稼ぐ本質


近、あまりにも特異な情報が入りすぎて、

表では言えないことだらけになってきています。

ついこの間、船原さんとゴルフに行ったときに雑談したんですが。

船原「今、全てを失ったとしても大丈夫ですよねー。」

吉田「まー、そうですね。なんとかなりますね。」

船原「だって知ってるもん。」

吉田「そう、私たちは知っている。」

インターネットのビジネスで、本当に成功している人は

全体の僅か数%にも満たない確率じゃないでしょうか。

で、一度でも稼いだことがある人なら多分分かると思う。

利益を得る上で、何が正しくて何が間違っているのか。

輸出ビジネスを極めたもっともっと先の話し。

輸入ビジネスを極めたもっともっと先の話し。

毎日の不安から解き放たれて、もし全てを今失ったとしても

またやり直せると知ったときの、安堵感。

奴隷のように働くことから解放された気分でした。

もちろん、真面目に真剣に働くことは極めて大事なことです。

最初から勝手に儲かる方法はありません。

どんなビジネスだって、始めたばかりの頃が一番パワーを要します。

しかし、どこに向かって頑張るか、みたいな概念。

私たちは、お互い強みを持っています。

私は輸出、船原さんは、輸入。

私は輸入ビジネスで稼ぐテクニックを持っていません。

専門用語も分かりません。

ただ、輸出ビジネスに関して言えば、テクニックを持っています。

専門的知識と、経験による裏付けがあります。

この時点では、船原さんと私は全く真逆のノウハウです。

ただ、これを極めて極めて極めて極めていくと、

『稼ぐ本質』に行き当たる。

そこで、「ああ、結局一緒だよね。」ってなんとなく分かって

お互いホッとしたと言うか。

輸出とか輸入とか、ビジネスの視点そのものを変えて、

本質に迫るセミナーをやりたいねって雑談をしたことがあります。

私の人生の転機になった、シンガポールで。

どうやら、覚えていてくれたみたいですね。

ameblo.jp/funahara/entry-10724277218.html…

やるなら徹底的にやりたいと思います。

少数精鋭で。

【あとがき1】

昨日は、自営で小さな英会話教室の先生をしているという

26歳の女性の方と、たまたまお話ししました。

儲かってますか?と聞いたところ。

先生「いやー。まあまあ、いや全然・・・、かな?」

私「そっかー、他にも何かビジネスをされてるんですか?」

先生「えと、バイトとかかけもちで、めちゃくちゃ働いてますよ!」

そうなんだー、大変そうだなあと思う私。

私「生徒さんが、少ないんですか?」

先生「ええ。それに1人1時間1,000円とかで教えてますから。」

私「えっ?資料とか事前の準備も必要なのに?教えた時間だけの料金??」

週1回教室をやったとして、

週4回来てもらったとしても1か月4,000円にしかならない。

少ない生徒数で回していかなきゃならないのに。

それで彼女は良いのだろうか・・・。

私「なんで、そこまでしてあげるんですか?」

私の問いに、彼女は答えた。

先生「それは、生徒みんなのことが、好きだから。」

なんとなく、その先の言葉が出なかった。

彼女にどうして言えば、分かってもらえるだろうか。

ビジネスの感覚とか概念に近いこと。

そんなこと私がこの場で話しても、彼女はキョトンとするだけだろうし。

もっとじっくり話したい。だけど一言でうまい言葉が見当たらない。

結局私は、苦笑いをするしかありませんでした。

金持ち父さん、貧乏父さんじゃないですが、

それを知っているかどうかで、その後の人生は大きく変わると思います。


The following two tabs change content below.