産経新聞本社とヤフー本社を訪ねました。


br />

「なぬ。ここで取材とな。しえー」

東京の大手町にある、産経新聞の本社。

アポを取ってあることを受付嬢に伝えて、記者さんの名前を告げる。

受付嬢「あ、部署名をいただいてもよろしいですか?」

へ?部署名? えーと。

一旦、その場を離れて携帯で記者さんに連絡をしてみる。

東京本社 編集局経済本部。

おお(゜Σ゜)

なんかすごそうだ・・・。

先日、産経新聞社さんのところに行ってきました。

取材のご依頼をいただいて。

私なりの「がんばろうニッポン」を伝えたくて、

率直な意見を述べさせてもらいました。

震災後、日本は確かに元気がなくなりました。

確かに日本の旅行客は減ったし、外人が減ったことも確か。

でも、日本製品を買いたいという気持ちはまだまだあるし、

実際に、物販としての売り上げは伸びています。

どんどん世界に出て行こうと、そういった提案をさせてもらいました。

そして写真を数カット。

うーん、男前に撮ってくれたかな・・・。

いつごろ掲載されるんだろ。

取材されたばっかなので、返事待ちです。

その後は移動して、なんと今度は東京ミッドタウンにある

ヤフージャパン本社へ。

以前、私のセミナーに来ていただいたことがキッカケで、

一度遊びに来てくださいと、なんと信じられないお声掛けをいただきました。

こちらも同じく、受付嬢さんにアポを取ってあることを伝えました。

受付嬢「はい、存じております。そちらのエレベーターからどうぞ」

うむ、良きに計らえ、苦しゅうないぞ。

ピー。

警備員「あ、お客様。こちらのQRコードをかざしてからお通りください!」

あたふた。

どっひゃー。

ここがヤフージャパンの本社か。

オフィスでのMTGさせてもらった後、お食事にも連れてってもらいました。

孫正義さんと直接繋がっている方なので、語録をたくさんお聞かせいただきました。

一番すごいと思ったのは、「風林火山海」という言葉。

海ってなんだ? ということなんですが、

「海のようにすべてを飲みこんだ平和な状態まで持って行って

 始めて戦いは完結します。」

という意味だそうだ。

つまり、完膚なきまでに叩き潰して、絶対に逆らえないほど押さえつけて

絶対に逆らえなくなって初めてその市場を獲れたということ。

ななな・・・。なんちゅーこと。

容赦ないね^^;

私も、メキメキとステージを上げてきた感覚でしたが、

やっぱり、孫さんという方のお話しは、リアリティがない。

リアリティがないということは、まだ自分のステージではないということ。

当たり前だけど。でも、自分が小さく見える。

上には上がいるなあ(唖然)

そんなこんなで、終電ギリギリまでお付き合いをさせていただいて、

本当に貴重で楽しいお時間を過ごすことが出来ました。

【あとがき】

産経新聞社さんもヤフージャパンさんも、どちらにも言えることですが、

「縮小する国内市場、拡大する海外市場」を合言葉に

様々な方向性を模索しているように思えます。

日本は生まれ変わろうとしている気がする。

私にできることは、何でも協力しよう。


The following two tabs change content below.