【本日限定公開】1日25分間だけ、フォーカスしてください

最近、ボチボチ更新頻度を上げてるので、
古い読者さんからたくさんメッセージを頂いてます。

今日のメルマガ拝見しました。お忙しいのに、連日は珍しい??
ですね。(私が見れていなかったらすいません。)

なんとなく心が軽くなったので、
できる限りは毎日更新しようと考えてます。
(もちろん疲れたら休みます)

実践ベースで本当に役立つ内容の記事や動画も
たくさんアップしてるんですが、一番読まれてるのが
私のこのメルマガだってことが分かって目がテンになってます。

一体何が良いんでしょうねえ・・。
自分ではさっぱりわからないです。

このごろやってるのがまさに英語とプログラミングだったので、思わず返信しています!

そうだ、25分のやつ忘れてた、まさにこれが解決策かもって!
集中途切れて、うろうろ歩きまわる日々なんです。
これ使って、時間を可視化して頑張ってみます。

そうそう。最近よくお話ししてる通りで、
25分ごとにタスクを区切って5分のインターバルを
挟むのは非常に有効です。

人間、慣れてることや好きなことはいくらでもできるけど、
不慣れなことは特に「取り掛かる」ことすらしんどいです。

特に私の場合は「学校を設立したい」とかいう
超漠然としたところからスタートしたりします。

できたら良いのになーー。とかボーッとしてると
結局時間ばかりが過ぎていくので、
強制的に1日25分間でいいから
それについて取り組む時間を作ります。

ポイントは、その時間は何も他の予定を入れないこと。
25分間、調べてるだけでまったく成果物が無い日も
たくさんあるけれど「そこにフォーカスする時間」を
作ることで、少しずつ解決の糸口が見つかってきます。

