携帯電話を売ってた彼が・・


br />

「普段は携帯電話を売っています。」

しかし彼が歌い始めると・・・!

youtu.be/DcZcFssyJ-4…

彼は、あの大きなミレニアムホールの大観衆の中で

一度歌を歌ってみたいと思ってテレビ番組の企画に応募した。

周りはパフォーマンスのプロばかり。

みんなきらびやかな衣装をまとっているけど自分は安物のスーツ。

審査員長は辛口で、幾多の挑戦者が何百万の視聴者の前で笑い者に。

二千人の大観衆の前で、控室にいた彼にはもう逃げ場がなかった。

大道芸のような派手なパフォーマンス、歌はロックやポップスを歌う中で

彼が歌う曲はオペラだった。

「これがラストチャンスだ。」

小学生のころから貧乏でいじめられっこだった彼は、

音楽だけが唯一の友達でした。

社会人になって、結婚をして、十分な収入もなかった彼は

趣味の音楽だけは続けようと、ずっとレッスンに通い続け

そして妻と幸せな生活を続けていました。

しかし、事故を起こし治療費が重く家庭にのしかかり

レッスンを続けることを諦め、そして

音楽を彼の中で封印してしまったのです。

自信なさげに舞台の上で一通りの自己紹介を済ませる彼。

ところが、彼が歌い始めると・・!?

聴衆は静まり返り、審査員は固唾を呑んだ。

三大テノール、彼の大好きなホセ・カレーラスが乗り移ったかのような

迫真の歌声で、一気にミレニアムホールはヒートアップ。

聴衆の沸き立つ中、満場一致で予選を通過し、

大観衆が一気に彼の味方になったのです。

その後、彼はこの番組で優勝し、

デビューアルバムはイギリスヒットチャートで3週連続1位を獲得、

さらに全世界で300万枚以上ものセールを達成と、

快進撃を続けていった。

歌を止めるつもりで挑んだ大舞台。最後のチャレンジ。

彼のようにあなたも大いなる挑戦をしているだろうか?

死んだように生きるか、それとも「思いっきり生きる」のか。

私は4歳の頃から15年ほどピアノを習っていました。

コンクールの舞台袖。幼少時代の記憶が蘇ります。

男がピアノなんて・・。誰も聞いていないんじゃないか。

手が冷たい、足が震える。出来ない理由が星の数ほど湧き出してきて。

本番直前の緊張を、私は一番良く覚えている。

誰だって、英雄になれるチャンスがある。

サラリーマンとして上司に媚び、お客様に頭を下げ、

少ないお小遣いで飲みにいかなきゃいけないあなたも

自宅に帰れば世界と繋がる。

夢を諦めない限り、あなたはどんな人にだってなれる。なれるんだ。

いつどこで転機が訪れるのかなんて、誰にもわからないのだから。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.