商店街のおっちゃんでも海外販売。


br />

彼「シンガポール政府の要人と会ってきました。」

ポカーーーーーーーーーン。

私「一体、どんなツテでそんなことになったんですか?」

彼「○○○さんの紹介で・・。」

私(げ。それ私も知ってる人じゃん・・orz)

今日は東京最終日。

話しが濃すぎて、もうこれ以上はしゃべれません。

世界の共通言語はまさしく英語。

英語が話せなくても1千万円くらいは稼げますよ。

だけど、もっと全てを巻き込んだ大きなビジネスを

展開しようと思うと、やはり英語をマスターしなきゃいけない。

世界にはたくさんの言語があって、

日本語はとってもローカルな一言語にすぎない。

日本人が英会話学校で勉強したレベルの英会話で

世界中の人がビジネスを一所懸命行おうとしている。

だから、恐れることはないんだ。

でも、私の英語力は最低限に話せるレベルをかなり下回っている。

だから私はもっと努力をしなければならない。

最近私は、これからの日本をグローバルに変えるであろう

キーマンとなる企業や団体に会っています。

目的はただ1つ。

あなたのように、外人嫌いな普通の日本人でも

簡単に海外販売を始められるほど

シンプルで洗練されたビジネスモデルを構築するためです。

当会では、最新版のマニュアルを制作中ですが、

マニュアルがただのマニュアルじゃなくなってきて

利用者側が物申すぐらいの仕組みになっています。

そんなに難しかったら、日本人セラーは使ってくれないよ。

日本人が簡単に外人と会話できると思ったら大間違いだよ。

ここは日本だし、アメリカ流なんてどーでもいいよ。

eBayは世界中からセラーとバイヤーを集めてる。

もちろん、eBayっていうのは出品するだけで

素人でも世界に売れてしまう凄いオークションサイト。

仕組みは素晴らしいんだけど、商店街のおっちゃんが

eBay始められるかって言うと、そうじゃないよね。

だったらこういう風なサービスになっていれば

もっと日本人が参入しますよ。とか意見する。

海外のお客様が欲しがる商品を、セラーはこうやってみんな探してますよ。

じゃあ、こんな便利なサービスがあれば、もっと利用者が増えるハズ。

とか意見する。

英語に触れることにまず抵抗感がある日本人が

いきなり便利ツールを使いこなせるとは思わない。

海外発送のEMSをクロネコヤマトの宅急便くらい

気楽に扱えるとも思えない。

日本人が国内で売るのと同じくらい簡単に海外販売を行うためには

もっとセラーの立場になって、私が意見を言わなきゃいけないと思っています。

幸いなことに、私の意見を聞きたいと言ってくれる業界の方が

会いたいとお声掛けをしてくれるので、

私はタダで協力をすることにしています。

お金は一銭もいただいておりません。

交通費・宿泊費も全部自腹です。

利用者に優しいサービスを生み出すことは、サービス提供者にとっても

とっても貴重なデータになるし、私達利用者にとっても喜ばしいこと。

彼等も儲かる。あなたも儲かる。

あなたは知らないかもしれませんが、

日本市場は世界で「最後のブルーオーシャン」とささやかれています。

だってグローバル化してない先進国は、

世界の中でも日本だけだもんね。

オイシすぎるでしょ。

日本から出て、世界で市場調査をした日本人は、

世界の人が日本に熱い視線を投げかけていることに驚き

まさしく日本のグローバル化こそがビジネスチャンスと沸き立って

日本に帰国し、サービスのリリースを即座に検討します。

そのくらい、CBT(Cross Border Trade)の

将来性の虜になってしまうんです。

しかし、そこには大きな壁が立ちはだかっています。

問題は、日本市場を開拓したいと考えているバイヤーにはなく、

日本人の意識レベルの低さにあるのです。

ただ「外人が怖い」という食わず嫌い。

CBT市場に参入しようとしている企業は

あまり意識していないことを最近知りましたが、

これは私達普通の日本人にとっては

決して軽視できない問題なのです。

でもこんなもの、利用者目線に立った仕組みさえ整えば

いとも簡単に乗り越えてしまうでしょう。

しばらくは、多方面の方々と協力して

利用者が利用しやすいサービス作りに没頭したいと思います。

(あ、もちろんセラーとしての立場での意見です)

あなたの売った商品が、超簡単に世界で売れちゃう。

「え?こんなに簡単なの?」っていうくらい。

そしたら、かっこいいよね。

え?まだ日本で商売してんの?

これからは海外でしょ?

みたいな。

パチンコで儲けようと思っても、結局パチンコ屋が儲かる。

競馬で儲けようと思っても、競馬場が儲かるんじゃないの?

ネットビジネスも、ポータルだけが結局一番儲かるんだと思ってましたが、

違う違う。ガラガラのお店を営業したって赤字沈没。

CBTとかカッコいいポータルサイト作ったって、

私達日本人の利用者が増えなきゃ盛り上がりませんよ。

意外と難しいビジネスなんです。

だったら、僕らのことをもっとみて!

お客さんがたくさん入って、万馬券を当てまくるから

私達も儲かり、お店も儲かるんです。

私はまず、あなたが海外販売をもっと始めやすくなるような

仕組みを整理し、各関係機関に提案します。

そして、あなたは日本人が1%しか開拓していない

世界市場の99%を、国産の最強武器を使って冒険することになります。

経済産業省の試算では、現在の日本における世界市場の規模は3.2兆円。

10年で11兆円になると予測しています


The following two tabs change content below.