途方もなく長いことをやろうとする時や、
どこから手をつけて良いかわからない時こそ、
25分間だけ着手するのが良いですよ。

「引っ越しすることになったけど、どうすれば・・」

みたいな感じですね。そんなときこそ、
1日25分だけやれば、すぐに勢いがつきますよ。

さて、本日は私にあなたの時間を25分だけください。

私の記事を読んでいるということは、
何かしら面白いビジネスを探していることでしょう。

もしくは単純に稼ぎたいだけかもしれないし、
ただ興味本位なのかもしれません。

だけど、一度で良いので何かに
フォーカスしてみてください。

本日、私から提案するのはこちらです。
ca94.biz…

期間限定公開です。

顧客目線を持たないヤツは消えてなくなれ。

「このスキームいいよね。いちじゅうひゃくせん・・7億!?」

自分で言ってて驚いた。
海外の学校の資料を入手したので
それを眺めながら収支の計算をしたんだけども。

オブラートに包まれてた売上を足したり引いたりしながら
なんとなく計算してみたら、1講座で7億円稼いでる人がいる。

目立ってるうちの1つだけチョイスしただけだから、
どれだけの層がこの収入を得てるのか計り知れない。

海外の学校の先生ってこんなに稼いでるのか(゜Σ゜)
とにかく果てしないことだけは分かった。

何かを学ぼうとする時、日本語で学ぶより
英語で学ぶほうが多くなった。

日本語は完璧に理解できるけど、
小難しい説明をする日本人の説明を聞くより、
不完全な英語でも直感的に理解できる
外国人の講義を聞くほうが遥かに分かりやすい。

世界中から優秀な講師が集まってきていて
生徒の評価によってランク付けがされてる。

ネイティブな英語をしゃべる人は僅かで、
インド人、ドイツ人、フランス人も英語で授業してる。

中国の空港で、たまたま隣りにいたイギリス人に
英語で話しかけられたので無視したら、
「英語は世界の標準語よ。まったくもう」と愚痴られた。

「何言ってんだ、ここはアジアだぞ。」と
実は知ってる英語で返したけど「標準」というのを取ると
あらゆる情報はそこに集まってくるようになる。

だからアメリカは強いんだなあと、改めて
その競争倍率の高さとレベルの高さに感心した。

日本の学校の先生で7億なんて
稼いでる人、見たことがない。

そういうことができるのかもしれない、
という淡い期待が、少し私の中を駆け巡った。

「風呂でも行きますか。」

少し視野を広げようかと経営者仲間を誘って、
風呂に入ってご飯を食べた。

彼の経営は順調すぎるほど順調で、
会う度にどんどんステージが上がってるのが分かる。

利益は気球のようにどんどん上昇していってて、
真下の地表を見ると怖くて寝れない日もあると。
私達は、言わなくてもその答えを知っている。

下を見ないで、上だけみるんだ。
そう、言い聞かせてる。

「学校作ろうと思ってんだけどさ。」

そう言って、チラッとそのスキームを見せた。

「バカにしてんのか。」

そう言って、一蹴された。

「君は自分のことしか考えてないだろう?」
「え?何が?」
「生徒が100%結果出せると言い切れるのかよ。」
「・・・。」
「モード学園って学校がある。」

モード学園
www.mode.ac.jp/tokyo…

「就職率が12年連続で100%だろ?」
「そうだね。」
「そのぐらい生徒の成功にコミットしてんのかよ。」
「やったことはあるけど・・。」

目が潤んできた。
それは・・、相当タフなことだ。
もう、やりたくないというのが本音。

つまり、100%を保証するためには
マンツーマンで伴走するしかない。

「君がやれよ。」

私が結果を出し続けたのは、
自ら実践し、それを教え続けたからだ。

その成功は常識を遥かに凌駕するものになる。
一応、それがどんなものかは体験してる、
数少ない人間のうちの1人だ。

ただ最近は2人目の子供も0歳で、
100%コミットするのは私が全力を出せば可能だけど、
私の身体も心もぶっ壊れるのは目に見えてる。

それは今の私にとって、あまりにも酷なことだった。

参考書だけで合格するなら塾いらねえだろ。
顧客目線を持たないヤツは消えてなくなれ。
(生徒の成功を保証できないヤツは消えろ)

まったくもって、その通り。

消えて無くなるか、全力で挑むか。
7:3ぐらいで、消えたい気持ちが勝ってます。

くっそ。それが今の私の本音だ。

テンプレとコンプラ

飛行機の機内で、日本人の客室乗務員に
最初間違えて英語で返事しちゃったもんだから、
このままずっと英語でやり過ごそうと決めたのに。

パスポートも映画の字幕も日本語なので、
結局、外人のフリがバレて恥ずかしい!

日本は最近、地震や台風の被害が大きいですね。
海外のニュースでも取り上げられてたので、
明らかに気候が変動したことを感じます。

日本だけしか知らないと、そんなもんだと
空気のように受け入れてしまいがちだけど、
住む場所を変えるという選択肢もあります。

シンガポールの場合は事前に聞いてた情報だと
・季節感がないからつまらない
・食事があまり美味しくない

でも、実際住んでみると気候が一定なので
衣替えもしなくていいし台風も地震も無いので
実は自然災害に強い国だったんだって知りました。

とはいえ、そりゃ私は日本人なので
日本に住むのが一番良いに決まってます。

だけど、日本の良さを知るためには
外からも日本を見ないといけないですよ。

そういえば、こっちで暮らしてる
建築士の方と話しをする機会がありました。

シンガポールでも有名な建物の建築にも
関わったことがある人みたい。

そういえば、こっちの建物はよく壊れるんですよ。
給湯器が壊れてお湯が出ないとか、
ドアのギリギリにタッチパネルがあったりして、
パネルに触れようとしたらドア開いてぶつかるとか。

雑やなーと思うこともしばしば。

でも日本の場合はこんな不便さは
見たことがありません。

やっぱり日本の技術はすごいんじゃないかと
そういうことを建築士の彼に言ったわけです。

彼は日本でも働いたことがあって、その時は
深夜残業も当たり前の生活してたみたい。

その原因の一つに、コンプライアンスの
厳しさとオーダーメード的な建築法に
あるんじゃないかと彼は言ってました。

要するにオーバースペックってこと。

「こっちはみんなテンプレで作って
 インド人が組み立てるから定時で帰る。」

インド人は首を横にユラユラさせながら
「ダイジョブヨ、問題ないから、」
と言って水道管を破裂させるんだって(笑)

