伝統工芸品を世界に売る方法


br />

よく、メディア関係の人に質問されるのですが、

「日本の伝統工芸品は海外で売れますか?」

という質問があります。

もしくは私のところに商品を持ってきて

「この素晴らしい自社製品の売り込みを海外にしたいのですが!」

と言ってくる人もいます。

結論は、「売れなくはないけど売りにくい。」ということ。

私が今一番課題にしているところです。

縮小する日本市場、日本を元気にするためには

販路を広げる、ということは一つの大きな課題となっています。

海外進出がブームになっているのもそういった背景がありますね。

このままではジリ貧だという思いがみなさんにあるのでしょう。

ただ、市場が大きければなんでも売れるっていうと

そうでもないってことを、まず最初に知る必要があります。

これは国内で売る場合と原理はまったく同じで、

商売の基本は「人が欲しがるものを売る」ということだからです。

今はインターネットが発達しているので、

売れている商品をリサーチする方法は、国内でも海外でも同じですね。

その商品を欲しがっている人に、モノを売るのは簡単です。

値段とタイミングさえ合えば、お客様は購入してくれます。

逆に選択肢の増えた現代、人は売り込まれるのを最も嫌います。

だからイキナリ訳の分からない商品を勧められても

すぐに拒否反応を起こしてしまうでしょう。

これは、全世界同じ論理なんですね。

ただ、一度買ってくれたお客様にリーチする場合は話しが違います。

お客様はあなたのファンになっているので、

ここを積極的に展開していくことで、道は拓けるようになります。

大事なこと。

つまり、「相手が欲しがるように論理を捻じ曲げて売る」ということですね。

最初はお客様主導で買ってもらうべきでしょう。

あなたが次にすべきことは、さりげなくオススメしてあげることです。

お客様が欲しがる商品というのは、大体半径が決まっています。

この半径という言葉を説明するのはちょっと難しいのですが、

半径から外れる例を1つ挙げると

「ゲームが好きな人は、旅行をしない」と言った理屈です。

半径の中にある例を1つ挙げると

「ゲームが好きな人は、本を読むかもしれない」と言った感じ。

いわゆる引きこもり、自分の世界を持ってるタイプと仮定します。

この半径をうまく利用して、伝統工芸品を売っていくんです。

こういうことを、うまーく出来るようになれば、

本当の意味で地域貢献ができるようになりますよ。

この方法をマスターするためには、少々時間がかかりますが、

客質・客層を逆算しながらモノを売ると、見えてくるものがあります。

つまり、伝統工芸品をバックエンドにして売るためには

フロントでまず何を売るべきか、といった計画ですね。

集客は科学です。そして、それって世界中同じパターンです。

ただ売る場所を変えるだけ。

難しそうで、意外と簡単。

デキる人は、「なーんだ、みんな同じじゃん。」って言います。

で、突き詰めていくと英語力は必要ないって結論に至ります。

大事なのは、売り方・手法と・計画ですね。

こっちは捻じ曲げちゃいけません。

あなたは何を世界に広めたいですか?

【あとがき1】

夏の陣のDVDは、輸出入で稼いだ講師陣が

夢のコラボレーションを実現しています。

DVDを入荷しました!

すぐに発送が可能です。

輸出はちょっと、敷居が高いと思う方は輸入を参考にしてください。

輸入ではモノ足りないくらい稼いだ人は、輸出を参考にしてください。

7人のトップセラーに、出会えるハズです。

tinyurl.com…

【あとがき2】

エグゼクティブクラブには高額の報酬が獲得できる

紹介プログラムがあります。興味のある方はこちら

tinyurl.com…

【あとがき3】

何か物事がうまく行かなかったとき。

私は全部自分のせいだと考えます。

他人のせいにするのは簡単ですが、

基本的に他人というのは操作ができません。

他人より自分を操作する方が楽です。

そうなってしまったことに対して反省や改善をして

自分のやり方を変えれば、今まで見えなかったことが

見えるようになります。

経営がうまく行かなくなったとき、なぜそうなったのか。

人が離れていったとき、なぜそうなったのか。

それを自分のせいにすることは大変つらいことですが、

その先も続く人生のためにも、今日この場で決着をつけることに

私は重きを置いています。

そう、それも1つのシステムだから。

同じ考え方で同じ行動をしていると、同じ結果を生み続ける。

変わるのは、常に今でしかないんですね。

そしてそれを変えるのは、他人じゃなくて自分自身です。

あースッキリした。

今日はなんかお風呂上りみたいにスカっとしました(笑)


The following two tabs change content below.