生き残るのは


a id=”i10401202416″ class=”detailOn” href=”http://ameblo.jp/9-4/image-10450779186-10401202416.html”>$海外販売をしよう!

「ウチは大企業じゃないし・・・」

「どうやったって勝てるワケがない。」

そう諦めにも取れる言葉を良く耳にしますが・・・。

ビジネスにおいて大事なことは、利益の最大化。

大きいとか小さいとか、あまり関係がありません。

生き残るのは、強くて大きいものじゃない。

適者生存という言葉があります。

適者とは・・・

種内のある個体の遺伝しうる形質が最も環境に適しているなら、その個体より増えた子孫は、その種の中で、より増え広がる確率が高くなる。結果的に現在生存している種は、環境に適応し増え広がることの出来た「最適者」の子孫ということになる。

時に「適者=強者」と解されたり「弱肉強食」と言い換えられることもあるが、環境にもっとも適応した結果の適者なのであるので、「強い弱い」の価値尺度は意味がない。捕食者が「強」で被捕食者が「弱」であるという解釈も成り立たない。サバンナに住む肉食動物の俊足は草食動物を捕食するための武器であるが、同時に草食動物の俊足や警戒心は肉食動物を餓死させる(そして自ら生き延び、子孫を残す)ための武器である。現生の生物は環境への適応度という点について、みな等価であると言える。

WIKIより抜粋
ja.wikipedia.org…

どんな人にだってチャンスはある!アップ

そう思います。


The following two tabs change content below.