設計する人は頭がいいんだけど、
現場の人はあんな調子だから
法律も住んでる人たちも心が広い。

コスパで考えて選んでるってことですね。
海に囲まれてるから劣化が早いのかなと思たら
ただのミスだったみたいです。

まあ、合理的だなーと確かに感心しました。
こっちで遅くまで残業してる人はいないもんね。

少ない時間で大きな結果を出すためには
より工夫をしなければなりません。

で、工夫はどこから生まれるのかなって考えたら
その前に時間を掛けることだよねと。

1つのことに向き合って長い期間やる。
3時間掛かってたルーチンが2時間に短縮して
1時間以下に減ることも工夫の1つだよねと。

やること決めたら、諦めない。
慣れたらやっぱり、スピード上がるもんね。
そこからが、やり方を考えるフェーズかなと。

【本日終了】海外販売新手法対談

本日で海外販売新手法対談は閲覧のお申込みを終了します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/52cm…

お互いに気が合って、一番良いタイミングで撮れた対談。
いろんなシチュエーションを試したけど、
このやり方が一番ベストでしたね。

ちょっとした裏話をすると、
去年までは対談を撮ろうということになると
気合を入れて結構高価な機材を揃えてました。

カメラも3台入れて色んな角度から撮ったりしてたけど
時間は掛かるわコストも掛かるわ重いわで、
もっと手短に撮りたいということで今のスタイルになりました。

まるでお家に帰るまでの間に気軽に話してる雰囲気。
なのでベストな画が撮れたんじゃないかなと感じてます。

さらには彼とはずっとビジネス談義をずっとしてました。
悩み相談を受けたり、ノウハウを聞いたり、
夜の公園を散歩しながら、食事を取りながら
ガッツリ話し込んだのは良い思い出です。

私達は起業して、海外移住を果たしました。
なんか最近また海外で口座開設するとかいうのが
流行ってるようですけど、あれはなんなんでしょね。

そういう一過性のスキームではなくて、
移住者しか知らない本物の情報を
あなたは手に入れるべきです。

また、今はリモートワークの時代もここまで来たかというくらい
サラリーマン経験が無い若者でも、ここまで稼ぐことができます。

これを自由と呼ばないでなんて呼ぶんだろ?
私には言葉が見つかりません。

私が独立した画の27歳の時だったので、
昔よりどんどん早いタイミングで稼げるように
なったと言えるでしょう。
あなたにも、絶好のチャンスが訪れています。

本日24時で申し込みを締め切ります。
まだの方はお早めに。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/52cm…

ビザスクってなに?

昨日はIT関係の勉強会に出席。
スタートアップの学生や、既に成功されてるIT経営者が
30人ぐらい集まって意見交換するクローズドな会でした。

学生でありながら起業してプロダクトを
リリースしようとしている若者は
考え方がしっかりしてて驚いた。

プログラムの開発依頼は今まで何度もしてるけど、
言われたことだけ受託開発する会社よりも、
「売り出す」経験をした人が作るプログラムは
クライアントの要求を肌で受け止めることができるだろう。

