良い評価がつく人、悪い評価がつく人の違い。


a id=”i10505079702″ class=”detailOn” href=”http://ameblo.jp/9-4/image-10513799051-10505079702.html”>$海外販売をしよう!

最近、立て続けに同じようなことが起こっているので、

ここでご報告したいと思います。

私は会員さんのメールを1日に10件~20件ぐらい返事を書いているのですが、

長年メールを見ていると、不思議と悪い評価がつく人は

いつも悪い評価やトラブルに見舞われ、

良い評価がつく人は、さほどご相談いただかなくても成果を上げています。

ついこの前も、悪い評価が始めて付いたという方がいらっしゃいました。

「もし良かったらそのメールを全文私に見せてください、添削しますよ」

と書いたら、送っていただいたメールを見て、うーん、なるほど。

と思う点がいくつか。

まず、対応は非常に丁寧なんですが、機械的。

落札者さんも落札者さんで、落札後に値引きを要求されているので

これはルール違反ですね。

その方は、値引きには応じませんとキッパリお返事を返し、

落札者都合でキャンセルしますと通告していました。

すると、落札者さんから恐怖の脅迫メールが数回に渡って

一方的に取引履歴にダダ流し。

怖くなって落札者都合でキャンセルし、報復評価を受けたという流れです。

ただ、私の目線からすると、この方は非常に律儀で丁寧な人。

気持ちを切り替えて、一所懸命頑張っています。

負けるな!頑張れ!!

さて、今日は真逆の会員さんとお話しをしました。

eBayで輸入をしたことがある人は誰でも経験があると思うんですが、

商品が壊れていた、頼んだ品と違うものが届いた。

そんなときでもこの会員さんは、「一応」、メールで報告をしますが、

またその人から同じように購入します。

ついでに、「この前商品壊れてましたよ。今回はよろしくお願いしますね」

そう付け加えます。

すると、「ごめんね。同じ商品を無料で差し上げます」

と返事をいただいたり。

あとはヤフオクでも落札後にお金を払わず音信不通になってしまった人に対しても

再入札の問合せに応じる、値引きに応じるなど寛大です。

かくいう私も一度、「商品が届いていないから金返せ」と言われて

全額むしりとられた経験がありました。

あとで、偶然別の購入者が「あれは詐欺だったんだよ」と教えてくれましたが、

もう一度同じ人から1年後に取引を持ちかけられたとき、

知らん顔をして注文に応じたら、その後大変良いお客様になり、

今でも関係が続いています。

悪い評価を受ける人は、さらに仕入品の未着や不具合に潔癖な人が多い。

少しでも損をしまいと、eBayだPayPalだと大忙し。

まったく後ろ向きのことに全力を尽くします。

良い評価を受ける人は、仏の顔も三度まで。

二度までは人がやることだからと許します。

損して得取れ。とは良く言ったものだな~と、そう思います。

今日は他のコンサルタントの方ともお話しをしました。

私「成功する人って、失敗しても必ず不死鳥のように復活してくるんですよね。」

彼「何をやっても成功する人は、取り組むビジネスよりも人が素晴らしいってことですね。」

お互いに共感。

ビジネスは、モノよりココロ。

そう思う、今日この頃です。


The following two tabs change content below.