OTとBTで商品が売れる。


br />「吉田さんは、英語得意なんですよね?」

と、聞かれますが、DVDのタイトルにもある通り、

私はまったく英語がしゃべれません。

今でも、英検4級程度の実力です。

それで、なんで輸出ビジネスができるのって

大体みなさん首をかしげてお帰りになられるので

一言でうまく説明するのはどうしたらいいのかなあと

最近よく考えます。

まず、私は大半を翻訳サイトを使って英文制作してます。

よく利用するのは、ヤフー翻訳

honyaku.yahoo.co.jp/…

チャットの時は、再翻訳機能があるエキサイト翻訳を使います。

www.excite.co.jp/world/…

最低限、伝わる英語を書くポイントとしては

1.一文一文を短く書くこと。

2.主語(私は、とか彼が、とか)を入れて文章を書くこと

これで言葉としては成立します。

では、モノを売るのにあたって、その程度の文章力で

通用するのか、という質問をよくいただきます。

これは、アルファベット書けるレベルの方なら全員合格です。

DVDを見たかたは、お分かりだと思いますが、

商品には、大きく分けて2種類の見方があると私は思っています。

BT=ブランドタイトル

既にブランド化されて頭に焼き付いている言葉のことです。

例えば、「iPad」という言葉を知らない人はいないでしょう。

これは、アップル社が大々的な宣伝をしているから、

商品のキーワードが馴染んでいるんです。

まずは、こういう分かりやすい言葉の商品を売れば、

多少英語が下手くそでも、通用してしまうのが現実。

特に、eBayなどのオークションサイトは

1.出品時のタイトル

2.写真

3.値段

で90%以上決まってしまいます。

「iPad」のような 強い言葉=BT をちりばめ

たくさんページにアクセスしてもらい、

写真を見せて、ああ確かにコレだと納得してもらい

値段が妥当なら、お買い求めいただくというシンプルな流れ。

特に、eBayは無制限に写真や動画をHTMLに挿入することができるので

ガンガン入れていただきたいなあと思います。

新年会で、特注のウェットスーツが売れますか?と

ご質問をいただきました。

これは、典型的な OT=オリジナルタイトル の商品です。

モノを売るときに、「なぜ、この商品が素晴らしいのか」を

説明しなければならない製品ですね。

「ウェットスーツ」という検索で引っかかってきたお客様が

ページを見たときに、日本製で保温力が高く、体に馴染んで・・・

などなど“初対面”のお客様に、色々説明をしなければなりません。

これは、非常に大きな労力を使います。

そもそも、最初から高額で手間のかかる商品を

私は売るべきではないと考えています。

あくまでも初めは誰でも知ってて、気軽に手に入りやすい品物を。

ウエットスーツを売る前に、フィンを売ってみるとか

ダイビングコンピューターを売ってみるとか。

そうやって買ってくれたお客様に、メールやチラシで

「やっぱスーツって大事だよね。」ってポロリとオススメしてあげる。

利益が「いらないところ」

がっつり「儲けるところ」

あなたはごっちゃになってませんか?

オトシドコロを意識しましょう。

これって、別に輸出ビジネスじゃなくっても使えるテクニックですよ。

【あとがき1】

そういえば私、PADIのライセンス持ってたんだった。

久しぶりに潜ってみたいなー。

【あとがき2】

昨日、シンガポール行きのチケットを取りました。

マリーナベイサンズに泊まる予定です。

こんなところ

www.marinabaysands.com…

【あとがき3】

OTとかBTとか、もっと詳しく知りたい方は、こちら

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』

www.9-4.jp/kaigaihanbaiseminar.html…

決済の後に、ご住所などをご登録いただく画面に遷移します。

決済いただいたメールアドレスに、ご案内が行っているはずです。

ご登録がお済みでない方は、至急ご登録をお願いいたします。

ご購入いただいた方で、ご不明な点がある場合は

dvd☆9-4.jp ← ☆を@に変えてメールください。


The following two tabs change content below.