高級クラブに連れて行く人、ワリカンで済ます人。


昨日、今同じフィールドにいる人に、

「自分より稼いでもらう」ことで

自分の収入も後を追って更に伸びて行くって話しをしました。

でも、これは誰でも良いってワケではありません。

気前よくみんなに振る舞っていくと、必ず

「稼いでるんだからいいじゃないですか。」といって

露骨にお金をせびる人が出てきます。

こういう人にはギブアンドテイクの精神がありません。

もらって当然という意識の人には「何かお返しする」という

当たり前の気持ち自体が無くなっていることが多いんですね。

また、普段から献身的にあなたを助けてくれる人であっても

実力がない人を引き上げてあげることはできません。

エコヒイキをしたり、主観が入ったりすると周りからの批判で

その人自身がダメになってしまうことがあるんです。

だから、成果をあげるのを待って、そして引き上げてあげる。

キャバクラに行ったり、飲み代を毎回奢ってあげるのもいいんですが、

それって自分の自尊心を満たすことにしかならないのと、

周りの目を気にしすぎてるところがあると思うんですよね。

私はそういうのが虚しくなってしまう派なので、

商談でもない限りはあんまり行こうとは思いません。

ただ、商談で一品料理屋とか高級クラブに行くのは賛成です。

場の空気が良いので話しが弾みやすいのと、

洒落たお店を知ってるということは、

接待としては意外と割安だったりするからですね。

高い買い物をするときに、その体験を一番身近な人と

共有してあげるのも良いですね。

宝石とか時計とか靴とか。

一緒に買いに行けば、その身近な人にとっては

一生の経験になると思います。あなたのことも忘れないでしょう。

「稼いでるんですから~」と言う人には逆に、

ワリカンのお付き合いの方が良いと思います。

ビジネスも恋愛と同じで、目上の人に

気に入ってもらいたいがために

焦らしたり揺さぶったりして翻弄されがちです。

断腸の思いではありますが、そういう人とは

お付き合いしないように心がけなければなりません。

私の頭の中で、パッと思い浮かんでくるのは

つかず離れずで近くにいてくれて、黙って努力し

何かイベント事があると必ず参加してくれる人。

そして最後までお付き合いを続けてくれる人ですね。

病気の時に看病してくれるのは母親や妻である。

病気の時に、便乗して批判を浴びせる人は器の小さい人です。

あなたが誰かの影響によって批判されたとしても、

あなたは誰かの批判をすべきではないですね。

批判をされても、私は許してしまう派かなあ。

実力行使で来たら、それは最後までお付き合いしますけど。

それ以外は私自身が今後の努力でカバーすれば良いだけです。

普段は質素な生活をしていても、ここぞと言う時に

ド派手に「ゴゴゴン!」と人に与えられる存在になってください。

チャンスはすぐにやってきません。期待しすぎてもダメですね。

正しい使い方をすれば、きっとあなたにもそれが返ってきますから。

【あとがき1】

今日はコレクター物なんですが、

1個15万円する商品を買いたいというお客様が現れました。

客単価はどうだろ、50万円を超えてくるかな?

レアモノか、ガラクタかよく分かんない。

なんでこんなもの外国人は欲しがるのかなーなんて

社内では話題になってました(笑)

色んなものが売れますねえ、しかし。

目が肥えてるお客様の相手をしてると面白いです。


The following two tabs change content below.