過去最高を記録した日本。


br />

オリンパスのマイケル・ウッドフォード氏。

ソニーのハワード・ストリンガー氏。

日本板硝子のクレイグ・ネイラー氏。

外国人経営者は、ぽーーんと姿を消してしまいました。

日本で僅かに輝いている外国人経営者トップとして有名なのは

カルロス・ゴーン氏。彼は物凄いスピリットを持った男だと思います。

これだけ見ると外国人は日本からいなくなってしまったような、

そんな印象を受けますが、事実は違います。

実は日本人は大挙して海外を攻めているということ。

ご存じない方も多いかもしれませんが、日本企業の外国企業買収は

昨年837億ドルと過去最高を記録しました。

今年の5カ月間だけでも、同じペースで推移しています。

これは中国よりも250億ドル大きい数字で、

日本企業は国際展開を大幅に強化しているということ。

この規模は、アメリカに次いで第2位です。

2005年には50%程度の日本車が海外で生産されていましたが、

2014年には75%が海外で生産可能になる。

その比率はどんどん高くなっていくと思います。

空洞化を懸念している声もよく聞かれますが、

むしろこの流れは空洞化ではなく、世界進出化です。

これは活力の証拠。日本は今、攻めに転じようとしています。

グローバル時代を乗り越える人は、その恩恵を受けられるでしょう。

郷に入らば郷に従え、という言葉がありますが、

みんなが同じ方向を向いているなら、そこについて行かなければなりません。

新しい時代がこれから待っている。

日本はまだまだこれからだ。

そう思わせる、数字の話しでした。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.