半導体


日はとても面白い事例を知りました。

海外販売で、起業1年で年商8000万円を稼いだお話し。

実際には中国の半導体を海外に売るということなんですが。

え?これって輸入じゃないの?

中国製品を海外に売るのになんで日本が関係あるの?

そう、思いますよね?

ただ、この人は元々中国から日本にやってきた中国人留学生。

日本での在留資格を変更し、中国で製造した半導体を日本に輸入し、

日本から中国への逆輸出、また海外へ再輸出しているというのです。

今、日本のモノ作りも日本で行われるケースは少なくなりました。

ユニクロも、海外の工場で生産しているケースがほとんどです。

しかし、日本企業というブランドのおかげで

世界中で通用しているんです。

それほど、「Made in Japan = 株式会社日本」のイメージは最強。

日本企業の「安心と信頼」は世界に確固たる存在感を持っています。

この中国人留学生は中国製という、

質の悪い製品というイメージを払しょくしたかった。

そこで、あえて日本で会社を立ち上げ、日本企業として海外展開し

初年度から年商8000万円を達成したということです。

現在の売上比率は

・海外9割

・日本1割

だそうです。

20代の起業で8000万円か。

今の起業家は若くてセンス・才能共にケタ外れてる。

インターネットと海外販売を組み合わせれば、

資本金がかからないビジネスモデルで

ありとあらゆるチャンスを得ることができると、

今更ながらに感動しています。

年齢・性別・国籍・肌の色も関係ない。

真のグローバルドリームが今、生まれつつあります。


The following two tabs change content below.