【期間限定無料公開】1日1時間の作業でプラス30万

国内の無在庫販売って聞いてあなたは
どんなイメージを持ちますか?

たくさん出品するので確かに売れるけど、
今の時代は、ややリスクが高い手法。

ヤミクモに出品すると規約違反に抵触して
いつの間にかアカウント停止になりそうです。

それに、国内転売だとライバルも多いので、
利益率は1ケタ台、つまり渋いだろうなと
勝手に食わず嫌いになってました。

ところがこの常識を覆す人物が現れました。
ca94.biz…

なんと無在庫で国内転売なのに
利益率は平均40%を確保してて、
1日1時間の作業で月30万円も稼いでいます。

私がいっちばん驚いたのは、
薄利多売という国内転売の先入観を
覆しただけでなく、なんと発送が無いこと。

え?どっか業者に委託してるの?と聞いたら
業者に委託せず、パソコン一台で
1日1時間作業をしてるだけとのこと。

えー!そんなことあっていいの!?
謎すぎるノウハウです。ずるい!

しかも無在庫だからノーリスク。。

ノーリスクで1日1時間の作業で
そんなに儲かっちゃっていいんだろうか。

その手法を、今回特別に無料公開します。
ca94.biz…

期間限定公開なのでお早めにご確認ください。

月収300万円プレーヤーが来星

> 8月11日は日本でセミナーなんですね。
>
> 私は、お盆休みが
> シンガポールでしたので、
> 予定が合わなそうですね。
>
> 吉田さん自ら登壇される
> セミナー、行ってみたかったです…

