負けるもんか ジャパンエキスポ。


br />

ジャパンエキスポはどうなったかって?

100人で旅費をゼロ円にするため、有志が一同に介し

エグゼクティブクラブが行う世紀の大イベント。

その道のりは、順風満帆と言えるものではないかも。

つい先日一波乱ありました。

このイベントの肝は、「何を売るかより、どう売るか。」

利益率もさることながら回転率が重要です。

人を惹きつけ、テンポよく売っていかなければなりません。

バラバラで販売してたんじゃラチがあかない。

全員で販売し、全員が利益を得る仕組みが必要でした。

そこでチームリーダー含む11人と、都内のスイートルームで

リーダー会議を行い深夜までミーティング。

そこで浮上した案が、「共同仕入れ・共同販売・共同利益」という概念。

私達は朝方まで残って徹夜でルールを固めたんです。

でも、人は自己責任なら納得できても連帯責任には難色を示します。

2年前、個人が集まって戦う『場』について記事を書きました。

tinyurl.com…

しかし現実にこれを行おうとしたところ、当然のことながら不安の声が。

「空中分解しないことを祈ります。」

「共産主義と日本の政治を彷彿させる。理解を得られるだろうか?」

1つ1つ耳を傾け、声を集めて回りました。

すると、ネットだけの関係で会ったこともないのに信用できないとか

不安だと言う声は多数ありましたが、当の本人は基本的に

このプランに賛成だということが分かりました。

つまり、原因は仲間との交流だったんですね。

このイベントに参加する人は、基本的に日本から世界で販売したい、

日本の良さを世界に広めたい、そして経験と利益を日本に持ち帰りたいという

趣旨に賛同した方が参加しているという特性があります。

だから、決して寄せ集めなんかではなくて

同じチームのメンバーは、あなたと同じ考え方をしているということです。

早くそれに気付いてほしい。

当会に所属している会員さんも同じです。

似た者同士、会った瞬間から仲良くなれる人ばかりです。

既にチーム内でリアルな交流の芽が出始めました。

知らないなら、会って友達になればいい。

それがこのイベントに参加する魅力でもあるはず。

そして日本のため、自分のために一心同体となる。

さらに、共同仕入れのためのアンケートが先日ほぼ出そろいました。

> 吉田様、事務局の方々、運営担当の方々大変ご苦労様です。
> 何が起こるかわからないのであらゆることを想定しながらも
> 臨機応変に柔軟に対応しましょう。
>
> 皆で協力して絶対成功させましょう!
> 今後につなげて行きましょう。
> よろしくお願い致します。

> 現状30万円ですが、間に合うようであれば
> 60万円くらいまで増やそうと思っています。

> チームセリング・・・個人で戦うより大きな力が生まれますね。
> チームごとに競い合うのもモチベーションが上がると思います。
> 商品の選定から仕入れ、当日の販売まで
> 乗り越えなければならないことは山盛りですが、ぜひやり遂げましょう!
>
> 仕入れなどではお役に立てそうもないのですが、
> 接客業経験者として現場でお役に立てると思っております。

> いろいろと課題はありますが、とにかく楽しみにしています!!
> この機会を与えていただいた皆さんに、感謝しています!

> 正直な気持ち最初申し込みをした時点では疑問点が多々ありましたが、
> 今回のチームリーダーミーティングで話し合いがされて
> 決まった事につきまして、大賛成ですし、当然の結果だと思います。
>
> 個人出店ではありませんので、皆で力をあわせて、
> 知恵を出し合い大きな結果を生み出すべきで、
> それと同時に今まで経験したことの無い事にチャレンジする楽しさと
> 海外の人に物を売る経験が出来ます。
>
> これは頑張らないとと思っています。
> 当然、皆で準備して協力して頑張れば結果は出せるはずです。
> よろしくお願いいたします。

仕入目標額の2000万円。

この雲を掴むような数字を有効回答率90%以上、

事前アンケートの時点で2000万円を達成したのは、つい昨日のことです。

そう、この記事を見ているあなたは完全にライブの情報を見てるんです。

私はこの結果を見て、鳥肌が立ち声が出ました。

夢が、現実のものとなります。

しかし、スケジュールはタイトです。

のんびりしているヒマはありません。

資金調達を終えたら、私達は次のステージに移行します。

負けるもんか。

tinyurl.com…

さあ、昨日までの自分を超えろ。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!

【あとがき2】

頑張っていれば、いつか報われる。

持ち続ければ、夢はかなう。

そんなのは幻想だ。

大抵、努力は報われない。

大抵、正義は勝てやしない。

大抵、夢はかなわない。

そんなこと、現実の世の中ではよくあることだ。

けれど、それがどうした?

スタートはそこからだ。

技術開発は失敗が99%。

新しいことをやれば、必ずしくじる。

腹が立つ。

だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。

さあ、昨日までの自分を超えろ。

昨日まのでのHondaを超えろ。

負けるもんか。

負けるもんか(プロダクト)篇 ホンダCMより

tinyurl.com…

【あとがき3】

スイミーは小さな魚。

ただ、兄弟がみんな赤い魚だったのにスイミーだけは真っ黒な小魚だった。

泳ぎも得意であり速かった。

大きな海で暮らしていたスイミーと兄弟たちだったが

大きなマグロに兄弟を食べられてしまい、

泳ぎが得意だったスイミーだけがなんとか助かる。

兄弟を失ったスイミーはさまざまな海の生き物たちに

出会いながら放浪するうちに、岩の陰に隠れてマグロに怯えながら

暮らす兄弟そっくりの赤い魚たちを見つける。

スイミーは一緒に泳ごうと誘うのだが、

マグロが怖いからと小魚たちは出てこない。

そこでスイミーはマグロに食べられることなく自由に海を泳げるように、

みんなで集まって大きな魚のふりをして泳ぐことを提案する。

そしてスイミーは自分だけが黒い魚なので、

自分が目になることを決意するのだった。

かくして小魚たちはマグロを追い払い、

岩陰に隠れることなく海をすいすい泳げるようになったのであった。


The following two tabs change content below.