結果から逆算する思考法。


br />

「僕は、オールクリアです!」

「僕も、オールクリアです。」

「はい、私もオールクリアです。じゃ、お疲れ様でした!」

オンラインでスカイプ会議を行って、それぞれの疑問点が

全て解消された時に、自然とこの言葉が出てくるようになりました。

呼吸が徐々に整っていく。

「他にも待遇も良いところはあります。でも私は吉田さんとがいいです。」

よし、じゃあ君に賭けてみようか。新しい人との巡りあわせ。

誰もがやったことが無いことを、ここではできる。

そう思ってここにやってくる人が多い。

私自身はそういう気持ちじゃないけれど、

でも、そういうことをずっと私はやってきた。

前人未到の領域が、待ってるんだ。

結局当会は海外販売のパイオニアとして、

多数の実績と、そして薄氷を踏むような挑戦を続けてきた。

それでもこの先どうなるかは分からない。

景気が良い時もあれば、景気が悪くなる時もあるだろう。

それでも、攻めの経営を行って行く必要がある。

新しく来た人は、私のバックヤードをあまり知らない。

私はサラリーマン経験が長く、かなり特殊な業界に居たので

普通の人には理解が出来ないロジックを持っています。

確かに、昔はよく上司の言っている意味がよく分かんなくて

かなり怒られていました。

「やると言ったことは、ウソでもいいから最後までやりきるんや!」

企画を持っていって、詰めの荒いところを指摘されて、

その後上司が言うなら私が間違っているんだろうと

素直に引いたら怒られる。

今思えば最初から詰めの甘い仕事をするなと、

そのまま走ったらどうなるかを考えろと。

走った後のことをシュミレーションして、走り出す前に上司は

私に問いただしていただけだと思います。

ウソついちゃいけないから、じゃあ辞めときます・・

なんて言って謝ると、「軽いヤツや」とまた怒られる。

今ではしっかりと腑に落ちていることなので、

その経験を踏まえてみんなに問いかけることがあります。

昔イジワルだった(と思ってた)、元上司のように。

ふと、当時私はどう反応してたか妻に聞いてみました。

妻「あなたは、ただショックを受けてただけだったよ。」

だって。

走り出す前に、徹底的にゴールをシュミレーションして出口ありきで考える。

勢いで始める人が間違っているところ。根本的に違うところは、

「とりあえず」走り出して、課題が出たところで修正すること。

そうじゃなくて、とりあえず進んだら結果がこうなる、と

出口を意識して「結果から逆算してとりあえず進む」視点が必要です。

よく「出来レース」やと言われたもんですが、そうなるように

答えが出るように質問をしていくことが求められるのです。

最近特に失敗したと思うことは、私が当然のことのように

沁みついてやっていたこれらのことを、

分かってやっている人がとても少ないということ。

何かを始める前に、私がやることはシンプルで

1.徹底的にシュミレーションして出口から逆算する

2.3分考えても3日考えても同じだから、考え抜いたらすぐやる。

この手順です。ところがレベルの高い人でも

2番はすぐにできても、1番まで考えて実行できる人がいない。

だから脆くて危ういことが多いのです。

想定を重ねたうえで走り出し、改善をすればどんなことでもできる。

多分この先、人生どうなったってやっていけるという

ヘンだけど根拠のある自信に私の場合は繋がっているんですよね。

これが組織風土となっているので、これは定着をさせなきゃいけない。

誰かが走る前に、報告を貰うことは徹底しようと思う。

でも、その上で新しい色んな種が少しずつ実を結んで来ています。

お目見えするのは、ほんの少し先。

心置きなく爆発してみたい、爆発したところを見てみたい。

そう思う、今日この頃です。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.