組織のレバレッジ。


br />

最近、ちょっと気になっていることがあります。

それは「どんどん話しが広がって行くこと。」

例えば物販なら、「安く買って高く売る」これが基本です。

そして「1回ではなくずっと購入してもらうこと。」

この2つをずっとぐるぐる回し続ける。

集客・販売・リピート。基本的はこの3つしかありません。

そのためにどうしたらいいか。これを考えるのみです。

ところが「考える」、つまり思考回路は縦に深くも考えられますが、

あれも良いのではないか、これも良いのではないかと

横に移ることも同じように考えるということに当てはまります。

例えば私が輸入を止めたのは、属性が2つに分かれるからです。

1日24時間、人には時間が平等にあります。

仕事をする時間が8時間として、輸出と輸入を両方やると

輸出に割ける時間は4時間しか持てません。

お客様の数も半分になります。そして作業が倍になります。

日本で新商品が発売されて、一度買ってもらった

海外のお客様に告知をする場合でも、

リーチできるお客様は両方やってた場合は半分にしかなりません。

これは、お客様が分散してるってことになるんです。

だから私は輸出一本に絞りました。

どちらが良いということではなくて、どちらかに絞るということですね。

私だけ時を止める能力を持ってるなら話は別ですが、

そうでなければ、ライバルより多くの時間を得るために

あえて選択肢を少なくしているという理由があります。

組織としての課題は、みんなで1つのことをやる方向に持っていくこと。

ただでさえ隣の芝生は青く見えるのが普通です。

人がたくさんいると一見効率が上がるように見えますが、

例えば10人のスタッフがやりたいことを2個ずつ持ってたとしましょう。

すると組織としてのタスクは20個になります。

アイディアだけ先行して実現できずに辞めて行ったとして

半分の人数になったとします。するとやりかけのタスク20個に対して

5人しかいないワケですからなんと作業量が4倍になります。

10人が無理して8時間の倍の16時間のタスクを持ち、

さらに人が辞めて半分になれば1人32時間作業しなければなりません。

こうやって計算してみると、ようやくムチャの度合いが分かりますね。

組織というのは、レバレッジが非常に大きく働きます。

だからこそあなたの判断そのものが大変重要になってきます。

プラスの思考やビジネスモデルは組織を大きくしてもプラスになり、

マイナスの思考やビジネスモデルは組織を大きくしてもマイナスです。

だからこそ、今あなたが1人で何か1つのことに

集中していることを私は歓迎します。

そして全員が1つのことに集中すれば虫眼鏡で太陽光を集めて

紙を燃やせるように、本当に強大なチカラを使うことができるのです。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!

【あとがき2】

> はじめまして。
> 私は海外販売を本気でやろうと思っている大学3回生です。
>
> インターネットを使った海外販売に興味を持ったきっかけは、
> 東南アジアへ旅行へ行った時です。
>
> ベトナムやインドネシアの大学生の向上心や
> 国自体が持っている熱気に、驚きました。
>
> 同時に、日本で特に何も考えず、
> ぬくぬく生きている自分に対し危機感を覚えました。
>
> これから、どんどん日本もグローバル化やオートメーション化が進み、
> 日本人の給料も特にスキルを持っていなかったら
> 下がってしまうといわれています。
>
> そのため、若いうちに外国とのビジネススキルを身につけたいと思い、
> 今回登録しようと思いました。
>
> 本気で成功しようと思っています!

今回会員になられた方からいただいたメッセージです。

私はインターネットの業界をずっと見てますが、あなたより若くして

成功している人はたくさんいます。

短期的に成功するよりも、この先何十年も稼げるチカラを身につけて欲しい。

単年で1億円の利益が出て、その後日雇いのアルバイトしてる人や

病気になってしまった人もいますから。

若くして成功するリスクとしては、そのくらいでしょうか。

冒頭の記事に書いた通り、大きくなるほどにレバレッジが効きます。

だから、正しいチカラの使い方を今のうちに覚えてくださいね。


The following two tabs change content below.