視覚障害者にも優しいホームページを。


回、視覚障害者の人に会う機会があり、

HPを音声認識ソフトで読んでもらうことに。

W3C基準に準拠したホームページというのは、

そういった方にも読みやすい構成になっているのだそうだ。

音声で呼んでいるのを聞いて、「あ、これは・・・」という点が何点か発見されました。

代替テキストって私達は普通に見ているからあまり重視していませんが、

視覚障害の方はメニューボタンをクリックするのにも、代替テキストを読みながら選択していくんですね。

そうすると、ロボットも同じように見ている。なるほどなあと思いました。


The following two tabs change content below.