というメッセージをもらって、
ありゃ、やっちゃったなーと。

随分前にシンガポールに来るので、
予定が合えば会いたいですという
コメントもらってたんですが、
ゆるい感じだったので日本行きの
チケット取っちゃってた。

彼は数年前にアマゾン輸出で
月収300万円を達成したとかで、
昔一度、御馳走してあげたことがある。

しかも副業だったので、
いやすごいなーと感心してました。

で、客室乗務員の話を書いた当日の
記事を読んでくれてたらしく、
深夜便で帰るので会えませんかと
再度連絡をくれたのでした。

あーだったらちょうどいいや。
ギリギリだったけど会えますね。

とコメントして夕方オフィスに
来てもらうことに。

私はお客様にシンガポールに
招待してもらったことが
キッカケで人生変わりました。

見ると聞くとは大違い。

聞いただけだとスルーしてしまうことも、
見れば記憶に焼き付いて離れない。

私もいつまで住んでられるか分かんないけど、
恩送りをしたいと今では考えてます。
ペイ・フォワードって言うらしいけど。

ということで、私の普段よく行く場所を
一通り案内してあげて、Grabでウチまで
一緒に帰って夕食会を開きました。

ちょっと利益率は下がったみたい。
でも現状でも収益はあるので困ってない。
これからどうしようかなというところ。

頭打ちはしたけれど、
利益はしっかり残っている様子。
数年前の私自身と重なる。

子供のためにお金を使いたいということで、
奥様と子供2人を夏休み中、
1ヶ月間セブのサマースクールに入れたそうだ。

こんなコトできるのも吉田さんの
お陰ですと、まあ感謝をしてくれた。

で、今はどんな感じで稼いでるんですか?と
聞いたら、あの時と稼ぎ方が全く一緒。

えーそれもう、化石じゃん。
そりゃ利益率も下がるわなと。
一瞬で状況を理解した。

ネットビジネスは日進月歩。
3年経てば2周も3周もする。

もちろんビジネス自体はかなり効率化して、
本業の仕事まで外注さんにお任せしてるので
ヒマでどうしようと言ってる。

このまま行けばジリ貧になるのは見えてるけど
周囲にまったく危機感がない。

伸びてるうちは仕入れも増えるので
お金が無くなるけど、諦めた瞬間に
キャッシュが増えだす。

それは最後の花火みたいなもんだけど、
経営者はその時に次のビジネスの種を
探さないといけないんですよ。

このままじゃダメだ!と息巻いても
周囲は現状に満足してしまってる。
そしてお金が尽きた時はもう手遅れ。

こんな時は今の延長線上で
やっても何も変わらない。
「ナナメ上」からの情報が必要です。

欲しいのは手堅く稼げる副収入じゃなくて、
あの時のように直角に伸びる新しいビジネス。
そうじゃなきゃ、心が燃えなくなってる。

守破離で言えば「離」のタイミング。

情報源は私じゃなくてもいいし、
同じ所で同じ情報を取るんじゃなくて、
別のことをしなきゃいけない。

失敗もするだろうし、お金も溶かすけど、
ひたすら「慣れないこと」をするべきです。

私もシリコンバレーに行ったり、
タイに行ったり中国に行ったり、
アフリカに行ったり、
シンガポールに移住したり、
今までと違うことをしてきました。

シンガポールの物価の高さに
彼は驚いていたけれど、
いつもの場所で工夫をした所で
たかが知れてるんです。

私達は、青天井に伸びるビジネスを
やらなきゃ、やってる意味がない。
単純作業は自分じゃなくても別にいいよね。

変わろうとする勇気がないヤツは、
一発屋で終わっていくんですよ。
それを、暗に示しました。

きっと彼はこれを読んでくれてるはず。
ここじゃない、どこかへ行くんだ。

翌日、こんなコメントをもらいました。

> 昨日は、お忙しいところ、
> お食事までご招待いただきまして
> ありがとうございます。
>
> 斜め上から、というのはなかなか
> 思い浮かびませんが、これから
> 頑張って考えてみます。

考えるんじゃないですよ。もらうんです。
そのためにもらいやすい環境に行くんです。

> わかりました。
>
> もっと外に出て、もらえる環境に行きます。
> 吉田さんからのお勧めのセミナーがあれば、
> いつでも結構ですので、教えていただきたいです。

