気になる経費と税金の話し。


br />

「ふーん、仕事は分かったけど、ちゃんと税金払ってんのかよ。」

独立してしばらく経った頃、友人に話して言われたことです。

サラリーマンをしている友人や、知り合いというのは、大抵

何かビジネスで稼ぐということに対して抵抗があるのが普通です。

なので、しばらくぶりに会って話しをするとこんなことを聞かれたりします。

日本から世界へ海外販売をして、ようやく軌道に乗ってきて、

イキナリ聞かれるのは税金の話しとか、従業員何人雇ってるのかとか、

法人なのか、売上はいくらなのかとかそーいう話しばっかり。

うーん、困ったなあ(苦笑い) ということになります。

私の経験から言えば、ビジネスというのは全てお客様から発生するもので、

まず「何かを誰かに売って、お金をもらう」のが全て。

あとは、オマケのようなものです。

売上がなければ、支払う経費もないし、

売上が無ければ、支払う税金もないし、

売上が無ければ、従業員も必要ないし、

売上が無ければ、会社も必要ない。

ところが、これから新規事業を始めるにあたって、

まず会社を作って謄本に記載する事業の目的を考えることから始めたり、

まず事務所を借りてイスとソファを買うことから始める人がいます。

確かに、野球を始めようと思ったら最初にボールとバットとグローブぐらいは

必要だから買っておこうって思うだろうし、

必要といえば必要なのかもしれないけど。

そういうのって恵まれてる方だと思うんですよね。

まず、売上を上げるためにはどうしたらいいかって考えたら、

最初は税金とか事務所とかって別にいらないでしょう。

とりあえずパソコンとネット環境は必要だから、

それぐらいは用意しておこうって感じです。

私は最初、アパートの一室で在庫と段ボールが

枕元ギリギリに迫ってくるまで自宅でやってました。

(売れない在庫を見ながら寝ると100%寝つきが悪いですw)

さて、最近になって様々な支払いや

請求書・領収書の発行などの雑務が増えてきたので、

経理部門を作ることになりました。

今までは会計事務所に全部お任せしていたのですが、

自社にも人を置いて、やる必要性が出てきたからです。

入出金の事務処理が、いよいよ追いつかなくなってきたし、

お金のことなのでちゃんとしておいた方が安心。

税金に関しても始めたばかりの頃は、ぶっちゃけあんまり考えなくていいです。

ビジネスは全部「選択と集中」

始めたばかりのステージでは、まず売上を伸ばすことに集中すべきです。

順調に売り上げが伸びてくると、周りのいろんな人に話しを聞いて

なんとなーくヤバいんじゃないかって考えるようになります。

そうなってきたら、真剣に考えましょう。そしてしっかり対処しましょう。

常に、そういう姿勢でアンテナを張って改善すれば

大丈夫、超えられない壁なんてありません。人生なんとかなる(笑)

それでも、税金のことはみなさん気になると思います。

どんなステージの人でも、ビジネスを始める限りはとりあえず

全部レシートや領収書はとっておきましょう。

最低限やっておかないといけないことは、このくらいです。

あとは、税金の仕組みを「とにかく決まってることなんだから払いなさい」

的な感じじゃなくて、払う側の立場から

分かりやすく書いてる本を選んで読んでみましょう。

『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。』

tinyurl.com…

この本なんかはオススメです。

ということは逆算すると、ちゃんと法人化して税金払うぐらいになるまでは

旧友にたまたま会ってもビジネスの話しは

あまりしない方が良いってことになりますね。

いろんな意味で、胸を張れるようになるまでは

心に秘めて頑張りましょう。

【あとがき1】

なんでこんなことを書いたかと言うと、

実は私の家には開かずの間があって、個人事業主だった時代の本が

たくさん眠っていたからなんです。

全部整理をして、こっちの方で経理を任せることにしました。

そんなこんなでなんか事務所も人もパソコンも増えるし、

歯止めが聞かなくなってきました。うーんどうしよう。

実はプレステ3が欲しくってですね。

これをなんとか経費で購入してあれこれする方法が

ないワケでもないんですが。

結局、そんなことをする以前に買いませんでした。

自営業になってからというもの、個人的趣味にお金を使ったことはありません。

仕事で笑って、仕事を理由に遊んでたら、自ずとそれは経費になります。

人をもてなしたりとか、打ち合わせしたりとか、そういうことですね。

自分のプレステを買うのは気が引けちゃうんです。性格上。

【あとがき2】

独立したり、副業したりすると、ステージがどんどん変わります。

なので以前の友人と話しが合わなくなることが多くなるでしょう。

理解をしてもらえるようになるのはずっと後のことなので、

なんとかするよりも、同じ境遇の人と新しい出会いをした方が

より良い環境でビジネスに励むことができるようになります。

セミナーとか、そういうのがあったら

積極的に出るようにしましょう。

それだけでも、変わります。

【あとがき3】

金の輸出100トン突破、「有事の金」需要増

tinyurl.com…

非常に面白い傾向です。

最近気づいたのですが、海外販売にはもっとダイナミックな

ビジネススキームが存在しています。

あなたはこの時代に何が起こっているか、理解できていますか?


The following two tabs change content below.