海外発送専門の代行システム「HASSO JAPAN」始動。


br />

スポーツはなぜ、人の心を動かすのだろうか。

芸術の域にまで高められた演技や迫力があるだけじゃない。

そこには、成功の影に隠れたドラマがあるからだ。

欲しいモノは何もない。

「お金がないというのは、本当に辛いことなんだよ。」

父が言った。カネを出すのは大学卒業まで。

だから私は稼がなきゃいけないと思った。

本当の愛がなんなのか、不器用な私は良く知らないけど、

明日の飯に苦労するような、そんな想いだけはさせたくない。

毎日顔を合わせるスタッフの顔を見てそう思う。

妻の顔を見てそう思う。

会員さんの相談を聞いて、そう思う。

昨年の3月に、今のビジネスを自力でシステム化しようと決意。

一昨年はあまりに安く上げようとして担当に逃げられた。

4年の構想と、1年に及ぶ開発期間。

まず自社のシステムを全自動化して、その発送のフローを切り離す。

日本人セラーのための海外発送専門の代行システム「HASSO JAPAN」。

コンセプトはここから生まれた。

運営側から2人、開発側から3人で案を出し合い、

一度会議が始まると、深夜までずっと議論を重ねる。

一体なぜ始める前にこんなに話しをしなきゃいけないんだろう。

早く始めろよ、いいじゃんそこは適当で。

プログラミングでは、C++、VB、JAVA、PHP、Delphi、

DBではOracle、SqlServer、Mysql、Access、

グループウェアのカスタマイズではノーツ、

サイボウズ、及び社内イントラ構築と携わってきた・・。

素人にはワケの分からない実績と単語を並べまくる彼は

ガンとして、言うことを聞かなかった。

10月になっても、12月になってもHASSO JAPANまでたどり着けない。

システムは、アタマからオシリまで完璧に描ききらないと

絶対に満足できないと言うのが彼の思想だ。

ユーザーがこんなことを言って来たらどうする?

こうしてみたらどうだろう?