ありがたいけど、そうじゃない。
もちろん差し支えない範囲で読めばいいけど、
私を捨てる覚悟で挑まなきゃいけません。

私はもう、あの時の私じゃない。

あの時の私は、スタッフに聞いても
家族に聞いても、読者さんに聞いても、
みんな私が知ってることしか言わなかった。

2周目に入った人はもう、別人になってる。
ステージ上げなきゃ情報交換できないんです。

次会うときを、楽しみにしています。
私を驚かせてみてください。

そしたら私も私の中の引き出しを、
開けて見せるでしょう。

Amazon輸出で月利500万円

「お久しぶりですー
 いまシンガポールなんですが、
 吉田さんもシンガポールいますか?」

突然メッセージが来たのが読者さんでした。
2年ぶりぐらいだったので、あらひさしぶり。

たまたま空いてたので、いいですよと答える。
そしたら家まで遊びに来てくれた。

「お!普通に来れた!」

ははは、ようこそ。
ってことで、お茶でも用意しておもてなし。
実は彼と1対1で話したのはこれが初めて。

面と向かって話したのは2回目だったのでした。
その割に、だいぶと気さくに話しかけてくる。

彼のことは印象に残っていた。
取扱商材が珍しかったからだ。

日本らしい、Made in Japan商品だった。

「いま何やってるんですか?」
「Amazon輸出ですよ。eBayはお休み中で。」
「いまも、アレやってるんですか?」
「はい。だいぶ伸びてまして。」

だいぶと成績は良さそうだ。
でも、なんだか退屈そうな顔をしてる。

「Amazon.comが主戦場で最近はODMしてます。」

ちょうど中国輸入でオリジナル商品開発について
研究してるところなので、事例はたくさんあるけど、
なんとMade in JapanでODMしてる人は初めて。

彼は3年ぐらい前にエグゼクティブ会員に入って、
Amazon輸出を勉強し、無在庫輸出を始めました。

そこから取扱商品を絞って、FBAに移行。
送料をいかに節約するかがポイントで、
そこで他社よりも利益率を上げたことから
この商材一本に絞ろうと決めたということ。

そこから自分で商品を開発しようと考えたそうです。

中国輸入の場合は工場はたくさんあって、
どれを選ぶか迷うぐらいだけど、
日本の工場はまず作れる工場を探すのが大変。

職人さんが高齢化して作れる人が
いないというのが悩みだそうです。

またなんで売れるんだろと聞いたら、
日本に遊びに来た外国人が気に入って、
リピーターになるんじゃないかと言ってた。

利益率も高く、消費税還付もあるので、
月の利益は500万円を超えるようです。

ライバルが少ないので、Amazon内SEOとか
あんまり気にしてなかったですね。
商品のLPも翻訳英語のドシンプル。

すげー、そんなジャンルまだ残ってたんだ。

日本の産業に貢献する
大変素晴らしいビジネスでした。

自宅はサンプルの山だけど、
商品は倉庫に突っ込んでリモートなので、
たった1人でビジネスは完結してしまう。

やることないので、旅行しに来たらしいけど、
やっぱり不安だし寂しいんだって。

「今日も売れてるってホッとする毎日です。」

ははは、最近会うのがそんな人ばっかり。
なんか引き寄せてるんだろね。

やっぱり、スキームを作ってる間は忙しいけど、
安定しちゃうと途端に不安になるもんです。
周りの人には理解できないんだろな。

空いてる時間を使って、いろんな
知識見聞を広めに行くといいよ。

あとはなんかイベントとかもやりたいよねー。
そんなのあったら行きます!と言ってくれました。
なんか考えなきゃですね。

それにしても、素晴らしいお仕事でした。
Made in Japanを世界へ。

みんなビッグになってますね。

輸出入ビジネスの規制や禁止商品の解説をするよ

いま、ビジネスを組み直しています。

頂上から地上まで、というレベルじゃなくて、
頂上から海底までというレベルなので、
まー結果が出るまでひたすら時間が掛かります。

そのぐらい長いワークフロー(業務の一連の流れ)を
定義しないとすぐに追いつかれてしまうし、
そのぐらい長い方がやり甲斐がありそうで好きです。

ということで今回は規制の話し。

輸出入両方に当てはまることですが、
商品には輸入出来ない商品や
輸出できない商品があります。

この時、規制と禁止の違いを理解しておく必要がありますが、
規制というのは制限付きで許可されているもので、
禁止というのは絶対ダメというものです。

人体に対して危険度の低いもの、
例えば雑貨類等は規制が無いものが多いです。

直接摂取するもの、例えば食品などは
食品衛生法等の法律が関わったりするし、
電気製品の場合はPSE適合性検査が必要です。

麻薬は禁止ですね、論外です。

では見方を変えて、規制されている商品の
全てを何が何でも許可を取らなきゃ
いけないかというと、そうではありません。

例えば個人の利用目的で使う場合、
いわゆる個人輸入の場合は輸入できます。
業として(ビジネスとして)やってない場合です。

実務上はどう判断するのかというと、
それは何度も繰り返して行っているかどうかと、
1度でどのくらいの量を運んだかで判断されます。

税関では業者か個人かなんて
パっと見の荷物だけで判断できません。

だからピックアップすべき
荷物についての内規というものが存在します。

が、インターネットで調べた程度では
個人輸入と事業者の違いぐらいしか書いてません。

ただ、線引きは必ずあります。
どこまでが許容の範囲でどこまでがアウトなのか、
あなたのビジネスのステージを理解する必要があります。

子供のクセに大人びててもいけないし、
大人のクセに子供じみてもいけません。

細かいことは、コンサルレベルですね。
表で言うことじゃありません。

では、輸出の場合はどうでしょうか。

日本から海外に輸出する場合に、
守るべき法規制はぶっちゃけありません。

なぜならば、規制の解決は相手国の責任だからです。

日本には日本のルールがあり、海外には
海外のルールがあります。

輸入の場合は荷物を受け取った側が
法律を守るので、輸出の場合は荷物を
出す側なので責任取りませんよということです。

大きな取引になると支払いもTT(Telegraphic Transfer)
つまり国際送金で行われるのが慣例なので、
相手国でトラブってもちゃんと発送さえしてれば
お金を取られることはありません。

