地の利


コに来て、地の利というものについて深く考えさせられます。

インターネットというビジネスが国境を超えるということはよ~く分かった。

最初はアメリカ、次いでドイツ。

韓国・イギリス・フランス・ヨーロッパ・シンガポール・・・。

次々と世界地図を埋めていって、お客様の層がどんどん厚くなっていく。

そんなことに感動を覚えたものです。

さらには日本の品を世界に、というつもりが、アメリカの品をヨーロッパに出すようになって。

そか。日本はマネジメント基地だな。と思ったり。

海外販売をしよう!-国境

その反面、リアルでの交流が非常に大事であることに気付かされる。

地の利という意味では、田舎は土地も安いし在庫の保管場所には向いていると思った。

しかーし。やはり人との出会い、交流は都会の方が何倍も早い。

リアルな人との出会いを通じて、どんどん前に進んで行く事。

次の課題は私にとってとーっても、難しくて新鮮です^^


The following two tabs change content below.