夢がありますか?


br />

あなたは夢を持ってますか?

私がお金よりも大事にしてること。

それが、夢です。

私は結構おしゃべり好きです。

誰かさんは私のことをポメラニアンと言いますが、

まあ当たらずしも遠からず、といったところ。

おしゃべり好きなあなたが、

大事な話しを誰かに伝えたかったりします。

でも、誰もあなたの話しを聞いてくれない。

そんな経験はありませんか?

それは、あなたが「自分の話しばっかりしてるから」です。

人の自慢話って結構ウザい。

他人の説教ほど、メンドクサイものはない。

誰かのために、必死になって努力して、話しをしても

周りは誰も聞いてくれない。

そういう経験は、誰にでもあります。

あなたが、「儲かった!」「幸せだ!」といくら叫んでも、

肝心の話し相手が儲からない、関係ない話しだと、

つまんなくて聞いてもらえません。

聞き手にとってどーでもいい話しになってしまうんです。

そこで、原点に帰って自分に問いただしてみます。

何のために、あなたは話すのでしょうか?

それは、『相手に話しを聞いてもらうため』です。

単純なことですが、そういうことですよね。

じゃあ、人に話しを聞いてもらうためにはどうしたらいいのか。

それは、『一緒に叶える夢』を持つことだと私は思ってます。

どうせ夢じゃん  って、はじめにに軽く考えます。

そして、それを、あなたと一緒に叶える方法を考える。

どうせ夢なんだから、

1人で叶えるよりみんな巻き込んじゃった方がいい。

そしたら、なんかデカい話しになるし。

そうして始まったのが、当会のコンサルティング。

今、当会のことを「吉田塾」って呼んでくれる会員さんもいるけど、

私はもう会の一員でしかないんじゃないかな。

今や当会は、三田さんやその他の当会の会員さんの、

輸出ビジネスに想いを馳せてる人達のカタマリです。

日本から世界へ。

価値ある商品を広めよう。

そんな夢を持った人たちが集まる会にしたいと、

ずっと考えてました。

たくさんの人が集まれば集まるほど、

その想いはどんどん強くなっていく。

そして、私だけのものじゃなくなっていく。

それは、会社も同じなのかな。

自分が作った会社が上場したら、

そんな感じになってくのかな。

期待と不安が入り混じりながら、

それでも私は夢を持ちたい。

そして、それをあなたと共有したい。

まさに、夢中です。

【あとがき1】

私が唯一目標にしている船原徹雄氏が、

今回、超久しぶりにゴールド会員を募集するそうです。

tinyurl.com…

初月入会はナント無料。

私達ともSNSでお会いすることになるでしょう。

彼は、常に私の一歩先を行っていて、

ハンパなく稼いでいます。

輸入ビジネスのスペシャリストから学んでください。

期間は本日から2月25日23時59分までの7日間限定です。

【あとがき2】

モチベーションが上がらない。

そういう悩みを持っている人がたくさんいます。

「吉田さんは、どうしてますか?」

と聞かれますが、私は最近このCDを聞いてます。

hero.33cheers.jp/theday/…

実は、この教材を企画したのは、

チアーズの柳田さんという方で、

よく知っている方の間では「ボウズさん」の

愛称で親しまれています。

物凄い実績をお持ちの方で、

聞いた私が「世の中、上には上がいるなぁ」と

思っちゃうぐらいの方です。

そんなボウズさんと、メールのやり取りをしたときに

メールアドレスのフッターにこのURLがあったので

迷わずゲットしてしまいました。

楽しいこと、ワクワクすることを基準に物事を考える。

カンタンなようで難しい発想でしたね。

生き方の勉強になるCDです。

hero.33cheers.jp/theday/…

【あとがき3】

戸田さんから、お客様の声をいただきました。

——————–ここから————————————–

吉田さんのコンサルティングを受けてよかったこと。

それは、インターネットの世界がよりリアルに感じることができたことです。

正確に言うと、

インターネットを通じて、知り合ったはずのお客さんが、

なぜか目の前にいて、リアルに話をしているような感覚に陥ること。

直筆の手紙。

自分自身の写真。

といった商品への付加サービスを通じて、

よりお客さんとつながりが強くなっているように感じます。

eBayを使って、販売をすることは

出ている本を読めばすぐにわかりますが、

商品への付加サービスという部分を学ぶことは難しいです。

「日本の商品が欲しい、でもどうやって探せばいいんだろう。」

と悩んでいる既存のお客さんが、

「あー、そーいえば、あんな日本人セラーいたよね。」

と最初に自分の顔を思い出してくれるようなサービスの仕方、

考え方をうまくアドバイスしてくださいます。

海外に向けてツイッターを始めようか悩んでると相談したときにも、

「ツイッターやfacebookといったツールに踊らされたらだめだよ」

という、コンサルを受けたときのアドバイスを今でも忘れません。

1対1のやりとり。

このやりとりを大事にしなさい、

というアドバイスを忠実に守っています。

おかげさまで、2011年1月から輸出を開始して、

初月が1000ドル、2ヶ月目は半分を過ぎたところで、

2ヶ月目の


The following two tabs change content below.