若いし、ホント良い経験をしてるなって思う。

私はといえば、人に任せるだけでなくて、
自分でも書ける人になってみたいと思って参加しました。

基礎的な知識だけでは追いつかない。
1人でできない規模になったら、
チームでみんな、どうやって作ってんだろ。

大規模な開発を経験してる人に話しを聞く機会を得られました。

何度も作っては壊しを繰り返してきたので、
もっと効率よくできないものかと、
今までの経緯をまとめて報告してみた。

どぁーっとまくしたてた後、ポロっと言われたのは
「吉田さん、もっと本読めば?」という一言。

要するに、私のスキル不足ってことですね。
一瞬で悟って、顔から火が出そうでした。

楽譜が読めない人がオーケストラの指揮者になっても
指揮棒振れないでしょって、まあその通り。

自分でやるよりも人に任せた方が早いのは明らかで、
でもそれだと、いつまで経っても壁は超えられない。

だけどビジネスとしての利益を考えるなら、
私は離れたほうが合理的。

私自身の将来を考えたら、3年ぐらい掛けて
ゆっくり趣味レベルから始めたほうが良いだろう。
ということで、方向性をゴロっと変えることにした。

プログラミングというのは事業全体から見ると
大きなテーマではあるけど全部ではない。

ビジネスが成長していく中で新たな課題が生まれて、
その課題を素早く消化するためには
全部理解しなくてもいいけど概要の把握が大事。

稼ぐこと以外にもファイナンスやコンプライアンス等
経営者には色んな問題が都度降りかかってきます。
決断をするための下準備がいる。

そんな時、成功してる経営者はスポットコンサルを
上手に活用してるということを聞きました。

ビザスク
service.visasq.com…

ってサイトがあって、ここは日本最大級の
スポットコンサルティングが受けられるサイトです。

かなりエッジの効いたアドバイザーの方が
たくさん登録してますね。

自分の能力不足を肌で感じた1日でした。
でも、もっと学びたいな。

s;doghis

越境ECはどのくらい盛り上がっているのか?

越境ECの市場規模。

最近はネットビジネスも低年齢化して、
高校生でもメルカリを使って、
売ったり買ったりするようになりました。

越境ECとは最近出てきた造語で、
海外販売、つまり日本語ではなく、
外国語のサイトを使って販売することを指します。

メルカリみたいなフリマアプリを使って
海外に出品するのは実はとても簡単で、
慣れれば比較的簡単に始めることは可能です。

日本の市場が縮小することを、
女子高生が考えるかどうかは謎ですけど、
2020年には世帯数も減少すると言われてます。

消費者庁の調査によると、日本の消費者の1割程度が
海外から直接商品を買った経験があると答えています。
www.caa.go.jp/information/hakusyo/2015/honbun_1_1_1_1.html…

内訳はアメリカからの購入が1736億円。
中国からは179億円。

逆に販売するという意味で越境ECの市場規模は
2020年までに4倍以上の4兆円になるという試算があります。
www.meti.go.jp/press/2014/08/20140826001/20140826001-4.pdf…

ということで、じゃあどのくらいの人が
越境ECに取り組むようになるだろうか。

ってことを、昨日は飲みながら徹底的に話しをしてました。
学生でも社会人でも気軽に出品できるようになればいいよね。

海外販売、越境EC、クロスボーダーとか
いろんな言葉はあるけれど、仕掛ける側は盛り上がってても
どうも2020年にそういう未来が描けるイメージが沸かない。

やっぱりまだ、ニッチだと言わざるを得ないかなと。

なんで越境ECに取り組む人がまだ少ないかというと、
言葉の壁が大きいのと、手応えを感じるまでに
かなり時間がかかりそうだというイメージがあるからです。

ニッチ好きはチャレンジしてみたいと思うけど、
メジャーになるにはまだまだ時間がかかりそう。

気軽に取り組んでもらうためにはどうしたらいいか。

「こうやってやるんですよ」って画面見せながら
目の前で説明するのが一番早いんだけど。

新しい取り組み、始まります。

10371083306_d4d7659227_z

企画が得意な人募集!

最強の輸出入新年会は
「今年も参加しますよ!」という
声をたくさんいただいています。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/hm8w…

久しぶりにお会いする方も、
これから初めて参加を検討している方も、
新年会に遊びに来て欲しいですね。

輸出入という名前が付いている通り、
この新年会は物販を行っている人の
ネットワーキングの場所になっています。

トレンドも毎年変化していて、色んなプラットフォームや
ジャンルで稼いでいる人が集まっていますが、
今年は輸出で稼いでいる人も相当増えているでしょう。

成果報告や今年の抱負を聞くのが今から楽しみです。

今年はエルニーニョ現象とやらで暖冬になってて、
平均より2度以上も高い地域もあるようです。
春の訪れもいつもよりグッと早いことでしょう。

そこで私も、いつもより早く行動を始めるつもりです。
なんですが人手が足りていません(苦笑)

