空白の11兆円市場とは?


br />

日本の市場は世界でどのくらいあるのか。

可能性はどのくらいありますか?

これについて最近、小さな個人から大企業まで

多くの方からご質問をいただきます。

数字で見る情報で一番信頼度の高いものは、経済産業省の試算でしょう。

クール・ジャパンのポテンシャルとして

2020年に市場規模900兆円と出ています。

tinyurl.com…

このうち、戦略目標として8兆円から11兆円を見込んでいます。

こんな感じの資料を出されると、その時点で実感がなくなりますね。

なんだか他人事みたいです。

しかし、あなたも今から目を見開いてください。

実は計り知れないくらい大きな市場が野放しになっています。

私はインターネットを使った海外販売がメインですから、

その視点でビジネスを考えてみます。すると日本企業は

一切この世界市場の輪の中に入っていないことが分かります。

例えば、eBayはどこの会社でしょうか。

例えば、Amazonはどこの会社でしょうか。

例えば、Japan Expoは、どこの会社でしょうか。

今、ほとんどの海外ビジネスが日本プロダクトを扱っているにもかかわらず、

サービスの主体が日本製でないという、ある意味いびつな構造になっています。

例えばJapan Expoは、日本文化の情熱的なファンであった数人の若者が、

今の日本文化に特化したイベントを開催するという壮大な案を企画して

実行に移しました。今年は20万人を見込んでいます。

入場券を1500円として、20万人だと来場者だけでも売上は3億円。

来場者の平均購入額はだいたい2万円前後、つまり20万人で

40億円です。ああ書いてるだけで緊張してきた。

出展者向け、イベントその他莫大なお金が動きます。

少なくとも今パッと出てきた数字は氷山の一角。

私は、日本が世界に販売するビジネスは、日本人がやるべきだと思っています。

恐れ多いことかもしれませんが、この市場はつまり日本が獲れる。

ただ、今までは日本人だけが日本市場に引きこもってただけです。

それを例えば私一人でやろうと思ったら、一体どうなるでしょうか?

恐らくすぐにキャッシュアウト。壮大な夢を抱いて自滅します。

では、大企業ならどうでしょうか?

私はかなり色々な企業からご相談を受けますが、実際ノウハウが足りてません。

主たる原因は、バイヤーマネジメント(購入者教育)より、

セラーマネジメント(販売者教育)です。

つまり、いくらポータル側がチカラを注いだとしても、

販売者側の意識が低すぎて市場を動かせないのです。

だから、外国人セラーが幅を利かせているんですね。

「実際、外国人がかなり日本で商品を買い漁って本国で売っている」

と、あるリアル仕入を中心に行っている会員さんも言ってました。

このテの巨大ビジネスを、実際動かしているのは小さな個人から始まった

1つの集団です。Japan Expoが10年前に数人の若者が始めた

小さなイベントだったように。

だから、大企業よりも小集団の方がこういったビジネスを展開するのに向いています。

まさしく21世紀の初頭から始まった新しいカタチのビジネスモデルですね。

今、フランスでこの市場を獲るのは難しいですが、

視点を変えてみてはいかがでしょうか。

新興国は、先進国と比べて私の実感だとほぼ10年遅れでニーズが発生します。

アジアの国の一部では、豊かになった若者が日本製品を買う動きが出ています。

Japan Expoが初年度3200人の来場者から始まったように、

私達もアジアで3000人程度のイベントを行うことは、

ゆうに可能ではないでしょうか。

その市場が、8兆円から11兆円あるということです。

ネットからリアルへ・・・

こういう言葉が日本で叫ばれてから久しい世の中です。

インターネット、つまりMIXIやFacebookで始まった交流が

オフ会などとしてリアルで勉強会をしたり集まったりすることが

最近では当たり前になってきました。

私達も、海外販売を通じてお客様と繋がり、そして実際に会うことができる。

今は個人個人で行っていることから、私が今やろうとしているように

ツアーとして実際にイベントに出かけて行ったり、イベントを開催できるようになる。

個人としてはそこそこ稼いだ私。

しかしなぜ今、ここに来てキャッシュアウト(倒産)のリスクを含んだ

「デッド オア アライブ」のようなゲームを始めようとしているのか。

それは私にも分かりません。

なーーんも、分かりません。

しかし多くの人の期待と夢を背負って、小さな問題から大きな問題に至るまで

一歩ずつ、日々前進を続けています。

日本は、決して沈まない。

日本を愛する人たちが、世界中で待っているから。

純国産型の海外サービスや海外イベントを、いつか私達が

創り上げる日が来るのではないでしょうか。

一人のチカラでは到底なしえないことを、

みんなでチカラを合わせて市場を獲得する日が必ず来る。

あなたが本気になって、海外販売に取り組む日を楽しみにしています。

共に、戦いましょう。

【あとがき1】

JAPAN EXPOの概要はこちら

tinyurl.com…

JAPAN EXPOツアーに参加ご希望の方は、

個別にご案内をさせていただいております。

連絡がまだの方は、裏メルマガにご登録くださいね。

tinyurl.com…

今年は総勢100名でジャパンエキスポに出展し、

『旅費全額を、実質ゼロ円にする前代未聞のツアー!!』

を実行する予定です。

詳細
はこちら

tinyurl.com…

【あとがき2】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.