稼ぎ続けるとは?


br />

現代はフクザツな論理体系から成り立っていて、

数学のように1+1=2といったような答えに必ずしも結びつかないような

問題が山積しています。

これをクリアするための方法が「マネジメントシステム」というものです。

例えば、リサーチと出品とメルマガなどのリピート戦略。

この3つのやるべきことのうち、一体どれに最初に取り組むべきか

を考えるのもマネジメントシステムですね。

何に一番注目して取り組むべきかは人によって異なります。

例えばリサーチと出品をしたことが無い人がメルマガを書いても効果ゼロ。

逆に顧客数が5000人以上いてメルマガを書かない人は

売上が伸びないことを気にしているでしょう。

あなたがどの段階にいるのかを分析して行動する。

これがマネジメントシステムで重要な視点です。

まず、どういったところが問題なのかを考える。

これは頭で考えていてもモヤモヤするので、紙に書きだします。

これが「情報の洗い出し」という仕組み。

今、悩んでいることを紙に書き出し問題点をあぶりだします。

その上で、重要度の点数をつけて「何に一番最初に取り組むべきか」

を検証します。

本当なら今すぐ全部取り組みたい・・と考えるのが人です。

しかし、時間は限られているしいっぺんに全部を解決できない。

このジレンマを解消するために、一番費用対効果の高いモノから

順番に取り組んで解決すると言う妥協案を持たなければなりません。

そして何も考えずに目先のことだけで行動すると、

重要度の低いもの、今すぐでなくても良いことに

捉われてしまうことになります。

なので1つ1つ選択と集中を繰り返し、重要度の高いモノから順番に

戦略的に取り組むことで、利益を伸ばせるペースが速くなるということですね。

そして一定期間、半年とか1年とかの期間で区切って見直し、

さらに改善を繰り返すという流れです。これをPDCAサイクルといいます。

このマネジメントシステムって、実は結構古くからある経営的手法なんですが、

これをきちんと理解している人って本当に少ないですよね。

あと、PDCAを早く回しすぎて失敗する人も多いです。

アフィリエイト、ドロップシッピング、情報商材、物販など

1カ月や2カ月程度ですぐに諦めて次のテーマに取り組む人。

これは、一定期間ごとに見直すというPDCAサイクルの原則から言えば

早すぎる決断なんですよね。ある程度は実績を積み重ねなければいけません。

PDCAサイクルも、マネジメントシステムの一部です。

マネジメントシステムを学ぶためには、大きな視点で

ダイナミックに動かなければなりません。その上で詳細を詰めて行きます。

マーケティングとマネジメントは対(つい)になっているもの。

どちらの視点がかけていてもいけません。

「稼ぐ」というのはマーケティングです。

「続ける」というのはマネジメントです。

それが合わさって「稼ぎ続ける」つまり

100年企業への道が生まれるんです。

永く稼ぐための仕組みづくりはとっても大事。

あなたも一度真剣に考えてみましょうね。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.