eBayのselling limit対策の究極版を出します。


br />

eBayで出品する際、selling limit、trade limitという

2種類のリミットに遭遇するケースがあります。

trade limitというのは新規セラーに対して

出品手数料を支払ってくださいと言われるケースで、

普通は月に1度の請求なのですが、新規セラーはある程度

評価が貯まるまでこまめに手数料を請求されます。

selling limitというのは一度に出品できる数を制限されるリミットで

最初は月10点まで、500ドルしか出品できません。

会員さんの事例を見ていると、500ドルから一気に

5000ドルまで上がるケース、2000ドルに留まるケース、

600ドルというミニマムなケースなど、結構な幅があります。

また、2010年7月以前に取得したアカウントなどは

リミットがないケースもあって、少々eBay側の基準があいまいです。

リミットにかかったセラーはどうするかと言えば

eBayに電話して制限を解除することになるんですが、

最近ではシンガポールや香港に電話が繋がるケースが多く

英語での会話を求められます。

海外販売にチャレンジするセラーとしては

ここが一番ネックだったりするんですが、

気合の「リミットアップ!」を叫び続けてリミットアップするケースや

玉砕するケースもあり、やや参入のハードルは上がってる感がありました。

この事態をなんとかしようと、テストケースで三者スカイプをしたり

会員さんの事例などをまとめてみたりして

ようやく数十件に上る実績を積むことができました。

そしたら・・・

見えてきたんです!

eBay側も色んなスタッフを抱えている以上

質問はチェックシートにしています。

つまり、聞かれる質問はだいたい同じだということ。

eBayアカウント名はなんですか?

お名前は?

生年月日は?

取扱商品は?

専業ですか、副業ですか?

毎回毎回、嫌になるほど同じ質問を受ける・・・。

あ  (゜Σ゜)

じゃあ、その質問内容を録音しちゃって、

「予習」できるようにしちゃえばいいじゃん!!

そういえば、ある会員さんも言ってた。

ビジネス英語は簡単だけど、日常会話は難しい。

つまり、答えが分かる質問には答えやすいけど

何が返ってくるか分からない質問は聞き取りにくいし

答えにくいんだ。

だったら、録音して「予習」して

その質問回答事例集みたいなのを作っちゃえば

中学校の英語の試験ぐらいのレベルで答えられるよね?

これなら、誰でもできる!!!

ということで、急ピッチで作業を進めております。

弊社スタッフの帰国子女スタッフが現在、音声を全て書き出し

ただいま編集作業に入っております。

エグゼクティブ会員さんには、その内容を全て公開し、

簡単にリミットアップできる態勢が整いつつあります。

おおおおお。やったぜ!

ひゃっほう。

海外販売は、誰でもできる。

いやー、リミットアップなんて簡単じゃーん☆

【あとがき1】

親知らずを抜いて、39度の熱を出して大変だったろうに

毎日会員さんのために事例を集めてくれてたスタッフの栗生さん。

ありがとう。

君がいなかったら、このアイディアは実行できなかったよ。

今度、うまいもん食いに連れてってあげるよ。

もうムリって言うまで、連れまわしちゃる!

【あとがき2】

他にもリミットアップに関しては細かいテクニックがたくさんあります。

事例も随分貯まってきたので、会員の方向けに近日公開しますね!

お楽しみに!!


The following two tabs change content below.