最新版ランチェスター表の公開


br />

いよいよ本日より、eBayの新しい料金体系がスタートします。

まず、第一弾はオークション形式(Auction-style)の

出品の通常手数料が変更されます。

2011年4月19日(米国時間)より有効です。

tinyurl.com…

さて、eBayの手数料はこの時期毎年変更されるんですが、

なんのこっちゃ普通の人には分からないですよね。

なので、当会では私が独自に制作した手数料計算ツール

「ランチェスター表」というのを使って

手数料のシュミレーションを行ってもらっています。

特に2010年は大きく料金体系が変わったので

更新版を作るのにもかなり時間がかかりました。

おかげで、今回はビクビクしながら2011年の最新版を

作っていたのですが、早く作れてしまいそうなのでラッキーです。

昨年までで、eBay料金体系の大改訂は終わり

今年は基本コンセプトに変更を加える形の改訂です。

当会の手数料計算ツール(ランチェスター表)は、

eBayだけでなく、PayPal手数料や為替変動、

Auction形式、Fixed price、Store登録の有無など

全方向から手数料を計算できる万能型のツールです。

eBayにもFee Illustratorという手数料計算ツールはありますが

tinyurl.com…

英語だし、eBayの手数料だけだしなんのこっちゃ分かりません。

7月までは旧料金体系と新料金体系が入り乱れるので

新旧合わせて綿密なシュミレーションを行う必要があります。

例えば、セラーは有料でストアに登録することができるんですが、

オークションスタイルでの出品をする場合、

ノーマルだと月50点まで出品手数料が無料なので、

当面ストア登録しない方が正解です。

逆に、月の出品点数が常時3ケタを超えるなら

落札手数料が安くなるストアに登録した方がお得です。

こういったデータも、ランチェスター表で数字を入力するだけで

全部答えが出てしまいます。

また、為替が円安に振れたら利益はいくら増加するのか、

カテゴリごとの利益率の差なども数字で出ます。

新旧の手数料の増減も一発で出てきます。

最適な出品スタイルを選ぶのに、そして

商品の管理を行うのに、ランチェスター表は

私にとって欠かせないツールなのです。

3年に渡ってカスタマイズを続けてきたツールだからこそ

ここまでのモノが仕上がるんですね。

eBayは手数料改訂や表に出さない変更が多数存在します。

数か月単位でコロコロ変わるので、日々研究を積まないと

すぐに置いて行かれちゃいます。

昨年の8月前後から始まったeBayの

裏ルール(Selling limit、Trade limit)も

トップセラーには関係のないルールなので

未だにその存在を知らないセラーさんも存在します。

初心者から上級者まで、多数在籍している

当会だからこそのノウハウ。

しかも、当会はあくまでも中立の立場を貫いているので

客観的な立場から評価をしています。

あくまで当会の興味は、最終的に儲かるか儲からないか。

それだけです。

新しいランチェスター表は5月1日に、

当会に所属しているエグゼクティブ会員に限定して

動画で説明し、ツールを公開をさせていただきます。

当会は、動画セミナーも2年以上前からずっと続けています。

あーだこーだ言うより、使ってるところを見せるのが

一番分かりやすいですよね?

ということで、来月も超濃いノウハウがご提供できそうです。

来月の動画セミナーをお楽しみに!!

【あとがき1】

ランチェスター表の由来・・・。

実は私が一気に売り上げを伸ばした方法なんです。

ランチェスター戦略というのがありまして。

弱者の法則と強者の法則で、戦略の立て方が違います。

通常使われるのは弱者の戦略。

1点集中、ピンポイント攻撃ですね。

ただ、私の場合は強者の戦略を使います。

名付けて、絨毯爆撃、一網打尽作戦。

まず、タネ銭が10万円あったとすると、

それを10分割して1万円ずつ、10師団に分けます。

そして10カテゴリでリサーチしながら

一気に100点ずつ出品を行っていくんです。

売れたカテゴリは資金が潤沢になって行くので

そのまま続けます。

逆に売れなかったカテゴリは資金が枯渇していくので

撤退していきます。

そうやって編成をどんどん変えていきながら

ガンガン出品を重ねていくのが私流。

初心者さんは初月は月10点までしか出品できないという

出品制限が現在ではあります。

この手法は、輸出で評価100を超えた中級者さんに

使ってもらいたい方法ですね。

初心者さんは我慢我慢。

リミットが外れてからのお楽しみです。

詳しくは、来月の動画セミナーで説明する・・・かも。

【あとがき2】

海外販売を通じていただいたお客様からの寄付金、

セミナーの収益などを個人的に国境なき医師団に

寄付しています。

先日、国境なき医師団から会報が届きました。

tinyurl.com…

MSF(国境なき医師団)の医療チームが被災地に行き、

現在までに診察した患者は約1000人。

医薬品や救援物資の配布も進んでいるようで、

医薬品約200キログラム、毛布約5000枚、衛生用品キット1万セット、

電池、ろうそく、マッチなどの生活用品キット4000セット、

生理用品15000セットを配布されたとのことです。

私の小さな寄付行為が、被災地の皆様の何千分の1かでも

お役にたてたなら幸いです。

これから私達の役割は、日本を立て直し、

真にグローバルなニッポンを作ることです。

共に、頑張りましょう。


The following two tabs change content below.