1人ユニクロ状態


br />

エルピーダやパナ、設備や機能一部を海外移設へ

tinyurl.com…

日本企業の海外移転が続いています。

それに続くように、私も日本の求人と海外の求人を両方出しました。

倉庫が手狭になり、また引っ越しをしなければならないかも。

本当なら、このまましばらく留まりたい。

でもそれが許されないほど、変化を求められています。

特に、海外の人件費は異常に安い。

日本にいる、私のコアメンバー(スタッフさん)と

これらをサポートするフィリピン、バングラディシュ、

インド人の外注スタッフさん。最強メンバーが揃いました。

更に、人員を増強してこのチャンスを最大限に伸ばします。

もう、1人ユニクロ状態です。

ユニクロは、メイドインどこだろう・・。

洋服のタグを見ても、製造国が日本じゃないことだけは確かです。

日本企業が、タイやベトナムで生産させた商品を

イギリスの店舗で売ってブームを巻き起こしている。

日本的経営の陰に、日本人は存在していない。

これから、当会の方針として経営陣と中核メンバーは日本人、

そしてそれ以外の作業要員は外国人で固めます。

私「日本人は、仕事をしてはいけないと思ってます。」

会員さん「作業をしてはいけないって言った方が良いですよ。」

これからどんどん産業の空洞化が進み、脱工業化が促進されます。

インターネットで海外販売を行えば、日本に居ながらにして

世界に飛躍するチャンスが巡ってきます。

世界地図が小さく見えてくる。

可能性が、無限大です。

【あとがき1】

勝ち組と負け組の差が非常に大きくなってくる時代だなあと思います。

私の場合はコアメンバーを大事にしつつ、業績の増減に応じて

柔軟に外国人の外注スタッフさんを入れ替えることが

できるようになったおかげで、幾分か気持ちが楽になりました。

身近にいる人には、やっぱり幸せになって欲しい。

そう、思うのです。

世の中の流れを汲んで、それに応じて私も変わらなければならない。

ひたすら正しい方向に、突き進んでいくのです。

【あとがき2】

もちろん、私がやっているように、

あなたも簡単に外国人スタッフを雇うことができます。

かなり過激な方法なので、しっかりと海外販売の基礎をマスターした

後になると思いますが、自分で販売する能力をつけた上で

外国人スタッフを使いこなせるようになれば、鬼に金棒です。

現在、ローカルでマニュアルのバージョンを上げているところです。

公開を、楽しみにしててくださいね☆


The following two tabs change content below.