼間なんだけど、
夜は8時までに戻ってくるように伝えてある。
果たして門限は守るのか。

それだけクリアできれば、
ホントに喜んでいいかもしれない。

1人目のメイドさん、ノーラについて。

そういえばパーマ当ててたよね、とか、
リア充写真がいっぱい出てきたとか、
自分の「ハッピー」を優先する部分がたくさんあった。

心変わりした、というのを聞いた時、
少なからず揺れ動いた自分の心に問いかける。

もう一度、チャンスを上げれば良かったかも。
もし許してあげたら、良い仕事をしてくれたのかも。
そういう気持ちは多少なりともありました。

クビを切って国に送り返したとは言っても、
彼女の人格を否定するものではありません。

彼女にとって「ハッピー」は
とっても大事だとわかったし、
長時間働くわけだから、部屋のことも、
疲れが取れないという理由も分かります。

ただ、私と合わなかっただけ。
他の雇用主の所で上手くやってくれればいいなと。

起業したら、やりたいことだけを貫き通す。

相手のために生きるのではなく、
自分のやりたいことをやってくれる人を探します。

そして自分に合う人が見つかったら、
その人達を稼がせてあげなきゃいけません。

自分のために協力してくれる人達に、
目一杯のメリットを差し上げるというイメージですね。

その代りあなたは最も生産性の高い仕事を
自分で見つけて取り組まなくてはいけません。

家事労働はメイド税込みでも月10万円の仕事。
それは人に任せて月100万円の仕事を産み出す。

考えて考えて、考え抜き続ける。
それが起業家の役目なのです。

前置きが長くなったけど
今日はタオバオ輸出の話し。
ca94.biz…

爆買いが流行語大賞になってから、
中国の巨大プラットフォーム、
タオバオで稼ぎ始める人が現れました。

中国の国民総所得は既に日本を抜き去り、
アメリカに次ぐ第2位を確固たるものにしています。

この市場は非常に巨大ですが、
かなり特殊な市場とも言えます。

まず、タオバオのその異常なニセモノの多さ。
そのあまりの多さゆえ、日本人だと言っても、
全く信用してもらえません。

パスポートの写真をアップしたり、
買い物している様子を動画で撮ったり、
店舗で買ったレシートを写メ撮って
見せてようやく分かってもらえるレベルです。

検索上位の対策も、全く異なるので
eBayやAmazonのように、とりあえず大量出品すれば
なんか当たるという攻略法は全く通じません。

中国独自の戦い方が求められます。
また、法律もコロコロ変わるので、
いきなり商品が届かなくなったり、
届くようになったりと目まぐるしいです。

しかし、一度信用を獲得すると、
口コミのレベルがヤバいです。

1000個くださいとか1万個くださいとか、
そんなのムリゲーレベルの注文が
アホみたいに来るので、この問題を
解決できた人は凄い売上を上げています。

「上有政策、下有対策」

これは「上に政策あれば、下に対策あり」
という中国では有名な格言です。

上から押し潰されても、なんとか
抜け道を考え出して乗り越える、という
中国人以上にたくましい気概を持っていれば、
あなたも成功できる可能性があります。

また、タオバオ輸出では中国元が手に入ります。
中国輸入は有名ですが人民元の送金に
手を焼いている人は、輸出入を合わせて
展開するのも1つの手段です。

ちなみに私はこの中国の格言が好きです。
日本人は大人しすぎて話しにならない。

まずは手段を選ばず成功すること。
次にコンプライアンスの順番です。

起業の段階で手段を選んじゃ成功しないし、
経営ので法律無視したら叩かれます。
あなたのフェーズを意識して戦いましょう。

Amazon輸出で月商億超えの爆発力を手に入れる

「ご無沙汰しています!
 他人事ながら、すごく面白くなってきましたね!
 この後の展開に目が離せないです^^」

記事への返信に目を通していたら、
こんなコメントが入ってきたので飛び上がって喜んだ。

Amazon輸出で書籍の出版を共著した人から。

講師陣の中では付き合いが一番古く、
大切な人なんですがここ数年、
直接話しをすることは無く。

出版後は表に出ることを控えていて、
セミナーもしないと言われてたので、
声掛けてヤブヘビにならないようにと、
