国内企業が海外進出する理由。


日のヤフーニュース。

ハウス 米中などに「ウコンの力」 世界の二日酔いに朗報!?

ハウス食品は12日、ウコン飲料「ウコンの力」を、今後3年以内に中国や米国など最大4カ国に輸出する計画を明らかにした。ウコンには二日酔いを防ぐ効果があるとされ、アルコールをよく飲む地域で拡販を目指す。少子化で国内飲料市場の飽和感が強まるなか、海外市場の開拓を急ぎ、経営基盤を強化する狙いだ。 同社はタイでウコンの力をテスト販売したことがあるが、本格的な輸出は初めて。(産経新聞)

いや~、ウチは普通の小売店だから。海外なんて・・・

10年くらい前までは考える前に思考停止していた時代だと思います。

でも実は
ここ数年でたくさんのグローバルサービスが日本語化されているので
参入がとても簡単になりました。

ハウスさんのように大きくなくっても
素人企業が簡単に世界に向けて販売を開始できる時代です。
企業どころか、個人でも。

時代は進みましたねぇアップ


The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。