日本はアジアに呑まれてしまうのか?


br />

「中国の人はトラックで輸送するみたいですよ。」

ユーラシア大陸は中国からヨーロッパ、ロシアまで無限に広がっていて、

どこの国にも中国人街があります。

集団によるビジネスのメリットは多々ありますが、

このメリットを最大限に活かすことが出来る才能があるカリスマは

日本においては非常に少ないのではないかと思います。

私が個人輸出ビジネスの会を立ち上げたのは随分昔の話しで、

当時は仲間もいなくて、心細い日々を過ごしていました。

少ないお客様と身近な関係を築くことはできたものの

海外の安物商品や、日々変わる海外のルール変更など

みんなでシェアし合える環境があれば良いのになって

そういう気持ちで始めました。

今回ではっきりわかったことですが、

私には小さなビジネスを行う能力はあっても

多くの人をまとめる能力はないということです。

それは今までとは全く別次元の世界で、まだ立つこともままなりません。

多くの人をまとめるということは、それだけ肉体的にも精神的にも

タフでなくてはならないし、聡明な人物でなければなりません。

あなたがそのような人物であれば、きっと日本から世界へ

多くの人を導く存在になれると思います。

ビジネスが大きくなればなるほど多くの

励ましやの声や批判を受けることになります。

ただ批判を数多く受けながらも、少しでも成長を続け、

そして、あなたに何かできることがないかと考え続けています。

特に海外市場は、ガラパゴス化した日本においては

何をするにしても極端に情報が少ない分野です。

たくさんの課題を克服するために、もっと多く時間やコストをかけて

調査・分析・フィードバックを行っていきたいと思います。

そして小グループのリーダーになる人、

初心者のレベルから次のステージまで、ご批判を受けながらも

望む人がいるなら出し惜しみをせずお答えして行きます。

日本発信で世界に出ているものがいかに少ないか。

そして私がいかに無力なのかを今ほど痛感したことはありません。

近隣のアジア諸国に負けないつもりで挑んでいますが、

逆にアジアに学ばなければならないところが

知れば知るほど多くありました。

便乗商法を日本人よりうまくやっている。

私達も、もっとやり方を変えればもっと出来たはず。

気付いた点は本当に多く、日が経つごとに

このままで終わりたくないという想いが強くなっています。

今はただ悔しい。それだけです。


The following two tabs change content below.