給与.jpのビジネスニュース第24号


p>なぜ、100時間を超える残業をしても年収300万円しか稼げない人がいる中

で、定時に帰ってスピード出世できるエリートビジネスマンが実在するのか・・

その秘密を知りたい人は他にいませんか?

働く人からの最近特に多いご相談に、会社の残業代に関するものがあります。

もちろん、残業代に関する相談は、ずっと以前からたくさんの会社経営者たるク

ライアントからいただいていました。

実は、残業代抑制策はずっと以前からあらゆる業種の役員、会社経営者が注目し

ていた政策だったのです。

ところで、残業代(割増賃金)の基礎は誰でも知っているハズです。

しかし、実際企業で行われている「生」の事例をご存知ですか?

労働基準監督署も注目している「過労死」「働きすぎ」の問題。

残業代に関しても最近のインターネットの普及により、たくさんの情報が働く人

の元に集まるようになりました。

これを大きなリスクだと最近の経営者は明確に認識するようになったのです。

常識で考えてみてください。

経営者というものは、いかに安い「人件費」で、「どれだけ長い時間働いてもら

えるか」を考えるものです。

なぜなら、企業は利益を最大化することが使命として与えられているからです。

それなら「合法的に」「残業をさせる」方法はないかと経営者が考えるのも、無

理のないことでしょう。

実は、この経営者側の要望を実現させることが可能です。

そして、それはいまや人事考課制度構築におけるスタンダードとなるまでになり

ました。

さて、給与.jpでは、今回経営現場で行われている

・実際に行われた

・本物の事例を

シークレットセミナーとしてご提供することに致しました。

もちろん、セミナー中にある

・就業規則

・労働基準監督署からの是正勧告書

・労働基準監督署へ提出した是正報告書

・退職金規程

・旧体系給与明細

・新体系給与明細

・新雇用契約書

は、すべて、「本物」を使用しています。

(資料中の企業名、個人を特定する情報には目隠しを施してあります)

ここで、あれっ?と思われた方もいるかもしれません。その方は非常に優秀な方

です。

長時間残業を合法的にさせるのがスタンダードのような説明の仕方なのにもかか

わらず、なぜ、冒頭にあるように「定時で帰ってスピード出世できる」のか。

実は、ここに人事考課制度を構築する上での大きな秘密が隠されているのです。

その秘密はあまりにも衝撃的なお話のため、セミナーの「あとがき」にて最後に

説明させていただきます。

ここから先は企業の人事担当者も知らない、役員以上にしか伝授できない手法で

す。

通常経営者は私のような経営コンサルタントに本格的なコンサルティングを受け

る場合、わずかな従業員数でも120万円以上お支払いいただくことになっていま

す。

また、セミナー中にある事例は、机上の空論ではなく、全て実物を使用していま

す。

同業者にも中止を迫られた、シークレットセミナー。

今回、その内容を知りたい方にのみ、限定販売することを決意致しました。

ご希望の方は以下のURLをクリックして下さい。
9-4.jp/free_9_39.html…



追伸

私は何も経営者に恨みを持っているわけではありません。

ただ、普段は企業の労務顧問として企業に都合のいいアドバイスをしています。

それは、もちろん正当な報酬をいただいてのことです。

一方、働く側の人達はどうでしょう?

ただ「知らない」だけで有益な情報を逃しています。

それは非常に不公平であり、また大きな問題であると思っています。

それなら、働く側のあなたからも正当な報酬をいただき、良きアドバイスを差し

あげることができるなら・・・、私にとってこれほどの幸せはありません。

人事の現場もフェアーであるべきとの信念を私は持っています。

お申し込みはこちらから

9-4.jp/free_9_39.html…

★給与.jpのホームページ

9-4.jp/…

★給与.jpのメールマガジン

www.mag2.com…


The following two tabs change content below.