聖人君主と稼ぎの関係。


br />

はー、疲れたナリ。

さっきメールチェックをしていたら、未だに文末にナリをくっつけて

私にメールをヨコしてきている人がいました(゜Σ゜)

あれずっと前に書いた記事なんだけどなー。

忘れて欲しいなーもう(笑)

どうやら今年は去年の3倍のペースで成長しています。

2年前は1人ビジネスの究極化を目指してひたすら頑張り、

去年は組織の始まり、そして今年は組織の拡大です。

しかーし、体は1つしかない。

これだけはどうにもなりませんね(苦笑)

私と同じペースで走れって言ってもそれは無理な話しなので、

少々ペース配分をして仕事を分担して少し楽に・・

なーんて考えていたのですが、最近短距離走選手並みに

アタックしてくる人が増えました。

うーん、こりゃタマラン。

これも引き寄せというのでしょうか。

しかしこの充実感はなんだろう。

さて、私も組織の一応代表として活動しているのですが、

必ず行うべきことっていうのが稟議ですね。

少し前まではこれほどしょーもないものってないなと思っていたのですが、

元々はダブルチェックの意味もあって始まったことだと思います。

トップの意思の疎通がなされていないと、

誰に聞いてよいかわからない、誰に聞いても違うことを言うなど

いろんな弊害が出てきます。

なので、全体の意思の疎通のための稟議というのは必要だと思います。

大企業や地方自治体だと形骸化している稟議という仕組みも

ベンチャー企業では更に早く行動するために瞬時に決めて行動できる。

「確認」という作業を怠ったまま物事が進んで行くと

大きな船がぐぐぐーっと旋回していくように、

途中から止められなくなります。

だから、自分の決定に誰かの意思をプラスするというのは

大事なことだと思うんですよ。

21世紀は個人のグローバル化の時代。

会社がなくなるとも言われていますが、これは

今までのように会社に勤めて仕事をするという形態がなくなるというだけで、

組織そのものがなくなるワケではないと私は考えます。

ビジネスは多様化しますがそこにはリーダーがいて、

仕事の配分やマッチングを行い、適切な人に確認をして

稟議とダブルチェックの下、1つの目的に向かって進むのが

正しいビジネスの流れなんだろうなって。

自分の思い通りにやりたいからって独立する人は多いでしょうし、

他人の意見なんか聞きたくないって人もいるでしょう。

そんなあなただからこそ、人に意見をぶつけ、いっぺん噛みついて、

誰かとせめぎ合って物事を決めてみると良いと思います。

そうするとリスク(危険)はヘッジ(回避)され、

最終的には稼ぐ近道へと繋がって行くでしょう。

そうじゃないと、暴走してポキンなんですよねー。

誰だってできるだけ長期的に儲かれば良いと思っている。

誰だって失敗はしたくないと思っている。

そう考えると、1人じゃない方が良いってことになる。

不思議だなあ。真剣に稼ぐことを考えると

どんどん聖人君主に近づいて行きますねえ。

あ、そっか。

だから素晴らしい君主は聖人と呼ばれたんですね。

なるほど。

遠いですねえ、まだまだ。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.