2014~2018年のeコマースの動向は成長が緩やかながらも依然として大きなチャンス


eコマースビジネスを成功させる鍵は、インターネットマーケティング、自動データ収集システム、モバイルコマースです。

アメリカのモバイルショッピングの小売売上高は現在700億ドルです。

Goldman Sachs Group Inc.によると、2018年末までに1,730億ドルに成長し、タブレットを通した小売売上高は2018年に3倍になると予想されています。

調査によるとスマートフォンユーザーのほぼ半数が、店舗の場所や営業時間などの情報を見つけるためにスマホで検索をしています。

小売業者にとって、消費者が店内にいる間にモバイルデバイスをどのように使用するかというのところに大きなチャンスがあります。

2014年の19%から2018年には29%に上昇し、eコマースは一般的な小売売上の1/3を占めることになります。

今回は、オンラインセラーが重点を置くべき項目についてお話していきます。

 

<目次>

オンラインセラーが重点をおくべき3つのポイント
 ・タブレットとスマホの利便性の最適化
 ・モバイルマーケティングと店舗のつながり
 ・在庫を切らさない
モバイルサイト最適化の重要性
増加し続けるオンライン買い物客
まとめ

(見出しをクリックすると各章へジャンプできます)


 
オンラインセラーが重点をおくべき3つのポイント

オンラインセラーは以下の3つに重点を置くべきです。

タブレットとスマホの利便性の最適化

テスクトップ向けに最適化されたサイトをモバイル環境に簡単に対応させるだけではうまくいきません。

オンラインセラーはこの部分に投資したり、関連する収益や顧客との関わりとの機会を賭ける必要があります。

 

モバイルマーケティングと店舗のつながり

StaplesやAce Hardwareなどの企業のテストにより、店舗へのトラフィックを促進するクーポンをSMSを使用して提供することが成功につながるとわかりました。

 

在庫を切らさない

Hybrisの最近の調査によると、購入者の約3/4が在庫があるかどうかを購入決定の重要な要素だとしていることがわかりました。

基本的に在庫がない場合は顧客は購入を諦めると考えるべきであり、それらを逃さないように対応するべきです。


 
モバイルサイト最適化の重要性

eMarketerによると、アメリカの14歳以上の2億1,940万人のインターネットユーザーで、オンラインで買い物をする1億9,660万人(89.6%)のうち、オンラインで購入を完了するのが1億6,320万人と予想されています。

これはeコマースが、素晴らしいモバイルサイトを持つあらゆる小売企業にとって非常に大きなチャンスになるということです。

同じくAccentureの調査によると、72%の回答者が店内で商品を見た後にオンラインで購入したことがわかりました。

消費者はショッピングにおいて、オンラインとオフラインの2つを1つとして考えます。

ドイツ、フランス、イギリス、アメリカなどの国では、インターナショナル市場が発展途上国と比較して成長率が遅いのに対し、中国とインドでは最大のeコマース成長率が報告されています。

調査によると、インドのeコマースは現在の130億ドル2020年には500~700億ドルに成長すると予想されていて、小売業者の60%以上がFacebookなどのソーシャルメディアを使って商品を販売や顧客とのやり取りを行っていることも示されています。

小売業者ははモバイルサイトをテスト(モバイルサイトのパフォーマンスを最適化)して、常に1歩先を行く必要があります。

2013年にはモバイルデバイスのみでオンライン購入をする人も現れ始めました。

・comScoreによると、オンライン買い物客の3%はモバイルのみでショッピングを行います。

・すべてのアメリカのモバイルウェブ/アプリユーザーの53%が、Amazon. comのサイトにアクセスしています。

eコマースおよびデジタールマーケティングチームは、チャネルに依存しないで販売を伸ばす必要があることがわかります。

Googleの小売業専門ディレクターのScott Falzone氏は、特にマルチチャネル小売業者に対して以下のように指摘しています。

「デジタルへの関心は、eコマースやモバイルコマースの普及が拡大し続けると同時に、ますます顧客や買い物客を店舗に誘導することにフォーカスしています。」


 
増加し続けるオンライン買い物客

オンライン小売市場の2009年~2016年のレポートでは、

・オンラインソーシャルネットワークを通じたアメリカのソーシャルコマースの売上高は、年間で93%増加し、2015年には140億ドルに達すると予測されています。このレポートはコンサルティング会社Booz & Coの2010年の調査に基づくもので、基本的には買い物客の27%がソーシャルメディアを通じで購入したという結果が出ています。

・ブラジルのオンライン小売市場は、今後5年間で年間平均17.5%の成長率が期待されており、4年前にはわずか7.9億ドルだったオンライン売上は、2016年には220億ドルに達しすることを意味します。

・Forrester Research Co.の調査によると、過去6年間の欧州のオンライン小売売上高は増加し続けていますが、ブラジルのオンライン市場に比べると低速です。2010年の1121億ドルから2015年には1846億ドルに増加し、年間成長率は10%に達しました。欧州連合(EU)加盟17カ国のオンライン買い物客の数は、2015年末までに2億7500万人から3億3000万人に増加しています。

・世界規模では、eコマースの売上高は年に19%以上増加しています。

2014年の時点では、世界の小売売上高は1兆ドルを上回り、年率は19.4%の安定した成長を続けています。

eコマースは毎年成長しており、従来の購入方法をゆっくりと塗り替えていっています。

物事をオンラインで購入するということは、消費者が商品を購入するべきかどうかを検討しやすくなり、しかも目の前まで届けてくれるため、ますます便利になってきています。

従来の小売業者はオンラインサービスを強化してすべてをモバイル対応させる必要がありますが、これは始まりに過ぎません。

デスクトップやモバイルサイトは訪問者の期待に応えるのはできるだけ早くするべきで、そうでなければコンバージョン率、ユーザーエクスペリエンス、ブランドの満足度は売上とROI(投資収益率)に深刻な悪影響を及ぼします。


 
まとめ

最後に、モバイルコマースの未来と、今後10年間でインターネット、モバイル、eコマースの消費がどのように変化するについて、あなたに2つの質問をしましょう。

あなたはモバイル買い物客のための対応ができていますか?
あなたのモバイルストアは買い物客を満足させるのに十分な環境とスピードを備えていますか?


The following two tabs change content below.

エグゼクティブクラブ編集部

eBay、Amazon輸出など、海外販売の最新情報をどこよりも早く発信していきます。
 
【エグゼクティブクラブ】
2007年7月創設。9年以上に及ぶ実績を元に多数の成功者を輩出。14,000件以上に及ぶメール相談実績、2,700有余名以上の歴代会員サポート実績、 マニュアル・コンテンツ総数3300ページ以上、10名以上の講師陣によるサポート体制。業界最大級の海外販売・個人輸出の会として現在も成長を続けている。