小鮒氏プレミアセミナーDVDが本日販売終了。


br />

危機管理能力、というと聞こえが良いかもしれない。

それはブログ1つがどうとか、そんなヤワなものでは一切ない。

きたるべき問題に、どう取り組んで行くかという大和魂。

海外販売はまだ日本人が知らぬ、世界への扉を開く行為です。

スピードと決断力を磨きましょう。

エグゼクティブクラブは、そのピースを1つ1つ積み合わせる。

きっとそれが、日本を変える大きなチカラになると思う。

一昨日、1500円カットの散髪店に行ったら

カットしてるお兄さんが驚いてこう言った。

床屋「ビッグトゥモロウ見ましたよ。なんでこんなトコ来るんですか?」

私「いや、なんか色々サービスされて気を遣うのがヤなだけですよ(苦笑)」

うーん、バレたか。地元ではあんまり目立ちたくないのに。

床屋「海外販売、面白そうだと思いました。でも難しそうですね。」

そうですね、とその場では言う。

でも、床屋が海外販売してたって全然おかしくないし、

僧侶が海外販売してたって全然おかしくない。

この時代は、まさに絶好のチャンスに溢れてるんだ。

僧侶でありながら、月商1億2000万円稼いだ聖賢さん。

月商1000万円をクリアする三田蔵さん。

私達の対談インタビューを観てもらえば分かるでしょう。

tinyurl.com…

翻訳サイトで日本語を英語にするだけで、ネットでモノが売れる。

郵便局から世界中に、ゆうぱっくと同じ要領でモノが発送できる。

本当は、できない理由を探す方がタイヘンなんです。

難しそうだと思うのは、あなたのココロの問題。

その壁こそが、私達日本人にとってはエベレストよりも高い。

それは私もよーく知ってます。

それに慣れるためには「実際に販売し、成功した人の体験を聞くこと。」

やるかやらないかは別として、これからのあなたの肥やしとして

この成功体験を体に入れておくというのは非常に大事なことです。

実はこの対談インタビューに申し込みをいただいた方だけに

先行で聖賢さんの戦略をまとめたDVDを販売しています。

彼の手法はアナログですが、直筆の手紙やオマケを送り、

顧客フォローをしっかり行うことで利益に結びつけています。

秘密を全て知りたい方は、DVDをご覧いただければ一目瞭然でしょう。

限定数量での販売ですが、既にたくさんの方にご購入をいただいています。

ただ年末と言うこともあり、本日いっぱいで販売を終了いたします。

tinyurl.com…

この機会をお見逃しなく!!

【あとがき1】

来月1月1日はエグゼクティブ会員のマニュアル

STEP4~STEP6の大改訂版を公開します。

> はじめまして
> メルマガ読者の者です。
> アメブロですが復旧するそうですよ。
> 取り急ぎ連絡まで。
> 会員募集再開を待ってます!

毎日たくさんのコメントをいただいております。

ありがとうございます。

現在募集は停止していますが、年始に少しの期間だけ

再開するかもしれません。

入会の希望をされている方は、見逃さないでくださいね!

【あとがき2】

月商1億2000万円稼いだセミナー対談を公開します。

tinyurl.com…

DVDの年内販売は本日まで。

【あとがき3】

> 今回は大変なことになってしまったようですが、
> 頑張って色々なされてますね。
> 頑張って下さい。

中略

> 私もgmailを別に作ったところ、数日後に削除されたので、
> 主人にバックアップしてもらってます。

確かに・・。Gmailも大事なデータの1つなので

万が一のためにバックアップは取っておいた方が良いですね。

こんなサイトがありました。

tinyurl.com…

例えば、ブログを始めたばかりでバックアップを考えるとか、

ほとんど使ってないアカウントのバックアップを取るというのは

賢い選択だとは言えないと思います。

それぞれのステージによって、重要度が異なるからですね。

私はこれまで、そういうことを軽く考えてました。

後ろ向きなことに時間を使う(リスクヘッジ)するくらいなら

新しいことにチャレンジした方が生産性が高いと思ったからです。

でも、習慣とはいえ4年以上も蓄積されてたデータが失われると

やはり損失の度合いはかなり大きいなあと改めて感じています。

私は昔、ISOやプライバシーマークの

コンサルタントをしてたことがあります。

例えば事務所に来客があって、その人が情報を盗む可能性があるため、

プライバシーマークの要求事項ではその

リスクに対する対策が必要と明記されています。

具体的には来客者名簿を設置して、来客者を特定するとか

そういうことなんですが、それでもリスクはゼロになりません。

逆に絶対に漏えいされない究極の対策は

「ドアを溶接する」ことだったりします。

そりゃお客さん入室できないじゃーん(笑)

ということで、リスクというのは情報の種類や重要度によって

対策の取り方が異なってきます。

あなたのステージに合わせて、適切な処置を行ってくださいね。

ちなみに、今の私がバックアップ対策してない

っていうのはアホすぎることです。。

【あとがき4】

私の記事では最近たくさんの方のコメントを引用させてもらっています。

会話やメッセージその他について、ご自身のお名前を出して

情報公開している人は、あえて名前を出すようにしています。

逆に、個別のメッセージについては絶対に名前を出し


The following two tabs change content below.