成功には、「バチッ」が重要。 吉田の海外販売ノウハウ!


br />

「私は月収100万円を目指したいです!」

という意気込みをよくいただきます。

実はワタクシ、海外販売を始める前に

情報ビジネスで身を立てようと思ったことがありまして。

その時、川島和正さんに会いに行ったことがあったんですよね。

その時、「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」という本を買って、

それを持ってサインをいただいたワケです。

そしたら、こんなことを書かれました(笑)

tinyurl.com…

何言ってんだろーこの人わ。。。

当時、1円も稼げないどころか赤字続きだった私は

こういう世界の人達のことを、他人事としか見られなかったんですよ。

去年、バリで彼と再開したのですが、実際の川島さんは

とっても真面目で好青年でした。

世界を旅する年収1億スーパーアフィリエイターなのに

「いやいや、私は大したことないんです。」みたいに話していたり。

とっても謙虚な人でした。

メンバーは全員、業界では有名人。

真ん中には資産家の日本人大富豪。

私はたまたまそこにいたんですけど。

人生って分からないものです。

何かと何かがバチッと噛みあった時。

その時、売上というのは急激に伸びて行きます。

人生すらも変わります。

そんなあなたも、最初は作業に見合う結果を求めることでしょう。

「100円の利益の商品を1000個出品して、

 全部売れても10万円にしかならないのでは・・?」

と聞いてくる方もいますが、当たっているようで違います。

その過程において、1000個を効率的に出品する方法と

1000個を効率的に発送する仕組み、顧客対応の効率化や

1000の顧客リストを集めることができるようになります。

それは、利益は10万円かもしれませんが、

100万円を稼ぐために必須のスキルとノウハウです。

また、1000個出して10万円の利益と言うのは、まずありえません。

お客様から別の商品のリクエストが来るでしょうし、

一括注文があったりするからです。

今、10個しか出品していない人が、皮算用で

1000個出品することを考えているよりも、

実際に1000個出品が出来た時、また違う境地に立っているでしょう。

そこで、利益があまり出ていないなら、

まだ「バチッ」が来ていません。

あなたが得たノウハウを応用して、更に進化を続けましょう。

ここで私が言いたいのは、伸びシロの違いです。

10個出品した人が、めでたく「バチッ」を迎えて

ボカーンと売上を伸ばした時と、1000個出品した人が

「バチッ」と売上を伸ばした時と、どう違うでしょうか。

ふり幅が大きいのは、後者です。

あまりにも巨大なテコがやってくるので、少々ご注意を。

だから、実際に行動を移す前にいくら皮算用をしても、

私が見えてる結果は、あなたの予想とまるで違うものだったりします。

そして、「バチッ」が来る前に止めてしまった場合もゼロはゼロ。

100万円稼ぐのは簡単だって言うと、ヘンな感じかもしれませんが、

会社で給料が昇給する感覚とはちょっと違います。

ふり幅が大きいほど一気にキャパを超えてしまうので、

それはそれで注意しないといけないんですよ。

1人のビジネスだったら、2人必要になるし、

5人のビジネスだったら、10人必要になることもあります。

だから、うまく動かしてやらなきゃいけない。

特に、1人の時は自分のビジネスを誰かに任せる感覚なんですが、

5人だと、1人が突っ走ることによって、後の4人が混乱してしまうので、

まず、対話をしなければなりません。

そーゆーのに社長である、あなたが疲れちゃったとき。

成長はピタッと止まってしまいます。

ソフトバンクの孫正義さんは、お顔に似合わず物事がうまく行かないとき

ダダをこねるように役員に突っかかるって聞いたことがあります。

そこを乗り越えると、また新しい境地が見えてきます。

起業家が、一度失敗しても一気に駆け上がることができるのは、

初めての人が知らないステージを知っているからなんです。

でも、それは全部結果論です。

宝くじも、買うから当たるのと同じように、

ビジネスも、やってみるから答えが出るんですよ。

あとは、来る課題に真っ直ぐ答えるだけ。

答えて答えて答えて・・・

おりゃおりゃおりゃって頑張って。

妻「そろそろドッカリ構えればいいんじゃないの?」

私「は、はい・・。」

うーん。本当はテンポよくやりたいのに、もどかしい毎日です。

【あとがき1】

古い本を整理したりしてると、昔の自分に思いがけず

出会えることがあります。

私は何か迷った時、本屋に出かけるよりも

まず今ある本の中から答えを探すようにしています。

その方が、新しい答えに辿りつきやすかったりするんですよね。

そして読み返して古い本は、捨てる。

捨てた分だけ手に入る。これホント。

【あとがき2】

1年間、本当によく頑張った会員さんがいて。

「TRSとったときは、涙が出ました。」と言いました。

前は、全然売れないんです・・と弱気発言ばかりだったので

私は本当に辛くなりました。私がそんな会員さんのその後を知るのは

本人からこうやってたまたま聞く以外にありません。

今は、探せば探すほど売れるものがザクザク出てくるんですって

なんちゅー豹変ぶりやら。

でも、売れすぎて発送に苦労して売るのを止めてしまったり、

やはりアクセルを踏みきれずにいるところがあります。

そこを乗り越えるのは、勇気で


The following two tabs change content below.