信頼できる中国人とは?


br />

「人より稼いで何がしたいのか?」

って聞かれて、あなたはなんて答えるでしょうか。

私はもっと良い仕事がしたいと考えています。

収入が増えると、もっとダイナミックな仕事ができるようになって、

もっと大きな夢を持つことができるようになります。

暮らしぶりは、特に変わりません。

もっと太りなさいとよく言われますが、別に美味しい食事に興味はないです。

妻に作ってもらう愛妻弁当が、実は唯一の楽しみだったりします。

ただ、たまに誘われて行くセンスの良いカフェとか、

どこか別の国の話しを聞くと、「楽しそうで良いな~」って思います。

先日は中国の方と電話でお話ししてたのですが、

「上海は雨が降ってます。長野県に友達がいて、あなたの街も良く知ってます♪」

って言ってました。

低気圧は西から来るので、中国の雨が日本にやってくるんだろうなーとか。

日本語が堪能な中国人の方は、日本で留学経験のある方が多いです。

特に中国では貧富の差が激しいのだろうと思いますが、

語学レベルの差も、物凄いものがあります。

一般の中国人の方は基本的に中国語しかしゃべらない

内陸出身の方がほとんどですが、

私達に関わりの多い中国人は、最低3か国語をマスターしています。

中国人留学生に人気なのは、地方都市です。

東京や大阪などの都市部は生活費が高いので、留学生に人気なのは

主に日本の地方都市にある国公立の大学だったりします。

だから長野県とか福井県とか、そんなマイナーな県のことを

良く知ってるんですよね。そして愛してる。

彼らは、母国語の中国語と英語と、第3の言語として日本語をマスターします。

私はほぼ、これでお付き合いできる中国人かどうかを判断しています。

インターネットにはたくさんの言語が飛び交っていますが、

英語が話せる中国人は、素養もあってとても賢い人が多い。

育ちも良くて、相手のことを気遣い出来る方がほとんどです。

私達は英語でビジネスをしているので、英語で購入する中国人は

ターゲットの1つとして挙げられます(というか、優良客が多いです)。

香港、シンガポールのお客様も多いのですが、これらの国は

華僑が作った街だといわれていて、

お金を持っているだけでなく、豊かで礼儀正しい国です。

日本語の話せる中国人は、更にパーフェクトな人ばかりです。

逆に、こういった方を見てると日本人は

もっと頑張らないといけないなって強く実感します。

彼らは向上心が高く、好奇心旺盛です。

異文化に対する心構えもキチンとできていて、

実際に海外に出ていくことに抵抗があまりありません。

そのままその国に根付いてしまう人も多いので、

世界中に中国人街が存在しています。

やっぱスゲーな、中国(笑)

日本人と違って主張が激しいところばかりがフォーカスされていますが、

私の知る中国人には、そんな人は存在しません。

日本の商品を購入してくれる中国人の方は、

私達を歓待してくれます。

おもてなしをするときは、食べきれないぐらいの量の食事を用意するのが

ならわしなので、とにかく食事がジャンジャン出てきて「食べろ食べろ攻撃」に

あいます。出されたものを全部食べる習慣のある日本人には辛いですね(笑)

そんな家族ぐるみのお付き合いをしてくれる中国人ですが、

中国で起業している友人に言わせると、二言目には給料上げろと言われ、

昼食は全部会社側で用意するのが当たり前とか、そういう側面もあるみたいです。

人材市場も需要と供給と言われてますが、中国本土では

供給過多なので、雇われる側の立場の方が強気だったりするみたいですね。

私の意見としては、日本人がお付き合いしやすいお客様の層として

英語の話せる中国人で、公用語のマンダリンを話す人がお勧めです。

(マンダリンって初めて聞いたときは、なんかの楽器だと思った・・)

英語で出品すれば、自然にそんな人達とめぐり合うことができますよ。

そして良い仕事をすると、色々な出会いが待っている。

こういう商売でもしてなければ、一生接点が持てないですもんね。

役得だなーと思います(^^)

【あとがき1】

『特選!トップセラーが見つけた海外で売れる商品ガイド!』

2月25日(土)23:59まで期間限定で募集再開します。

tinyurl.com…


The following two tabs change content below.