..." /> ..."/>
stickyimage

Menu

Google Checkoutって日本で使えるの?


a id=”i10446358404″ class=”detailOn” href=”http://ameblo.jp/9-4/image-10478822648-10446358404.html”>$海外販売をしよう!

会員さん「Google Checkoutで購入はしたんですが、販売ってできましたっけ?」

私「いや~?できなかったと思いますけど、今はできるかも。調べてみますね。」

とゆーことで、Google Checkoutについて調べてみました。

しかし、まだ販売者の登録が可能な地域は米国とイギリスのみ。

Google Checkoutが登場した当時、eBayやPayPalもライバル視していたようですが、

颯爽と登場したように見えて市場に新しい風を呼び込むに至らなかった様子。

遂にはeBayの元幹部でPayPal製品を担当していたをTileniusさんという方を

Googleに引き入れた様子ですが、Googleらしからぬ鈍足。

昨年から話しがあまり進んでいないようです。

ただ、ヘルプページの日本語化も進んでおり、日本で使えるようになるのは

時間の問題じゃないかな~と思う。

Google Checkoutの手数料は以下の通り

———————————————————-
決済処理手数料は、前月の売り上げ高から払い戻し額を差し引いた金額により決まり、毎月 5 日にリセットされます。

月間の売り上げ高が 1500 ポンド未満 3.4% + 取り引きあたり 0.20 ポンド
1500~5999.99 ポンド 2.9% + 0.20 ポンド
6000~14999.99 ポンド 2.4% + 0.20 ポンド
15000~54999.99 ポンド 1.9% + 0.20 ポンド
55000 ポンド以上 1.4% + 0.20 ポンド
特定の注文に対する取り引き手数料は [注文明細] ページに表示され、その注文の支払い額から差し引かれます。

購入者の請求先住所が国外の場合、注文の処理手数料が 1% 加算されます。海外からの注文かどうかを確認するには、ご利用のアカウントの [注文明細] ページをご覧ください。
Google Checkout販売者 ヘルプより抜粋
———————————————————-

イギリスの販売者向けページの訳文か。

日本でもパーセントは同じになると予想。

PayPalとあんまり変わらなさそう。

アドワーズ広告を出していたら手数料が安くなるという噂もありますが、

公式にはなんら記述がなさそうです。

多分、Buyerからのクレームがあっても、Googleは電話対応をしないかも。

いろ~んなサービス調べましたが、やっぱりPayPalが一番!

と思った私でした。

参考
Google Checkout販売者 ヘルプ
グーグル、イーベイ元幹部を「Google Checkout」の監督者に任命か–米報道
Android有料アプリケーションサービス デベロッパー向けサイト開始のお知らせ


The following two tabs change content below.
10年 ago by in ブログ. You can follow any responses to this entry through the | RSS feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Copyright ©2019 海外販売をしよう! All Rights Reserved