偽ドル


br />私が販売した商品を、転売してる人がいる。

そのお客は、恐ろしくカネ払いが悪い。

コレコレお客様。そんなに支払が遅れておるとワタクシ、

シビれを切らしておしまいになるよ。

そうすると決まってそのお客は、メールに写真を添付して送ってくる。

「財布にお金はあるんだよ、あとちょっと待ってよ。」と困惑顔で。

コラ。それ私がよく使う手じゃないかっ。バカモノー。

年末だし、もうこのお客は切ってしまおうか。

とりあえず、今年中に支払わなければもう引き上げよう。

そう決意して、最後のメールを送った。

「これが最後のメールです。耳を揃えて支払いなされ。」

そしたら、すぐに代金の半額を支払ってきた。

うわー、中途半端だ。逆にどうしよう。

あとの残りは、来年の1月に絶対払う!って言うし。

はあ。

ま、いっか。と、私も諦めモードに入ったら

お客様、私がお怒りだと思ったようで、更にメールで

「これが私のサイトだよ。ホラ、こんなに高値がついてる。」

って、サイトを貼り付けてきた。

そこには、私が売った商品がまあそのまま転売されてるワケで。

でも、なんだ? ホントにメッチャ高値がついてる!?

3,000円で売った商品が

$500で売られてるぞ?

げ。米ドルで4万円以上?そんなバカな。

こら君。儲けすぎだよ!

だったら早くお金払いなさいよ!

と、もう堪忍袋の緒が切れて

今日はちょっとキツめのメールを送ってみた。

そしたら、慌てて返事が返ってきて。

お客「あの~。なんかカンチガイしてない?」

私「なにが。利益が出てるんだから、支払関係ちゃんとしてよ。」

お客「いやいや。それほどでもないですよー。」

私「え?なんで?」

お客「それは・・・、それは・・・。」

それは、通貨が、   ペソ   だから。

なにーっ(笑)

ペソって、ドルと同じマーク使うのね・・・。

ていうか、ペソってなんやねーーーん。

ああ。しょうもないことに神経を使ってしまった。

海外販売って、まあ毎日毎日新しい発見だらけです(苦笑)

【あとがき1】

私のDVD処女作品の

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』ですが

なんとまだ2日目ですが、もう半分以上売れてしまっています。

大変申し訳ないのですが、年内に見られなくなる方が出てしまうかもしれません。

先着順とさせていただきますので、どうしても年内に見たい方は

お早めにお申し込みくださいね。

www.9-4.jp/kaigaihanbaiseminar.html…

【あとがき2】

DVDの販売ページで、札束の写真を載せています。

実際、現金で仕入れに行くことも多いので

ちょっと過激かもしれませんが、写真を載せてみました。

不快な思いをさせてしまった方がいたら、ゴメンナサイ。

さて、ここで問題です。

現金100万円を持って

突然あなたはお店を訪れたとします。

お目当ての品はもう決まっているので、

迷うことなく、商品を手に取ります。

そして、ポン、と店主の目の前に帯付の札束を差し出したら、

たいていの店主は、どんなリアクションをするでしょうか。

1.無口になる。

2.なんだか饒舌にしゃべりだす。

3.いきなり踊りだす。

正解は、明日発表します!


The following two tabs change content below.