ただし、やっぱりグレーな取引は
するべきではないでしょう。

日本で普通に売られてる車のレーダー探知機。
某国で日本方式が採用されたことがあり、
大量にオーダーがありましたが、断りました。

その国では規制されてる製品だからですね。
私に責任はありませんが、ビミョウだなと。
まあそういうことも、あります。

あとは、地球の裏側にコンテナ付けて、
税関で止まったこともあったなあ。
あの時は裏技使ってしのぎました。

ということで、規制の問題は
あなたのビジネスの「ボリューム」に
よって変化します。

こういうのをマネジメントシステム上では
法規制調査と呼びますが、もっとも
普通の会社でも後回しにされる領域です。

賢明なあなたは早いうちに
着手しておくと良いでしょう。

人生長いんでね。
防御力大事。

【激レア】エグゼクティブ会員の募集を開始します

半年ぶりにエグゼクティブ会員の募集を開始します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/zpew…

エグゼクティブ会員は創立10周年という、
業界の中でも最古の歴史を持つ会員制のクラブです。

この10年間で、マニュアルも総数が
4700ページと圧倒的なボリュームに達し、
成功者を数え切れないぐらい輩出しています。

初心者から中級者、上級者や超上級者まで
あらゆるネットビジネスを志す人達に
対応出来るまでになりました。

ここに入会すれば、他で情報収集しなくても
あなたに合ったノウハウを必ず
手に入れられることでしょう。

入会特典も圧倒的で、今期の入会者限定で
997ページにも渡るマニュアルを提供します。

さらに今年からは稼ぐスキルを身につけるための
ラインナップも大幅に拡充しています。

eBay輸出、amazon輸出、海外ネットショップに加え、
国内転売、淘宝網輸出、そして新たに登場した
輸入ビジネスや商品開発、仮想通貨等。

毎月1日に新しいノウハウを出すことを
10年間1度も欠かさずやってきましたが、
今までは海外販売にノウハウが偏っていました。

今年からは制限なく、あらゆるインターネットの
ビジネスモデルのノウハウを提供していきます。

さらに最新のビジネスモデルを各分野の
専門家があなたをサポートしてくれます。

転ばぬ先の杖になってくれることでしょう。

質問をするのが恥ずかしい、もしくは
何を質問すれば良いか分からないという人は、
サポートフォーラムを覗くことをオススメします。

サポートフォーラムには先輩会員がつまづいて、
質問をしたことへの回答事例が豊富にあります。

例えばアカウントが止まってしまった場合の
対応例や解決事例など即座にFAQ形式で反映されています。

全てではありませんが、過去のセミナーの映像も
期間限定で公開する企画を行ったりするため、
見逃した方や海外在住の方でもオンラインで学習できます。
セミナーに参加された方も、ご自身の復習に最適です。

10年間の実績と信頼があるエグゼクティブ会員は
このノウハウの圧倒的なボリュームだけでなく
結果を出している講師陣の数々など、
語り尽くせないぐらい多くの成功の秘密が詰まっています。

そのため人数を限定し、年に数回募集をするかどうか。
つまり今回、この募集を見られている方は、
かなりラッキーだということです。

しかもかなり安い値段で提供をしています。
初心者の方でも、マニュアルを元に何回か
販売をすれば元が取れてしまうほどです。

価格設定は10年間、一度も値上げしたことがありません。
なぜなら行動さえすれば、どんな人でも
元が取れる値段にしたいという想いがあるからです。

一歩踏み出して欲しい、エグゼクティブになるために。

私はまだ、日々の生活すらままならなかった頃、
世界で活躍するエグゼクティブを目指して
会の名前をエグゼクティブクラブ、としました。

エグゼクティブってなんだろう。

1億以上の資産がある人、もしくはそれを
目指す意識の高い人たちの集まりと定義します。

それが、新生エグゼクティブクラブです。

まずはエグゼクティブ会員に入り、
ビジネスをスタートさせましょう。

そして今年は私が行く場所へ、
会員の中から人数限定でご招待
差し上げることも考えています。

滅多に募集しないので、この機会をお見逃しなく。
あなたのご入会を、お待ちしております。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/zpew…