私にも譲れないところがある。

彼はシステム屋で、私はプレーヤーだ。

だから、遠慮なく意見を言ってぶつかり合った。

そして、あれから1年が経ち・・

「81件の同梱のピッキングが、15分で終わったんです!」

今まで2・3時間は、ゆうにかかっていた発送作業が

15分で終わったと今日スタッフの1人が言った。

彼との話し合いから1年後、予定日から遅れること3カ月。

そうなることを前提として開発したから予想通り。

感動は無い。だけど、喜ぶべき。これは喜ぶべきところだ。

そしてこの結果をもってサービスをリリースする決意をした。

iPodとブルートゥース接続されたバーコードスキャナを使って

2ステップで商品をピックアップ、大量の出荷にも即座に対応できる。

入庫・出庫の状況はオンラインで世界中に散らばる

日本人セラーと同時に共有することが可能なシステムだ。

利用者側も、2ステップで住所入力と料金の支払いを、

パソコンで行うだけで遠隔発送が可能となった。

スタッフの1人と固く握手をする。

少しだけガッツポーズをして、また次のステップを作る。

本日数名の利用者に案内を出し、βテストを開始しました。

このシステムは、規模ごとに拡張性を持たせていて

利用者数に応じてサービスを向上させるように設計しています。

まずは手数料をトントンか赤字ラインで維持する。

採算に乗せるまでは長い時間をかけようと思った。

最終的に私が果たしたいのは発送箇所の集約による割引制度の適用。

1人じゃ無理。だけど1000人が10個出せば1万個になる。

ここを制覇してぐっと送料の単価を下げ、

利益を得るのが会社の正しい稼ぎ方だと私は思う。

システムの導入によって作業時間を10分の1に減らし、

ゆっくりお茶を飲みながら仕事してもらうのが

正しい仕事の任せ方だと私は思う。

イノベーションを起こしていこう。

フェイスブックが上場申請へと歩みだしたように。

昨日の記事を書いてから、たくさんの方に

励ましのメッセージをいただきました。

> 私が吉田さんを励ますような立場ではないですが、
> 吉田さんに救われている人はすごく多いですよ。私もその1人です。
>
> -中略-
>
> 別にただ単に「輸出」という世界を確立したことが
> どうとかではありません。
>
> 吉田さんにとってのこの4年は、
> 周りの人や環境や、見えるもの、乗り越えるものも、
> 全てが高速スピードで変わっていく中で、
> きっと悔しかったり悲しかったり、
> 弱音を吐きたかったりしたことも多かったんだろうなと。
>
> それでも全てを自分の腹の中にしまい込んで、
> 前を向いていく。それも自分のためだけではなく、
> 会員のため、お客さんのため、そして日本のために。
>
> そんな風に生きていく姿に、
> 同い年ながら「すごいな」と思っています。
>
> きっと今回も吉田さんの中で色んな想いが
> 交錯してるんだろうかと思います。
>
> けど一つだけ言わせてください。自分を責めないでください。
> 答えは出ているんです。あなたのしていることは正しい。
>
> またお会いできるのを楽しみにしています。
> 吉田さんは吉田さんらしく、そのままでいてくださいね。

ほんの数年前は20万円しか貯金が無かったから、

レジで外食の支払いをするにも妻とはケンカばかりしてたのに、

つい先月は、たった1カ月で数千万円の支払いを行いました。

銀行窓口での支払いは、もうテンション下がりまくり。

手続きを見守る手が震える。

だけど、それは公共料金の支払いと

全く変わらない手順で完了してしまった。

そして、私は1つ何か大事な節目を乗り越えた。

もっとスピードを。そして成果を。

ノーモーションで突っ走ろうよ。

それをあなたに押し付けてはいけないんだろうか。
< br />

金の亡者と思われるだろうか。

私は正しいのだろうか。

> 精鋭メンバーに選出されなかったときは
> くじけそうにもなりました。
>
> でもチャンスは掴むもので、待っていてもやってこない。
> 行動を起こすことで、何時かは拾いあげてくれるリーダーがいる
>
> リーダーは、常に判断をしていかないといけない。
> それもスピードを持って。
>
> 規模が大きくなると様々な出来事があると思います。
> ひとりの意見に耳をかたむけることはできても、
> 方針を変えることはできない。
>
> 進化の過程では、色々なドラマがあります。
>
> わたしは、人生の分岐点で素晴らしキャプテンに
> 出会うことができました。
>
> 時代とともに常に進化しているので、前と感じるところが
> 違う部分もあります。でもそれは、進化のために必要なこと。
>
> 思うがままに書き、文章での表現はむずかしいですが、
> 私は吉田さんにいだいていた、気持ちは入会した当初から
> 変わりません。そしてこれからも変わらないと思います。
>
> 改め、これからもよろしくお願いします。
> 少しでも貢献できるよう突き進みます。

スピードは重要です。自分は他人と比べて

遅すぎると思うぐらいがちょうどいい。

チャンスは諦めない限り、何度でも巡ってくる。

私もあなたに、期待している。ありがと。

> 個人的に思うのは、
> 吉田さんには、あと10倍は儲けてほしいですねー。
> (先頭走ってる人が儲けてないと、ついていく人は儲けれない。)

稼ぐ、理由が必要だと思う。

今の私にはその資格がないかもしれない。

それでも、走り続ける。

スポーツのプロが目指す道は、金メダルしかない。

ビジネスのプロが目指す道?

決まってんじゃん。絶対に逃げるなよ、私。

私は、感動をしたいんです。

共に、分かち合える喜びを。

【あとがき1】

エグゼクティブ会員専用のパスワード更新は

2月1日20:00に行いました。

もしメールが届いていないという会員さんはご連絡くださいね。

【あとがき2】

> こんばんは
> 今日のメルマガの内容が気になりました。
> 色々あると思いますが。。。
> 元気出してくださいね
>
> おやすみなさい

ありがと、もう大丈夫。

> 共に「今一度日本を洗濯致し候」!
>
> www.youtube.com…

いやー泣いたな、こりゃ泣くわ。

【あとがき3】

「無駄に生きるな、熱く死ね」ってね。

本日から経理部が生まれ、取締役である妻が

物販部門と経理部門の責任者に。

実務はちょっと、お休みしてもらって

そろそろ出産の準備に入ってもらうことに。

間一髪、間に合うか。

3月が出産予定日、是非立ち会いたいと思っています。

妻とは24時間毎日一緒だけど、その日は絶対そばに居てあげたい。

もっともっと、もっと先へ。


The following two tabs change content below.