思わず出た「ありがとう」


br />

「チェックアウトは何時ですか?」

深夜、記事を書き終えて、

ハイアットリージェンシーの客室係に聞いてみる。

11時のところを12時にしてくれたので、

そのまま眠りについた。

キングサイズのベッドは、私には少々大きすぎる。

目の前には住友ビル。私の前職の会社が入っているビル。

シャンパンでも飲もうか。いやガラじゃないよね。

起きてみると、もう11時。

今日は何もする気にならない。

意を決してアンケートをもう一度読み返す。

そしてそのエレベーターに乗り込み、チェックアウトを済ませる。

ガラス張りのエレベーター。

上空から一気に滑り落ち、ゴージャスなシャンデリアが

下から上へと昇って行く。

それで、スーツケースをガラッと出して、

私はフロアに飛び出した。

ベルボーイが「お荷物お運びしましょうか?」と声をかけてくる。

いや、いいですよ。と丁重にお断りし、カラカラと荷物を引く。

大江戸線の都庁前駅から、代々木で乗り換えて、

東京駅に行こう。

以前そうしていたように、目の前の住友ビルの地下1階から

駅に直結する通路に入ろうとする。

あ、ここは・・・。

目線に飛び込んできたのは、さらに地下へと続く

業務用のエレベーター。1度に4名ほどしか乗れない

小さなエレベーターだった。

そこは地下4階に繋がっていて、駐車場になっている。

20代の初めの頃。私は大きな荷物を背負って

このエレベーターに乗り込み、そして車で営業に出かけていた。

「ありがとう」

思わず、口からそう出てしまった。

少し涙ぐむ。

ここでセミナーしたら、どんな気持ちになるんだろう。

「夏の陣」を企画して、会場を取るときはまだ事務的な感じだった。

そしてセミナー中も、ホテルの窓から住友ビルを眺めた時も

いたって私はクールだった。それはただの過去のこと。

その後私は疲れ切って、帰りの電車も自宅に帰ってからも

ずっと眠り続けた。

5年前の私が、今日の私のことを知ったら

きっとびっくりするに違いない。

それは、想像だにできない未来だった。

海外販売で、自分がここまでするなんて。

少しだけ、昔の自分に会えた気がします。

【あとがき1】

エグゼクティブ会員の申込を再開しています。

一緒に海外販売、始めましょう!

tinyurl.com…

【あとがき2】

セミナー会場、真ん中の後ろの方の席の方で

ピンク色のB5ノートをお忘れになった方がいらっしゃいます。

お心当たりがある方は、吉田までご連絡ください。

【あとがき3】

> 最後のグループディスカッションは
> とても良い企画だと思います。
> (それにムフフもありましたし!!)
>
> 解散後も17名で新宿の居酒屋を儲けさせて
> あげました!!

こんな嬉しい声もいただきました。

きっと、何かを産み出すということは

他の誰かを幸せにするということ。

そしてそれは、お金という小さな幸せをリレーして

みんながハッピーになることだと思っています。

だからもっと寛大に、そしてもっと共有する。

ネットで出会い、最後はアナログな関係で

親交を深めてもらいたいですね。

【あとがき4】

ツイッター始めました。フォローしてね☆

tinyurl.com…


The following two tabs change content below.