精神と時の部屋。


br />

最近、私のところにたくさんの人が来訪されます。

今回のジャパンエキスポ関係のミーティングなどもそうですが、

かなり詰め詰めで作業を行うので、完全にカンヅメ状態です。

ただこれだけ頻繁に人が訪れるようになると、

ちゃんと宿泊する場所などもご用意しなければなりません。

なんなら、ドラゴンボールで言うところの「精神と時の部屋」みたいに

集中できる環境で作業に没頭したいと考えました。

そこで、シェアハウスやゲストハウスのようなものがあれば

みなさんをおもてなしできるのではないかと思って

実は昨日契約が完了し、電気・ガス・水道の手続きを終えたところです。

6DKあってかなり常時4・5名は宿泊できる広い家なのですが、

契約はスムーズには行きませんでした。

私の住居は別にあって、事務所も別にあるんですが、

支払能力もあるし、社宅扱いで契約をすれば簡単に借りれるものだと

最初は思っていたんです。

でも、家主さんと審査の段階で私のビジネスの問題で

「貸したくない」と言われたんです。

なぜかというと、「事務所や倉庫として使われたら嫌だ。」

「事業内容を見てもヨクワカラン。」という納得のいかない理由でした。

そんなに家を借り増してどうするんだって完全に怪しまれました。

本来ならさっさと諦めて別の不動産を探すところなのですが、

私の信念として「どこまでやりきったか」というのがあります。

理由なく断られて諦めて他を探すということでは、

次に探したところでも同じ理由で断られる可能性があるでしょう。

同じ理由で断られることを何回も繰り返すぐらいなら、

最初から逃げない。というのが私の信条です。

なので、私のビジネスと利用目的を、是非家主さんとお会いして

直接お話しをしたいと言いました。

私のビジネスは海外販売で、日本から世界に向けて物販をするのが主体です。

また、エグゼクティブクラブを運営して世界に羽ばたく

優秀な日本人セラーを育成することも役割の1つとしてあります。

そのために必要な、おもてなしの施設として是非あなたの物件を

お借りしたいんだということを、しっかりと話し尽くしました。

実は家主さんは病院に入院中だったんですが、遠くの病院まで

会いに行って直接不動産屋さんを交えてお話しをさせていただきました。

そこで感じたことは、やはり体裁って大事だなって。

事業内容が分かるパンフレットを作成して持参し、

家賃の支払い漏れがないことや、キレイに使うことを約束します。

いくら稼いでいるって言ったって、誰だって

ヤクザに出入りされたら嫌ですから。

稼ぐことも大事ですが、人に誤解されないような

しっかりとしたビジネスをすることも大事ですよね。

これからは日本だけでなく、海外にもこういったシェアハウスや

ゲストハウスを置いて、会員のみんなや海外のお客様に

自由に出入りしてもらえるような場所を作りたいと考えています。

以前シンガポールに3週間、お客様に無料で

豪邸に招待いただいたことがあります。

プール付、警備員付の一等地でした。

一体なぜ、そんなにまでしてくれるんですか?って

私はその足長おじさんに聞いたことがあります。

「いつか日本に行ったときに、あなたの家に泊めてもらうからだよ。」

って、そう言われました。

海外では、バケーション中に友人宅に長期滞在することも多いそうです。

そうか、持ちつ持たれつなんだな。

でも当時は全然お返しする目途がたっていませんでした。

だから私もいつかそういう場所を提供できたらいいなって。

私の目標の1つです。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.