卸売業者はなぜネットビジネスに参入できないのか?


卸売業者さんが、商品を売ってくださいって。ホントなんででしょう?」

首を傾げた会員さんがいました。

インターネットが登場してからで小売店のみならず、

メーカーや問屋も商品をショップに出せる時代になりました。

小売店の価格と比べると、当然安い。

私達はセラーなので、立場としてはメーカーや卸売業者と比べれば

価格で競争することはまず無理。

つまり、市場は価格競争力のあるところに取られていくと考えがちです。

でも、実際にショッピングモールで出品している業者に

「御社の商品を販売させてください」と持ちかけたとします。

そうすると案外スムーズに、しかもちょっと自分でも

ネット販売の心得のある業者さんだと、意外に簡単に

商品を売らせてもらえたりするんですよね。

私もたまたま以前、こういった業者さんがカタログをフリーで配っていて

正規の値段の半額でどうぞと書いてあったので

しばらくお付き合いをしたことがありました。

当然のことながらネットのお店はすぐに閉まり、

「なんで閉めたんですか?」と聞いたら

めんどくさいし、売れないから。と言われましたね。

こういった業者さんは対個人でチマチマ売るよりも、

販売をしてもらう出品者(セラー)を見つけて長く付き合いたいと考えます。

最終消費者向けにネットで商品を販売したとしても

労力の割に儲けが少ないと彼らは考える傾向があります。

実際、消費者向けに商品を販売しようと考えると、

お客様が増えるごとに出荷が忙しくなり、人手が必要になり、

受注管理を含む管理コストが多大にかかるようになります。

卸売業者は、ここに関するノウハウを持つことはできず、

また持つことが良いとも考えていません。

だから、時勢だからとネット業界に参入しても導入期や

規模拡大する時点で躊躇してしまい、先に進めなくなる。

それは自社の業態を変えるぐらい大きな決断だと思います。

そんな決断・・。よほど豪腕な経営者じゃないと転換は無理。

そうなる気持ちは私もよーーーく分かります。

その代り資金力をもって一括大量仕入れを行える強みを持っています。

これは私達が直接やろうと思ってもやはり無理。

ただ、いきなり私達個人輸出のプレーヤーが

一括大量仕入れを行うことは大変難しいことですが、

卸売業者さんを通じて「売らせてください」ということはノーリスクです。

中には、CSVで1000点以上商品のリストをもらって

バカバカ売れまくって首を傾げている会員さんがいるくらい。

彼は言いました。

「ホントやってみないと、続けてみないと、動いてみないと分からない。」

その通りだと思います。でもさすがの私も

画像つきのCSVファイルを丸々もらったことはありません。

彼自身の能力と気持ちが、ここまで進化させたのだろうと思います。

そう考えると、私達は在庫を持たずに売れる商品の提携先を探し、

販売網を世界に広げることに特化する。

この能力が、今求められているのではないかと感じます。

ちなみに卸売業者は日本のみならず、海外からも引き合いがあります。

なんだか、物流システムと同じ「ハブアンドスポーク」のような・・。

世界から日本人の目を通して、そして日本から世界へ販売する。

キーマンと呼ばれる現地の業者などを通じて、また細部地域へ分散される。

誰も知らない領域に、なんだか手が届きそうな人が出てきた。

知識が集まる、未来へつながる。大きな希望を持って。

海外販売の歴史はまだまだこれからです。

【あとがき1】

今回はエグゼクティブクラブの5周年を記念して、

期間限定でSTEP1を無料公開することにしました。

tinyurl.com…

海外販売は本当に改訂が多く存在するので、

手続きの方法なども毎回変更をしなければならないのですが、

全て2012年8月現在の最新バージョンです。

多くの人がこのマニュアルを活用し、海外販売の扉を開け、

そして羽ばたいてくれることを願っています。

公開期間は8月30日まで。

明日で終了します。

まだの方はお早めに。


The following two tabs change content below.