そこで、面白い企画を考えてくれるのが
得意な人を募集したいと思います。

例えば今回の新年会は、大きな会場を借り上げて、
物販の初心者から上級者までの新年出会いの場を
提供しようというコンセプトで始まりました。

まず最初に必要なのがLP(ランディングページ)です。

文字ベースのものに写真を入れる
シンプルなものでいいんですが、
やはり人が集まるためには企画力と、
説得力のある文章力が必要です。

あとは、準備ですね。

この新年会は毎年かなりの人数が集まるので
会場や料理などの飲食を選んだり、
クロークを用意したりと結構手間がかかります。

ちょっと凝ったことをしようとすると
(例えば色別の腕輪をつけてくださいとか)
受付に行列ができてしまったりと予想外の出来事が起きます。

企画して、当日の人の出入りを想像してプランを作り、
実際に催事を履行して片付けをするまでが仕事です。

ということで、そういうのが得意な人がいたら、
私主催のイベントを是非企画して欲しいなと。
裏方で人を支えるのが好きな方に向いています。

ということで、いきなり新年会規模のイベントを
作ってくださいというと大変だと思うので、
小規模のパーティイベントを企画してもらって、
実際に動かしてもらいたいなと考えてます。

慣れてきたら色んな企画を私と一緒に作っていきたいなと。
まず一番はじめに必要なのがLPです。

内容はゴルフのような外で遊ぶ系のイベントや、
ホームパーティでも構いません。
とびきり面白いのお願いします(笑)

私がおおー!と思ったら
実際に募集をして開催したいと思います。

LPはWebにアップしてURLでも構わないし、
グーグルドキュメントのURLでも構いません。

こちらから応募してください。
応募締切は1月27日です。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/k3bi…

ということで、あなたの「企画」を
お待ちしております!

4749264031_f65c711805_z

ビデオレターでツールの使い方をレクチャーする方法

メールやチャットで質問を受けたりした時、
「あれをこうするんだよ」って画面の説明や
現場の状況を伝えるのって文字では限界があるよね。

じゃあ電話かSkypeで打ち合わせしましょーかって
話しを合わせるのも時間かかるし、同じことを別の人から
質問された時、じゃあまた電話して打ち合わせして、
必要なら一緒に同行して・・とか面倒じゃないですか。

その場に相手がいるような感覚で、
動画をポンと撮って、見やすくまとめて渡せたら
超便利なのになーとずっと思ってました。

画面の説明をする時は、まるで隣に人が座ってるような
雰囲気で動画収録して、それをそのままYouTubeに
限定公開動画としてアップして観てもらうっていうね。

そういうのできたら、もはや臨場感抜群で最強の
動画マニュアルが出来るじゃんよと。

メールで個別にメッセージ送るように、
動画で個別にビデオレター送れるじゃんと!
しかも凄く分かりやすくて一発で理解できるじゃんと。

そこで私が発明したのが「目の前に人がいるように」
サクっと動画とってアップする方法なんですよね。

ビデオレターでツールの使い方をレクチャーする方法

ただ、動画ってホント下手くそな人が撮ると
最後まで見てらんない部分がたくさんあって。

あれ?ここってどうするんだっけかなあとか
撮る側の人が戸惑ってる「間」とかが長いと
見るのが面倒になってそっとパソコンを閉じたくなる。

時間がある時でいっか。電話した方が早い。
もしもーーし!と元の木阿弥になってしまいます。

画面をキャプチャ取って、文字に起こして説明して・・
となると、2・3時間ぐらいは平気でかかっちゃう作業も
これだと30分かからずにまとめ終わっちゃうようになりました。

