顧客リストで儲ける方法


円高だから、儲からないんじゃないですか?」

「出品制限ばかりで前に進みません。」

「手数料が高くて、こんなんで利益取れるんですか?」

私のところには、毎日のようにこういった後ろ向きなメールが届きます。

できない言い訳を考えるより、出来る方法を考えるのが物販のプロ。

まず手を動かした人間だけに、チャンスがあるのは言うまでもなし。

宝くじも、買わなきゃ当たらない。

輸出ビジネスも、やらなきゃ成功しないんです。

では、海外販売をこれから始める人が、

まず最初にすべきことはなんでしょう。

まず初めにすべきことは、リサーチです。

世界でどんな商品が売れているのかをチェックしましょう。

ノーマルな検索はeBayのAdvanced searchという機能を使うことができますが、

私はTerapeakを使っています。

www.terapeak.jp/…

Terapeakを使う場合は6カ国プランに申し込むのが一番お得です。

私は完全版を利用しています。

例えば、Terapeakを使って「pokemon」と検索してみましょう。

条件は

1.eBayアメリカ
2.全カテゴリー
3.過去7日間

すると、ポケモン関係の販売成功率は35.69%だということが
確認できます。

次に、6カ国プランにしかない機能の「セラーの国」を日本に限定して
検索してみましょう。

販売成功率が100%と出ました。

つまり、あなたがポケモンの商品を出せば100%売れることが

売る前から分かっているということです。

ここまでリサーチを完了させた大多数の人が、まず私に質問をします。

「円高だから、儲からないんじゃないですか?」

「出品制限ばかりで前に進みません。」

「手数料が高くて、こんなんで利益取れるんですか?」

冒頭の質問です。

売れるのは分かった。でも利益が取れないんじゃないだろうか。

利益が取れない = モチベーションが上がらない。

となる人があまりにも多いんです。

ではフロントエンド・バックエンドという言葉をご存知でしょうか。

フロントエンドとは、手前にある安くて気軽に買える商品。

バックエンドとは、後ろにある高くて滅多に買えない商品。

フロントエンド商品を買ってもらうことで、顧客リストが手に入ります。

顧客リストをぞんざいに扱う人は多いのですが、

例えば、あなたがメルマガを書いてみたいと思ったとします。

最初は見てもらえる人が誰もいないので、

まずは読者を集めることから始めることになります。

メルマガポータルの「まぐまぐ!」で読者増加サービスに申し込むと

1,000人リストを増やすのに必要な資金は315,000円。

しかも、まだあなたのことを知らない、

冷やかし読者も多いリストです。

あなたも読者のことを何も知りません。

それが、物販だとどうでしょうか?

例えさほど利益がなくても、集まったリストは

あなたの商品を1度購入してくれたお客様。

あなたが真面目なセラーで、ちゃんと注文の商品を届けてくれたことを

お客様は覚えています。

ここで、貴重なフロントエンドの顧客リストが、タダ同然、いや

利益を得ながら獲得することができるんです!

お金を払ってゴミリストを買う人と

お金をもらって、セレブリストを得る人の違いが

まずここで出ます。

ここから先のノウハウは私のDVD

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』

www.9-4.jp/kaigaihanbaiseminar.html…

でも詳しく紹介しています。

集めたリストは、バックエンド商品に結び付けるために

導線を張ってあげなければなりません。

私が言うようになってから、

商品に直筆の手紙とオマケを入れるセラーが多くなりましたが、

使い方を間違えている人が多くて拍子抜けします。

ただオマケを付けて

「次も買ってくれたらいいのになぁ~」とぼんやりするのではなく、

買ってもらうための

1.メールマーケティング

2.チラシ大作戦

が必要です。

ちなみに、私の海外向けのメルマガのクリック率は、脅威の170%です。

ばっちりバックエンドまで紐づけが完了したら、

あなたは多分、どんなビジネスをやっても億単位で稼げます。

私と一緒に、世界一のセラーを目指しましょう。

【あとがき1】

神奈川県横浜市内に、とある車屋さんがあります。

カイエン、ベンツW124などが専門で

全部お任せしちゃうと2,000万円以上しちゃう車を売ってます。

そう、そのお店は高級外車の専門店。

で、実はこの車屋さん。

車の他に、時計も売ってるんです。

え?時計?

車と関係ないじゃん。

そう思った人は、稼ぎの目線を今すぐ変えてください。

時計は時計でも、この車屋さんが扱っているのは

ブライトリング・IWCなどの超高級腕時計です。

モノじゃなく、人が主体で商売している大変良い例ですね。

このレベルの車を買う人は、もう車とかどうでもいいんです。

エゴのカタマリ、欲望のカタマリです。

そんな人が欲しがるモノ。

車より高い、時計なんですね・・・。

あー書いてて怖くなった。

実は海外のお客さんには、日本人よりもっとムチャなお客さんが

たくさんいるもんですから。


The following two tabs change content below.