できるだけそっとしていたのでした。

ホントは私が声をかけるべきなんだけど。

Amazon輸出の最大のメリットはその爆発力。
短期間で一気に売上を伸ばすことが可能です。

まさか、たった1ヶ月で億近い売上を
上げるとは、とんでもないですね。
ca94.biz…

アマゾンと言えば、アメリカのeコマース全体で
既にシェアが49%を占めるまでになってる
超巨大サイトです。

オフラインも合わせた小売全体でも5%を
占め、まだまだ市場を獲りにいける余地がある。

Amazon輸出が始まった頃も、この成長カーブは
続いてましたが、どこで止まるか分かりませんでした。

「こんなことが、長く続くはずない。」

早々に諦めてしまう人もいる中で、
真っ直ぐ突き抜けたのが凄いです。

まだまだ行ける。

書籍の出版を目指したのは、
東日本大震災の直前ぐらいの時期でした。

出版社さんと打ち合わせの時に地震があって、
本棚が倒れ込んでいた状況で。

それよりもヒドかったのは余震が続いたことで、
どんなに明るい話しをしていても
余震の度に顔がこわばったことでした。

その後、持ち込み企画は大抵スベったけど、
Amazon輸出をテーマに出版しませんかという
読者さんの中から編集担当の人が現れました。

第一人者は彼なので、私の名前は
無くて良いのでと企画の持ち込みの段階で
言ったんですが、それはNGとなりました。

その時代は既に書籍の売れ行きは著者頼み。

書店に流通はさせるけど、
著者の影響力と自己買いで
売上を作るというのが実態でした。

「分かりました、売ります。」

ということで、キャンペーンを展開し、
ランキング1位の3冠を獲得、総合1位には
届かなかったけど、総合2位でした。

そういえば、いつかリベンジすると言ったっけ。
そんなパワーまだあるんかな。

今回のセミナーでハッキリするでしょう。
ca94.biz…

その後、本を読んだ人の中から
億超えが続出したことは言うまでもなく。

そういう人達は海外によく出てるんで、
展示会場とかで突然声掛けられたりします。

久しぶりにコメントくれたキッカケは、
メイドさんを1日でクビ切ったという
アレの話しですね。

私は基本、書き溜めをしないので、
そのまんま現在進行系で進んでます。

先週の日曜日に面接をして決めた人が
一昨日からまた我が家にやってきてます。

荷物はカバン1つで軽めだったし、
前のインド系の家族が相当厳しかったらしく、
ハウスルールの説明の時は少し安心してた様子。

私はずっと仏頂面で、笑顔は見せず。

私は直接コミュニケーション取らず、
妻経由で指示をすることに。

「料理は下手、包丁使えない。左利き。」
「ご飯作る補助してくれるだけで助かる。」
「手持ち無沙汰になった。テーブル拭いてくれる。」
「ご飯はちょっと早いけど6時半からでいい?」
「ご飯のお皿、下げてあらってくれた。」
「この人もコンロ磨いてくれてる。」

今日は早めに上がってもらおうか。
一通り報告を聞いて、私はこう答える。
各部屋の鍵は締めて、寝床でちょっと話す。

「このまま続いてくれるといいんだけどね。」
「明日辞めたいって言ったりして。」
「いやーそうなったらもう立ち直れないね。」

翌朝は朝食を作ってくれて、
私達はメイド部屋については触れなかった。

子供をバス停まで送ってくれたし、
昨日チラっと教えたプロテインを作って
出かける前に私に持たせてくれた。

オフィスでメールを2・3通返した時に
LINEで妻から報告が入る。

「今の所順調にせっせと掃除してくれてます。
 午前中ですることなくなるわ!」

そうかと、ちょっと胸を撫で下ろす。

私は決めたんだ。

この物価のクソ高い国で足を止めて殴り合う。
世界のセレブと、対等に渡り合おう。

ビザ更新できなくて都落ちするかもしれんけど、
後悔しないように、やれることやり切るんだ。

毎日毎日、何を書こうか、もがいてる。
メイドの話しなんか、あなたが
稼ぐことと何の関係もない。
つまんない日記で読者さんに申し訳ない。

そう思いながらも、なんか評判良かったので
私としては不本意ながらありがたかった。

これが上手く行けば、地盤が整う。
歯を食いしばれ、これからが本番だ。

カネをガンガン溶かしながら、
ガンガン前に進むんだ。