仮想通貨の情報が続々と

仮想通貨について、私はまだ一般論しか
書けませんが、2000万突っ込んだことで
情報が続々と入ってきてます。

お金持ちはなぜお金持ちであり続けるのか。

ということだけど、今の時代は情報の
共有であるところも大きいですね。

リップルについては直角に
値上がった後に買いました。

グラフを見ると調整が入るのは当然で、
それを覚悟の上でもちろん私は買っています。

bitFlyerやCoincheckに上場してる通貨で
価値がゼロになったものはこの1年では無いし、
キレイな2等辺三角形になるほど
上がった後下がった通貨もありません。

億り人さんには数名会いましたが、
ほぼ全員リップル持ってました。

なので、敬意を表してリップル買ったんです。
じゃなかったら全部イーサリアムにしてた。

って言いながらいざ買ってみると
予想より大きく資産が増減するのでうろたえて、
これが外野と実践者の違いだなと
気持ちを理解したのです。

億万長者が嫌う言葉が2つあります。

それが
「あなたを信じてたのに!」
「お金持ってるならください!」
の2つです。

ビジネスも投資も、成功の可否は自己責任だし、
お金は配るものではなくて、価値への
対価として支払うものです。

それを分かってないで話しだけ聞きに行くと、
どんな人にも彼らはクチを割りません。

それで関係が壊れるのも嫌だし、
人の責任まで取りたくないと考えるからです。

では、そういう人達と
「対等に」話すには
どうしたらいいか。

同じことすりゃいいワケです。

外国に住んでると特に思うんですが、
日本で、しかも同じ県の出身だったりすると
急に親近感が沸いたりします。

それと同じで、同じリスクを取り、
「自分はこれを買うけど、あなたはどうですか?」
という質問の仕方をすることです。

教えてくださいはただのクレクレ君なので、
自分はどうしたいのかを率直に話した上で、
それについてコメントもらうという方法ですね。

そうすると、ちゃんと本音の返事がもらえます。
それで、次の行動パターンを聞くと、
なるほど、そこに行くのか・・と
現物よりもその思考回路に感心することになります。

マグレじゃないよ、億り人は。

強いて言うなら日々の情報は
みんなグーグルで調べてません。

TwitterやFacebookなどのフォローしてる人の
発言を元に肌感で買っています。

信頼できる情報なんてそもそもないし、
噂で値上がりする市場だし。

これが価格差取ってる物販プレイヤーの
リサーチ方法とまったく異なる点です。

3日で形勢が変わるので、
グーグルで上がってきた記事を
調べても既に情報が古いんですよ。

さて、億万長者が代わりに
欲しいものはなんでしょう。

衣食住満たされて、お金もあるなら、
欲しいものは何もないと思っていませんか?

いいえ違います。

彼らは自分のやったことが
間違いないと信じたい。
間違いないことを確認したい。

つまり「すごいね」と褒めてもらいたいのです。
承認してもらいたいのです。

しかし、子供じゃないので
すごーいとお世辞を言っても満足しません。

同じ苦労をして、同じところでつまづき、
答えが見つからなくて、悩み、彼らに聞き、
うわマジか天才やなとポロリと言えば、
彼らはきゃっきゃ声を上げて喜びます。

そうだろうよそうだろうよ、と。

そしてどんどん情報をあなたに与えてくれます。
億万長者ですからね、巷に溢れる
どの情報よりも信憑性が高いです。

そんなもんです。
だって私がそうだもの。

さて、明日はいよいよ半年ぶりに、
あれが登場するかもしれません。

お楽しみに!

