客単価250倍


「あ、金曜日御社に伺いますー。」

先方「あ、はい。ブログ拝見しますので、URLメールで送っといてください。」

はい!分かりました! って

言ったのはいいけれど、きっと私が何者なのか分かんないかも。

最近、キチンと自己紹介してないもんなあ。

ということで、初心に還って今日は私の自己紹介をしたいと思います。

私の本業は、『海外販売』

日本の商品を、海外に売る仕事をしています。

それも、インターネットで。

主なお客様は、日本以外の外人さん。

アメリカ、ヨーロッパ、南米など全世界のお客様がいて、

最近はシンガポールなどアジアのお客様が増えています。

今年の8月には上得意のお客様に招待されて、シンガポールに3週間滞在しました。

プール付、ガードマン付のコンドミニアムを貸切状態だったので

本当に幸せな日々を過ごしました。

商品はキャラクターグッズから骨董品まで幅広く、

客単価は100円から200万円まで手広くやってます。

英語は全くしゃべれないので、翻訳サイト使ってます。

コツは、「私は~」とか、主語を入れて一文を短く書くこと。

そしたら、機械翻訳でも伝わる英語が作れます。

あと、海外販売を教えるコンサルティングを行っています。

瞬間で最も稼いだ人は、月商で1億2千万円。

その他月商700万円クラスの方など、成功者を多数輩出しています。

今、世界は空前の日本ブーム。

先人たちが苦労して勝ちえた信用のおかげで、

日本人は誠実で信用できる人種だと手放しで歓迎されます。

日本の景気はちょっと悪いけど、

拡大し続ける世界市場は、新しい買い手がどんどん市場に参入してきて

すごく盛り上がっています。

また、日本語で鎖国された市場で外国人は買い物ができずに

英語サイトで不当に高い品物を買っています。

出島に位置する私たちが、外国人と日本人の橋渡しをしています。

簡単に言えば、商社です。

円高だから輸出って大変じゃないの?ってよく聞かれますが、

バブルの時代に日本人もパリでブランドを買い漁ってたじゃないですか。

リッチな外人には、旺盛な消費欲があります。

今では少々お高くても、外人は日本の良い品を欲しがる傾向があります。

特に、アジアと資源国。

これから、世界はよりフラット化し

国境を超えた取引があらゆる場所で、

しかも個人間で行われる時代に突入します。

グローバルで、最先端の、成功するビジネスモデルを

自ら実践し、それを会員さんに教えるのが私の仕事。

世界では、日本の商品を日本人以外の人がたくさん売っています。

日本の商品は、日本人が売るべきでしょう。

日本人としての誇りを持って、このビジネスに取り組んでいます。

【あとがき1】

実は海外販売の他に、とある地元の老舗旅館の顧問をさせてもらってます。

私が就任した昨年はリーマンショックのあおりを受けて、

過去最悪の状況でした。

起死回生の策ということで、宿の定番メニューをネットで売り出しました。

物販で飛ぶように売れたんですが、利益は今ひとつ。

しかし、私のアイディアで実は発送時にその商品の食べ方を解説した

DVDを同梱しておいたんです。

反応はチラホラありましたが、でも旅館の方が先に力尽きて

物販は止めるという決断をしました。

私は悔しかった。

今は骨折り損かもしれないけど、きっとジワリと成果が現れるのに。

そしたら1年ごしの今日、女将が私に向かってすごいことを。

女将「去年、吉田さんに3,980円の商品にDVD入れてもらったでしょ?」

吉田「ええ、やりましたね。」

女将「その人がDVD見て団体旅行を企画して来てくれたのよ。いくらだと思う?」

吉田「んー、分かんないです。いくらですかー?」

女将「93万4千130円よ!ありがとう吉田先生!!」

おー。客単価が250倍になりましたか。

1年越しだけど、良かった良かった。

このように、私が得意とするリピート戦略は、

海外販売だけではなくて、国内でもリアルビジネスでも

キチンと結果が出るのが特徴です。

ただ、今回のケースのように成果が1年越しで現れるケースも多々あるため、

腰を据えてビジネスしてもらう必要があります。

浮気ばっかりしないで、当会の会員さんには

長期間かけて海外販売というスキルを高めていただきながら

ビジネスの本質を私から盗んでほしい。

そう思う、今日この頃です。


The following two tabs change content below.