私の失敗談


br />

最近、「吉田さんの失敗談を話してください」

という声を多くいただきます。

こんなこと、しゃべっていいのかどうか分かりませんが、

今日はありのままを伝えてみようと思います。

私はどこにでもいる、フツーのサラリーマンでした。

だから今でも私はどこでもスーツ(安っすいの)。

楽なんですよ、スーツって。

この業界の人は若くしてありえない稼ぎ方をしてる人が多いので

今までの私の常識がぶっ壊れつつあります。

このまえ、私は1カ月の収入が1000万円を超えたと思います。

思いますというのは、いろんな事業をやっているので

総合的に見て、こうなっているかな?と思うからです。

今はいろんなビジネスを構築したり、投資したりしてるので

現在、ここまでの数字はありません。

稼いだら、稼いだ分だけ使って来年以降のために出来るだけ投資をする。

一気にキャッシュバックするより、それを振り分けて

翌年以降少しずつ自分に返ってくるようにした方が得なんです。

世の中本当にうまくできているなあと、最近は思います。

でも未だに自分がどうしてこうなったのか分かっていません。

私がいわゆる「宇宙人」と呼んでいる非常識な人たちは

スーツも着てないし、時間にもルーズ。

14歳で1000万円稼いだ人や、

お金を全額どこかに寄付しちゃいたいと言ってる人たちがいます。

そんな世界の、ほんの入り口を垣間見た今。

そして、何をやっても出費ばかりかさんで1円も儲からなかった昔。

今の私なら、過去の自分を比較することができそうです。

なぜ、私は以前まったくデキないヤツだったのか。

今思えば、人並み以下だったと思います。

そして、たくさんの方を見てきた私ですが、

前は同じような失敗をして日々過ごしてきたような気がします。

まだこの感触が残っているうちに、あなたにだけ伝えたい。

今日はちょっと疲れました。

明日また、再開しようと思います。

【あとがき1】

失敗談というと、海外販売を始めたばかりの頃に

韓国の某有名俳優の結婚式の招待状をいただいたことがあります。

実はビビってお誘いを断りました。

そんなウマい話しあるわけないって。

結婚式の翌日、テレビで見て仰天しました。

本物だったんだ・・。行っておけばよかったなあ。

1度きりの人生。二の足を踏んだら幸せが逃げちゃうよ。

これも失敗談の1つです。

今日はそんなことを書こうかなあと思ったんですが、

いやなんか違う、そういうことを書きたいんじゃないな・・。

そんな、たった1つの失敗談という「点」のようなものじゃなくて

もっと何かを超越するためのポイントというか、そんなの。

書けるかな? まあいいや。

明日筆の進むままに書いてみよう。

今日はおやすみ。

【あとがき2】

エグゼクティブ会員の募集を締め切りましたが、

突然締め切ってしまったため多くの方よりお問い合わせをいただいております。

大変申し訳ございませんが、今後の募集の予定は未定です。

再開の折はまたこの記事でご案内を差し上げるため、

ご希望の方は、読み続けてくださいね。


The following two tabs change content below.