DVDが高いワケ


br />

私の処女作。

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』

www.9-4.jp/kaigaihanbaiseminar.html…

初回の100枚がなんと2日で完売してしまいました。。。

私の予想だと、30枚売ればいいかなあと思っていたのですが。

急遽、増産を決定しました。

増産分の発送は、年明け早々になる予定です。

それに伴って、この2日間で大変たくさんのご質問をいただいております。

「私は会員なので、特典は持ってます。もっと安くなりませんか?」

「なぜ、この値段なんですか?」

この場をお借りして、ご説明をさせていただきます。

多分。ノウハウを「売る」ことが目的だったら。

もっと早く出してたと思います。このDVD。

私はキレイなホームページも作れないし、

読んだ瞬間に魔法のようにその商材が欲しくなるような

小手先のテクニックも、持ち合わせてはいません。

DVDも、今でこそ会員向けの動画セミナーを1年間継続して収録し続け、

さまざまな方のセミナーの録画のお手伝いをさせていただいたので

多少、機材も揃っているし、うまく撮れて編集もできるようになりました。

しかし、今回のDVDはお世辞にもうまく撮れているとはいえませんし、

販売するにあたって、撮り直しをしようと思ったほどの出来栄えです。

なのに、なぜこの値段なのでしょうか。

理由は2つあります。

第1に、ウダウダやってる私に1人の男が声をかけてくれました。

「吉田さんのノウハウを知りたい人に、教えられないことが罪なんですよ。」

撮り直しをした方が、映像はキレイになるし、情報も新しくなる。

しかし、それをやってたら、完成がいつになるか分からない。

たくさんの人が、私を待っててくれている。

それなら、当時のそのままのセミナーを、そのままお見せした方が良いんじゃないか。

なぜなら、このセミナーの内容は、現役のセラーである私が、

海外販売で成功した理由を体系的に語っている唯一のセミナーだから。

つまり、このセミナーを、仮に映像をキレイに編集したところで、

情報を新しくしたところで、根本的な手法は変わらない。

私の中の黄金律を、しゃべってしまっているDVDなんです。

「吉田さんの、全部そのものを出してください。」

セミナープロデューサーの西尾さんに言われてセミナー資料を作りました。

人に添削されて、引き出されてしまった部分がたくさんあるので、

編集して、撮りなおして、隠してしまいたい部分があるのも事実です。

今回は、私の言葉を未編集のまま出しています。

だから、この値段です。

第2に、本気の方に見てもらいたいと思っています。

情報過多のこの時代。インターネットで情報はいくらでも拾えます。

しかし、何か1つのことを成し得たいと考えるとき、

全体像を把握しないままパーツばかり集めていても、

なかなか完成まではたどり着きません。

私は最初から、ここまで成功するとは自分自身でも思っていませんでしたが、

幸いにもこの方法で成功することが出来ました。

そして、この方法を自分自身がブレないようにとマニュアル化したり

映像化したりして、記録をしていました。

私のこの記録をあなたの 目印=ランドマーク として、

辿って行けば、きっとあなたは私より早く成功することができるはずです。

そのためにはブレてはいけません。

1000円の本をたくさん買って、35冊読むよりも、

1本の私のDVDを35回観てもらった方が成功する確率が間違いなく高い。

あなたのことを思うなら、私はこんな値段設定をする必要がありました。

だから、この値段なんです。

【あとがき1】

もし、あなたがこのDVDをご購入いただいたとしたら。

それは、私だけの利益ではありません。

海外のお客様が、毎回私に有益な情報を惜しみなく与えていただいて、

それを、私はそのまま皆様にお伝えすることができるから、

あなたが真似をしたくなるような、魅力的な商材になったんでしょう。

このDVDが売れたのは、私の海外のお客様のおかげだとも言えます。

ちょうど、このセミナーと時を同じくして、

私はシンガポールのお客様の別荘に3週間招待していただきました。

あの感動を、私はいまでも忘れることができません。

なぜそんなことをするのかと、私が聞いたらその人は言いました。

「私があなたにしてあげたことを、いつかあなたが返してくれればいいんだよ。」と。

そうやって、豊かな人はさらに豊かになるんだと、私は実感したんです。

だから、もしこのDVDで収益が生まれたら。

お客様が日本に遊びに来たときに招待できる

ゲストハウスを契約したいと思います。

とは言っても彼らが満足する水準に合わせようと思うと、

とんでもないお金がかかるので。

皆様のお力をお借りして、実現させたいと思います。

【あとがき2】

実は今日、この人と一緒にマラソンを走ります。

ameblo.jp/funahara/…

今日も、ほぼ徹夜なのでヘロヘロですね。

見かけたら、声かけないでください(笑)

ちなみに、このマラソン大会に出ます。

tinyurl.com…

【あとがき3】

農業者戸別所得補償制度をご存じですか?

簡単に言えば、民主党が推し進めている、農業の再生ビジネス。

農畜産物の標準的な生産費と販売価格との差額を交付金として

農家ごとに支払うところがミソなんですが、

これをずっと続けていくワケにもいかない。財源もない。

そこで、日本の良
いコメを海外でお試しで使ってもらおうという動きがある。

日本のコメを、普及宣伝したいのだ。

サンプルとして、原価の1割で配ってくれる企業を探してる。

実現すれば、大規模なバラマキ商法ができる。

以前、タイ米をアフリカに輸出するビジネスを始めたフランス人に

話しを聞いたら、日本米は「too expensive(高すぎるよ!)」

と言われたことがある。

しかし日本の寿司は、世界で大変なブランドとして売れている。

日本米も、同じ方法が通用するはずだ。

だけど、誰がどこで配ってくれるのか。彼らは知らない。

売り手不在のミスマッチがあるウチが、私達の商機だ。

【あとがき4】

ポン、と店主の目の前に帯付の札束を差し出したら、

たいていの店主は、どんなリアクションをするでしょうか。

1.無口になる。

2.なんだか饒舌にしゃべりだす。

3.いきなり踊りだす。

答えは2番。

いきなり酔っぱらったように、ろれつが回らなくなる方もいます。

カードや振込の時代ですが、足を使って仕入するのも時には有効ですよ。


The following two tabs change content below.