間違ったこと言ってたら撮り直せばいいし、
ビデオレターはマスターしたらホント最強のスキルです。

「◯◯さーん!あのさ、ここをこうするんだよ!」

っていうビデオレターをいっぱい撮ってます。
撮るのは10分もかからないから何度でも撮り直し可能だし。

このスピードでコンサルできるのって、
多分日本では私だけしかいないはず。

これでねえ、稼げない人は存在しません。
しかも稼げる人を大量生産できてしまうという。。

ノウハウって、拡散し過ぎても良くないよね。
自制しつつ現在は個人向けと社内向けに限定して使ってます。

fdkga

謹賀新年。今年の重要事項と10年計画がズシリ

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

1年の計は元旦にあり、ということで
今年1年の年間計画を立てていきましょう。

まず、重要日程の確認です。

繁忙期の確認を前もって行っておくことで、
気持ちの余裕を持つ時間を作りましょう。

まず、1月は中国タオバオの年末セールがあります。
去年は1月16日から始まったのでかなり早めのタイミング。

「超級淘宝年貨節」(淘宝年末商品スーパーセール)
という名前だそうです。

中国の旧正月にあたる春節があります。
2016年の春節は2月8日(月)
休みは2月14日(日)までと非常に長いです。

また、2015年の旧正月は2月19日だったので
今年の春節はタイミングが早いですね。

タオバオでの売れ筋はチョコレートやビスケット。
日本のお菓子系が非常によく売れています。

年貨シーズン待ったなしですね。

2月はイベントは特にありませんが、
プラットフォームが変わります。

Amazonでは2月18日からFBA手数料が変わります。

具体的には
Pick & Pack Fee(出荷作業手数料)、
Weight Handling Fee(発送重量手数料)
が値上げされます。

Monthly Inventory Storage Fee(月間在庫保管料)
も3月1日から値上がりします。

利益計算の見直しを今から行っておきましょう。

eBayでは2月20日から
セラースタンダードが変更されます。

ディフェクトレートに注意して
今から備えをしておく必要があります。

年中盤はeBay春のアップデートがあって
手数料が変更になるでしょう。

また、民泊問題の方向性が明らかになります。
方向性は前向きですが具体的には小・中・大規模ごとに
現実的な対策を講じる必要が出てきます。

小規模とは自宅の一室、
中規模とは民泊専門の一室貸出、
大規模とは一棟借り上げです。

春先から夏頃までは少し落ち着きます。
9月頃から年末商戦の準備を始めましょう。

11月から本格的なホリデーシーズン到来です。
ここで歯を食いしばってガツンと売りましょう。
私が最も在庫を積むのもこの時期です。

ということで、こうやって年間スケジュールに
落とし込んでみると、2016年も
あっという間の気がしてきますね。

個人的には伝えたいという気持ちが
非常に大きくなってきました。

自己投資をして伸ばしたいスキルは
1.サバイバル言語能力(英語・中国語)
2.プログラミング

上記の2点です。
教科書通りである必要はないので
「ビジネスで稼ぐ」ことに特化して
必要な部分だけを伸ばしてあなたにも
その方法をシェアします。

書くことに加えて動画で伝えることにも注目します。

文字や画像は正確に情報を伝えられるのと、
情報量は短時間で多く手に入りますが、
感覚的なもの、感情的なものを伝えるのが不得手です。

動画は「ここをこう」といった言葉にできない説明や
「笑顔」などの感情を伝えることが出来ます。

声が出るようになったので動画で限定公開の
ビデオレターを撮りまくってますが、
一般公開も視野に入れて検討します。

記事の中に映像が入る頻度も上がるでしょう。
ウェビナー、実況動画、印象動画、旅動画など
やってみるとジャンルによって撮り方も異なります。

これらのスキルと自社で持ってるスキームを
最大活用して売上に固執せず
「丁寧で良い仕事」を心がけます。

情報発信に関してはネット黎明期の1998年から
現存する最古にして最強のウェブサイト
「ほぼ日刊イトイ新聞」をモデルにします。

ほぼ日手帳といえば分かる人もいるかもしれません。
糸井重里さんが立ち上げたサイトです。

ほぼ上場企業レベルにして超優良企業。
天才糸井重里が成し遂げた業績は
売上高30億円にして純利益3億円。
利益余剰金は累積17億円に達しています。

私の会社は無借金経営でありながら9年目にして
マザーズ上場企業レベルの業績まで成長しました。

他人資本を入れず、急成長を良しとせず、
今後10年間で、ほぼ日レベルの会社にしたい。
また、今年は自ら前線に立ちビジネスを行います。

そして、ほぼ日が震災以降気仙沼の事業を行っているように
儲からなくても世の中に対して
意義のある事業も行っていきたいです。

ということで、本年も目まぐるしく始まりますが、
あなたの成功が1番、私の成功が2番です。

今年は隠したい気持ちを捨て、初心に還り、
どんどん広げていく年にしていきます。

本年も一年、よろしくお願い致します。
新年なので気合が入ってますよ。

16165037956_76dbbb6b14_z

書く人募集は本日終了します。

昨日の書く人募集フォームは初日だけで
50名近くの方にご応募をいただきました。
取り急ぎ、本日24時までに終了します。
http://quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/sei6

