船原徹雄氏 出版の裏側  (本日は省略ナシ)


br />

本日は長いですが、

お役立ち度100%でお送りします(笑)

私の1日は、メールに始まりメールに終わります。

あんまり連絡取ってないお客様に連絡をしてみたり、

なんでもない日にプレゼントをしてみたり。

日々の注文を受け付けながら

常に気の利いたセリフを頭の片隅で考えています。

これだけ円高が続くと

「あの人、最近連絡くれないなあ。」

「おや、これは買い控えのサインだな。」

と思うことがあります。

今、日本は景気が悪いので、

大変価値の高い品物が放出されています。

バブルの頃、日本人が世界中から買い集めたコレクター商品が

また元の国に引き戻されているんですね。

こう考えると、モノの流れって面白いなーと思います。

成長する国にはモノが溢れ、

衰退する国からはモノが流出する。

現在は世界景気は回復しているのに、円高傾向が続いているので

流通範囲が限定的で国内で売った方が高い品物があります。

page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h144594902…

この人は、15年前に海外で購入(輸入)

したものを今売り出していますね。

これに限らず、今eBayなどで売られている商品を

円高を活かして海外から購入し、

日本で売れば、相当の粗利が得られるでしょう。

これって一攫千金が必須だと思いませんか?

輸入ビジネスは今最もアツいビジネスモデルです。

そういえば、

ずっと昔の話しですが、

実は私、輸入ビジネスをしていました。

約4年前です。

当時私は、オークファンというサイトができたことに

驚きを隠せませんでした。

ヤフオクで出品されている商品が、いくらで落札されて、

どれだけ人気があるのか一発で分かる。

私は4歳のときからピアノを習っていたので、

防音なしの自宅でピアノを練習することが、

どれだけ恥ずかしいことかを知ってました。

電子ピアノでも、タッチの感覚に慣れてしまうと

本番のコンクールで指が動かなくなってしまうことなどがあったり

それで、ピアニストを目指す人にはちゃんとした電子ピアノを使ってほしいと

20万円くらいの電子ピアノをクレーンで吊って

お客様のところに届けたこともあります。

この時代は、他の人の売値を知らなかったので、

かなり安く売ってたと思います。

貧乏暇なし。

しかし、オークファンと出会ってから

めちゃくちゃ価格差のとれる商品がゴロゴロあることに気づきました。

特に、eBayで仕入れる輸入品はピカイチ。

始めた当初は「未発売」「限定」「レア」などのキーワードで

価格差3万円以上とれる商品がボコボコ出てきました。

自分で売ったのは

ビリーズブートキャンプ、クロックス、アニヤハインドマーチなど。

オークション形式で置いておくだけでバカスカ売れたのを覚えています。

まさしく祭り状態でした。

売れるのを待っている状態ではなく、

相手が勝手に値段を釣り上げてくれる感じでした。

あの利益がなかったら、オークションの魅力に取りつかれずに

普通に平凡なサラリーマンを続けていたかもしれません(苦笑)

────────────────────────────────────
■会員募集について
────────────────────────────────────

オークファンスクール講師、eBayオンラインセミナー講師の吉田が、

海外販売で利益を上げる方法についてアドバイスをしていきます。

9月の目玉は、

【吉田 x 野瀬 ディープシンガポール】

www.9-4.jp/…

シンガポールで大変お世話になった唯一の日本人、

野瀬さんと対談インタビューをお届けいたします。

尚、現在新規会員の募集はいたしておりません。

9月23日の海外販売セミナー参加者に、

入会案内をお届けする予定です。

zuquun.com…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

────────────────────────────────────
■あとがき
────────────────────────────────────

懐かしいなぁ。

と、思いながら

今ってまだ売ってるのかなと検索してみると

ありました!

aucfan.com…

うわー、そうそう。

レシートとかついてると、高値がつくんでしたよね。

国内で転売したい人とかもいて

「まとめて10セット買いたいんです、急いでます!」とか

言ってくる人もいたなー。

直接電話したっけ。

せわしないおばちゃんだったけど・・・。

ちゃんと売り切ったのかなー。

────────────────────────────────────
■あとがき2
────────────────────────────────────

あのときはまだまだ駆け出しだったし、

とにかく、この業界が沸いていた感じだったので

かろうじて私もその波に取り残されまいと

必死だった記憶があります。

今はオークファンも、もっともっと進化して

すごい分析ツールをどんどんリリースしてるし

お目当ての商品がめちゃくちゃ見つけやすくなってる。

しかも円高が後押ししてるから、

強気の買いをしても、損をするリスクが少ない。

中国・フランス・オーストラリア・アメリカ・イギリス、

世界中から安く大量に仕入れて価格差で一気に売り上げて

スタン


The following two tabs change content below.