100倍の料金請求されちゃいました。


br />

妻「あのさーあのさー」

私「なんなのだ?私は経理で忙しいのだ。目が数字になりそうだ・・」

妻「あのさー、昨日ヤフーニュース見ててさー」

経理をやらなきゃいけない日は、カンヅメになってしまいます。

最近は仕訳数が多くなって確認することがてんこ盛りなので大変です。

そんなとき、妻から言われたこの言葉・・。

妻「あのさー、100倍の代金請求が来ちゃったんだけど」

・・・。( ̄◇ ̄;)エッ

アマゾン、100倍の代金請求…カード買い物で

tinyurl.com…

大体、カード払いの時はアメックスを使って決済しています。

国内でカード決済をするときはVISAがやっぱり一番オススメですが、

(対応していないお店がまずないので)

友人の勧めもあって、まあなんとなくアメックス。

そしたらどうやら、100倍請求に大当たりしてしまってたらしい。

妻「2万5千円ぐらいの商品だから、25万円かー。」

私「いやいや、違うよ、250万円だよ(笑)」

妻「しょえーーーーーー」

ま、すぐ取消の連絡があったみたいなので、大丈夫だったみたいです。

思えば随分昔、ヤフーさんの個人情報流出問題でも

妻のところには「流出ございませんでした。」という知らせが来て、

私のところには「流出しておりました。申し訳ございません」という

お知らせがきていました。

で、窓口に500円を受け取りに行った覚えがあります。

こーゆーことにはよく大当たりする私。

どうせ当たるんだったら宝くじがいいな。買ってないけど(苦笑)

さて、実は実際にこういったケースで引き落としてしまった例を知っています。

企業だったので、1,000万円のところが1億円引き落としてしまい、

不渡りを出してしまったとゆーことも。

当然、その間違いを犯してしまった会社は潰れただろうと思うかもしれませんが、

今でもその会社は躍進を続けています。

間違いって誰にでもあるんですよね。個人でも企業でも。

あのアマゾンですらこういった間違いを犯すものです。

ミスを最小限に食い止めるために必要なのはダブルチェック。

私達は物販ビジネスが基本なので、発送前に間違いがないか

ラベルを打ち出した後にもう一度住所の確認をするなどの作業です。

その上で、どうしてもミスして発送間違いをしてしまった場合は

すぐに行動してお詫びをすること、そして次にそうならないように

改善をすることですね。

一度間違えてしまったということがあったとしても、

その後の対処が早ければ、私は普通にアマゾンをこれからも使い続けます。

誰でも間違いはある。100%完璧ということはありえない。

だけどミスの後はすぐに行動し、改善を続ける仕組みを持っていれば

どんな会社でも潰れないし、お客様も逃げないんだなーって

ヘンな自信を持っています。

海外のお客様なんて日本人よりもっとユルかったりするので、

その点のミスについてはもっと寛大だったりします。

とはいえ、ミスが起こりやすい仕組みを作ってしまうと

結局何度も後戻りしないといけないので、

最初にちゃんとダブルチェックやミスの出ない仕組みを作ってしまうこと。

そうすると、お互いとっても気持ちが良く取引ができるようになります。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.