翻訳ソフトの可能性


は海外の方とやりとりをすることが多いので、

翻訳ソフトを多用します(英語しゃべれませんので)。

現在日本人のほとんどの方(私も数ヶ月前まではそうでした)は、

検索結果に英語のページが表示されるだけで、

「あ、間違えた」と他のページに移っていると思います。

しかし、翻訳技術がもっとずっと発達すれば、世界中の人達と

フラットに付き合える、つまり「言語のカベ」がなくなると思います。

そんな時期がすぐそこに迫っていることを今実感しています。

それは、エキサイトのWebページ翻訳。
www.excite.co.jp/world/english/web/…

例えば一見わけのわからない英語のページ
www.japantimes.co.jp/news.html…

を翻訳させてみると・・・。

あらびっくり。ちゃんと翻訳できてます(ヘンな訳も当然ありますが)

驚くのは「安倍晋三」等の有名個人名もちゃんと表示されること。

リンクをクリックしてもちゃんと翻訳されて次のページに進んでくれるので

ストレスが少ない。

これがもっと進化して、世界中の人が愛用するようになったとしたら・・・。

世界中の品物が、個人間で、自由に!?

やり取りされるようになるでしょう。

それまでに、信用力をつけて、少しでも多くの優良客をゲットしなければ。

気持ちは焦ります。

私がどんなことをしているのか気になる方は、
こちら⇒

ブログランキングに応援
 

とても嬉しいです。ありがとうございます(-^□^-)


The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。