利益と税金の関係とは?


br />

当会には「ランチェスター表」という、売り上げ管理ツールがあります。

これはただのエクセルシートなのですが、eBayやネットショップの売上を

全ての手数料を除いた最終利益ベースで計算することができます。

起業当初から、私はこのツールを使って利益計算をしていました。

物販を始めるにあたって経理の勉強をした方が良いかと思って

会社設立や簿記などの本を読み漁りましたが、いまいちピンとこず。

一番分かりにくい発想が「在庫は資産」という考え方でした。

確かに利益がたくさんあれば、税金の支払いもたくさん必要です。

しかし、例えばあなたがネットでモノを売って

30万円の利益を得たとすると、税金は4割、

つまり単純計算で12万円を支払うことになります。

(累進課税のお話しは省略します)

今まで給料を貰っていたことをそのまま考えると、

30万円の給料から、12万円差し引かれると当然嫌ですよね?

そこで、節税ということを考えるようになります。

売上-経費=利益 なので、単純に経費と考えて仕入をして

利益を在庫に変えちゃえば

利益が減るのかといえばそうではありません。

30万円の給料(利益)で、30万円のバイク(仕入)を買っても、

手元のお金はゼロ円になっても、

12万円の税金を払わなければならないんです。

売れない在庫にも税金がかかり、かつ商売が大規模になるほど

売掛金といって、お金が入ってくるタイムラグが伸びます。

一番簡単な例え話をしましょう。ネットショップで

売上がガツーンと伸びて100万円儲かったとします。

でも入金されるのは提携クレジットカードの都合上、

2か月後になったりするケースがあります。

そうすると、まだお金をもらっていないのに、40万円の税金を

支払わなければなりません。

手元にお金がないのに、40万円も税金払えるワケないので

借金をすることになります。

経営者はアタマが良いから、何か打ち出の小づち的に

便利な方法があるのだろうと私は思ってました。

でもあなたがもしお金を借りようと思ったときに取る行動と同じ。

フツーにアイフルとかでお金を借りるだけです。

個人ビジネスの場合、特に選択肢は少なくなります。

なんでお金はないのに、それ以上の支払いをしなければならないんだろう?

しかもお金を借りるのに頭を下げなきゃいけないんだろう?

多分怒られる、そんで結構ナジられると思う。

それは国が決めたことだから?

守らなきゃいけないルールだから?

ヘンすぎる。ヘンすぎるぞニッポン(笑)

この考え方がいまだに理解ができません・・・。

つまり、この入口からビジネスを展開して、

ヒーヒー言ってる企業が大半なのです。

仕入をして販売して売掛金が発生する。

仕入にも税金、販売にも税金、売掛にも税金がかかる。

だから余分にお金を借りてから商売するのが当たり前だ。

こういうスタンスで商売を始めると、そもそも日本の税制上

後で痛い目をみるということがよーーく分かります。

(ていうか、これが当たり前というのを私は最近知りました・・)

だから、ビジネスを始める最初からこの仕組みを取らない方が良いです。

1万円稼ぐ方法と、1000万円稼ぐ方法は基本的に同じ。

最初の1万円の稼ぎ方を間違えると、その差は事業が拡大するとともに

1000倍大きくなっていきます。

あ、なるほど。だから人もたくさんいる大きな会社が倒産するのか。

それってゼロサムゲームじゃないか。

ゼロサムゲームっていうのは、1人でビジネスをしても、

100人でビジネスをしても、ゼロになる確率が同じってことです。

FXとかもそうですね。

1万円で回しても、1000万円で回しても、損する確率は同じ。

しかも、パチンコや宝くじと同じで最終的には

期待値がゼロ以下になるってことです。

輸出ビジネスの最強のUSP(強み)は、積み上げ型のビジネスで

まず、仕入のリスクを極力回避することができるということ。

あと、決済に使うPayPalは売上を1週間以内に銀行に振り替えられること。

更に、私の場合は最終的に、モノでなくヒトと繋がることを目的としてるので

流行り廃りに左右されることなく、そのお客様が欲しいものを聞けば

売上がずっと安定する仕組みになってます。

私は海外販売を始めた時は、貯金が20万円しかなかったので、

「とにかく現金ベースで考えよう!」とそればかりを考えました。

だから、ランチェスター表でしっかり管理をしてたんです。

在庫は持った時点で貯金から残高が消えるので、捨てたものと同じ計算。

利益が産まれてようやくお金が残る。

だから、仕入れたらすぐにお金になる方法や、

仕入れなくてもお金になる方法を考え抜きました。

最初から、そこからのスタートだったんです。

更に輸出の場合は消費税の還付が受けられるので、

消費税の分だけ後でお金が戻ってきます。

(これはかなりデカいです)

この仕組みが完璧にできた今、

このビジネスをやってて本当に良かったなって思う今日この頃。

資本金1万円から、取引銀行もなく、無借金経営で、

多数のスタッフを抱え、あなた自身と日本という国を

変えることができるビジネスモデル。

これが、私の提唱する海外販売なんです。

【あとがき1】

エグゼクティブ会員専用のパスワード更新は

2月1日20:00に行います。

今月の目立は『海外SOHOの大活用マニュアル・リサーチ編』

2月についに公開します!

価格差が取れる商品を海外SOHOさんにリサーチしてもらう。

実際に私がリサーチをお願いし


The following two tabs change content below.