「東海道新幹線は、発煙のため運転を見合わせております。」

品川駅で次の新幹線を待ってたら、
突然アナウンスが流れて構内が騒然となった。

最初は「点検のため」とか言ってたっけ。
それならすぐ動くだろうと思って待ってた。

それが一向に動き出さない。

チャットワークで妻にツイてないなってボヤいたら、
ニュースになってて大変だよと返事が来て
ようやく結構大きな事件なんだなと気づいた。

私のやることリストに書いてある
タスクは、わずかに3つだけ。

どうしようもないので、スマホに手が伸びる。
書く人募集はまだ開始から数時間しか経ってない。

これから2分おきにチェックするつもりか?

スマホ中毒。頭にその言葉がよぎりながら、
結局は数回チェックをしてしまう。

Googleスプレッドシートを開いてみると、
何か書いてみたいこと、やってみたいことはありますか?
という質問にも多くの返事が寄せられていた。

こんな人や・・

> Amazon輸出について
> 海外で人気のある商品・伝統工芸品について
> を現在は書きたいなとおもっておます。
> 個人が自分の看板で仕事をする機会が
> どんどん増えてますし、私自身も個人輸出で
> 身をたてていますので、自分の行動や
> やりたいことを振り返るためにも、
> そして興味を持っていただけるような
> 発信力をつけるためにも、今回のチャンスを
> 是非形にしたいとおもっておます。

こんな人も・・・

> 書いてみたい事:これまでのビジネス経験
> (eBay 輸出、バイマ、ネットショップ)
> やってみたいこと:これまでいろいろ
> やって来た事を記録に残してこなかったので書いてみたい

海外在住の方も多かったです。

> 15年前からフランス在住です。
> 仕事で、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、などなど、
> 普通の日本人があまり行かないようなところに行っています。
> 世界中の人と一緒に仕事をしていることで、
> 日本にいる人とは少し違う視点を持てているのではと思います。
> 書くのは好きですが、複数の言語を使うことや、
> 様々な文化に触れることで、型にはまらない
> 発信ができると思います。
> バイマもやってます。
> よろしくお願いいたします。

すごいね。これは面白いことになりそうだ。

エントリーしたら、次に全体像の説明を
個別にいただいたメールアドレス宛にお送りします。
(締切後、数日猶予ください)

その説明の時点でメリットないなと思ったら
記事を提出しなきゃ良いだけなので、
まずは気軽にエントリーしてみてください。

あ。あとお預かりした個人情報は
今回の企画以外の用途では一切利用しないので
どうぞご安心くださいね。

まだ応募を迷ってる方のために、今日は補足しようかな。

成功する人は、アウトプットの量が違う。

興味がある分野の勉強をしてる人はたくさんいる。
「面白そうだな」とはじめてみる人もたくさんいる。
次に「やってみよう」と実践してる人もたくさんいる。

だけど、やった後に「まとめ」を
してる人は、ほとんどいないよねということです。

私は常に
1.「面白そうだな」と思ってはじめてみて、
2.次に「やってみよう」とやってみて、
3.最後に「まとめ」の記事を書く。

これをワンセットにしています。
とても簡単な事です。
忘れないうちに、記録する程度のことです。

違うのは、公開記事だという点だけ。
私はこういう、リアルな体験記事を求めてます。
あなたもそうでしょう?

月商はいくらぐらいなのかとか、
実績がどのくらいあるのかは一切問いません。

細かいルールはエントリーした人だけに
お伝えする予定なので、楽しみにしててくださいね。

興味がある方はこちら。
本日24時で終了します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/sei6…2424066974_760c4b965b_z