オリジナル商品開発セミナーは大盛況でした

オリジナル商品開発セミナーは大盛況でした。
途中、ベランダに閉じ込められたりとか
ハプニングもあったけど、なんとか見届けられた。

やっぱり主催者としては満員御礼というのは
嬉しくて、楽しかったので懇親会の後も
延々と朝まで飲んで帰ったのでした。

いやーこんなにはしゃいだの久しぶりかも。
その間に仮想通貨は変動してメンタルやられたけど。

セミナー講師も、人が集まるごとに
どんどんヒートアップして
裏技も公開してくれたのが嬉しかった。

なによりも、セミナーの料金ではなく、
参加者の期待に答えようと内容のアップデートを
最後まで繰り返してくれたのが良かったですね。

インターネットはバブルなのか。

それを裏付ける面白い話しが聞けました。

セミナー後の質問で、
現地の展示会に行く必要はありますか?
というのがありました。

講師は、行く必要はありませんが、
売上を作ってから行ったほうが
いいですよというアドバイスをしました。

なぜなら、ボリュームが大きい方が、
値段交渉や改造の交渉がしやすいからです。

イチ個人でもボリュームさえあれば
このような交渉ができる時代になりました。
つまり、実力社会です。

逆に懇親会では、ちょっと顔見知りというか
酔っ払って中国でディープキスしたお兄さんと
久しぶりの再会を果たしました。

彼は百貨店や大型店舗などに商品を卸してるので
すごいビジネスされてるなあと一目置いてたのです。

そしたらセミナー会場に来てたので、
「ええ!?来る必要あるんですか?」と
思わず聞いてしまったのですが、
彼の答えは意外なものでした。

「御用聞は増えもロットが減って大変なんです」と。

つまり、ネットに食われてリアル店舗の
ボリュームが減った結果、旨味が無くなり
ネット物販に真剣に取り組もうとやってきたそうです。

マジか(゜Σ゜)

こちらはネット専業なので市場が拡大する中、
右肩上がりで事業を伸ばしてきました。
自分の実力以上の結果が出てることに不安を感じながら。

ところがついに実態経済(リアル)にも
影響が出てきた話しを初めて耳にしたのです。

インターネットは資本が必要ありません。
大事なことは「知恵」であり、知恵がある人は
いつ追い抜かれるかとヒヤヒヤしながら戦ってます。

なのでお金を積む戦い方に変える人がいますが、
実はお金を積む方が誰でもできるんですよね。
逆に知恵は、真似出来ないスキルです。

今まで色んなビジネスをやってきましたが、
知恵の賞味期限がどんどん短くなってきてます。

知恵を絞って生み出した自分のプロダクトが
あっさりと記録を塗り替えられていく。

なので、そのプロダクトの寿命を伸ばそうと
努力することは、ネットの業界ではムリだと
ハラをくくりました。

過去に固執するのは辞めて、
ゼロイチを徹底的にやり続ける。

私はそれを、決意したのでした。
それが、私の能力。

課題はメンタルだ。
このメンタルの小ささは事故に繋がる。

決断のタイミングで大きく張れる人になろう。
億以上の資産を持つエグゼクティブは
みんなそうしている。

脱落する恐怖を克服しよう。
私が知ってるエグゼクティブは全員、
絶望の淵から這い上がってんだから。

アマゾンSEOの最新情報を意見交換

今年、お金は価値があるものに使う。
これが私の考え方です。

以前はの考え方は、投資には使うけれど
消費には使わないという考え方でした。

ただ、気持ちよくビジネスをするためには
周囲への感謝や配慮も必要だし、
あまりに視野が狭くても判断ミスを
するということです。

もっと柔軟にならなきゃなと感じてます。

さて、金曜日からは東京に来ていて、
オリジナル商品を開発している彼に
会って、セミナー前に徹底的に話し合いました。

最近の現状やビジネスの進捗について。
アマゾンにもSEOがあって、検索上位対策の
最新の情報を彼は握っています。

また彼は英語が出来るので、
海外から最新のアマゾンSEOの情報を
仕入れて私に教えてくれました。

いやー深い。今日びのSEOは深すぎる。
あと早い、ただ攻略はできます。

先月は、普通のサラリーマンの年収分の
利益を1ヶ月で達成したとサラっと言ってて、
干支が1回りも違うのに、よく稼いでるなあと。

ということで、今のインターネットって、
物凄いことになっています。

もちろん、先のことは誰にも分からないので、
個々の心配事はあるかもしれません。

ただ、明らかに昔と比べて投下する金額も、
リターンも大きくなってきています。

そろそろ人間が目で追えるレベルを
超えて来たかもしれないと彼も話してました。

彼が見ている世界は、遥か遠くだけど、
私達の現状は、まだまだ発展途上です。

まずはスリップストリームに入る。

しっかり学んで、基礎を身に着けます。
次に、レバレッジを掛けて駆け上がります。

何度も何度も経験してるけど、
とにかく上がる時はフワーっと上がって、
落ちる時は叩きつけられるので、
本当に気持ちを強く持たなきゃいけません。

浮かれること無く、落ち込むこと無く、
淡々と続けるマインドが必要です。

私も彼らレベルの人に伝えられるように、
まだまだ学ぶ必要がありますね。

共に高みを目指しましょう。

海外生活は、セレブ生活?

海外生活というと、セレブみたいのを
想像する人が多いかもしれない。

もしくは税金対策とか悠々自適とか、
そういうイメージを持つ人も多いですね。
でも、実際は普通の生活をしています。

羨ましがられたり、日本から脱出という
見方して良いですねと言われることもあるけれど、
ここでビザと国籍の違いを説明しておきます。

ビザは単に「その国への入国を許可する」もので
旅行者や訪問者に発行されるため、
国籍とはなんにも関係ありません。

つまり、ビザを持って別の国に住んでても
国籍は日本人という扱いでパスポートはもちろん日本。
ビザの更新がされなきゃ追い出されます。

ということで、シンガポールに住んでると言っても
仮住まいなので、どのくらい住むかは分かりません。

別に日本から離れたくて移住したワケじゃなくて、
そういう話の流れになったからチャレンジしてみただけ。

人生の経験値を上げるために、
ここにやってきました。

ただ家族はまた別で、
保育園に送るたびに娘はメソメソ泣いたり、
妻はバスの運転手に中国語で怒鳴られてショックで
帰りたくなったりと、随分と暮らしにくそうです。

アフリカに行った時にバックパッカーが
言ってた言葉がとても印象的だったんだけど、
その言葉が「旅は修行だ」でした。

ツアーやパッケージでもなくて、
怖いことや思い通りに行かないこともたくさんあるけど、
それも含めて非日常的なことがたくさん起こって
退屈しない、という経験をしました。

つまり慣れやマンネリというのは人生の泥の部分で
廻るからこそ清らかであるという考え方。

留まりたい、でも変わりたいという想いが、
今でも私の中で錯綜しています。

新しいものを見ると欲しくなるし、
でも故郷を見ると懐かしく思うというか。
人間には両面ありますよね。

まだまだ、メンタルが弱い部分があります。
思い通りに行かないこともたくさんある。

もっと強くなれば、もっと色んな事が出来る。
だから私は、自分に負荷をかけるのです。

【本日締切】オリジナル商品開発セミナー

かなり反響の大きなオリジナル
商品開発セミナーの募集は本日
24:00で終了します。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/jeij…

元々このセミナーは、講師自身が
突き止めた情報や秘匿性の高いものが
多いため、荒れないか心配しています。

今後の影響も鑑みて私の判断で
人数は制限させて頂く可能性があります。
予めご了承ください。

さて、もはや身近にある商品の
ほとんどがメイドインチャイナの時代。

「売ってて悲しくなった」というほど
品質が悪かったのも過去のこと。

彼が行っているのは世界に通用する
レベルで、かつ、日本の大企業にも負けない
正規のブランドを構築する方法です。

「正しい時代になった」と彼は言ってますが、
インターネットの消費者自身も
街の小売店より安いという理由で
アマゾンで商品を買うのではありません。

ほかと比較して良いスペックの物を
選ぶようになったのです。

また、彼は私が言うのもなんですが、
かなりオタクな部分があるので
半端ない突き詰め方をしています。

そのため話しが脱線して
長くならないかも心配しています。

何にせよ、モノ作りは2018年以降も
ネット物販の主流です。

本日24:00で終了します。
来ないと損しますよ。
quest.s196.coreserver.jp/www.9-4.jp/main/jeij…

これ、飛行機の中で書いてますけど、
そろそろ着陸態勢に入ります。

さぁて、やるか。