今の10倍のお客様がやってきたらどうなる?


br />

今年はかなり特殊な環境に身を置かれているので、

毎日がビュンビュン過ぎています。

起きているのか寝ているのかさえも実感のない世界。

とにかく目を開けているとネットかリアル、どちらかで話しかけられます。

そんなとき、ふと思い浮かぶのが個人商店と企業の違いについて。

「オマエなあ、自由にやりたかったら吉田商店作ったらええねん!」

昔上司に怒られた言葉が目に浮かびます。

個人商店と企業の違いはなんでしょうか?

個人商店は、店主の顔が見える商売。

店の顔としていつも店主がいて、笑顔を振りまいています。

馴染みのお客様は店主の顔が見たくてお店にやってきます。

「まいど!」といえば「おおきに!」が返ってくる。

たまに、違う人がレジをやってたりすると「あれ?大将は?」と

みんなが心配してくれます。

店主がいれば、みんな安心して買い物をすることができる。

それが個人商店の良いところです。

ところがその店主が病気になったり、

引退したりすると途端に売上は激減する。

これが個人商店の悪いところですね。

企業はよく、担当を定期的に変更します。

1つの企業にずっと同じ担当がつくと、癒着があって良くないからです。

「せっかく慣れた頃なのに、また変わるのね。」とがっかりされます。

ここは企業の悪いところ。

ただ、担当が休んでも代わりの担当が

素早くフォローに回ってくれたりします。

誰が来ても同じ説明ができて、誰に聞いても手順は同じで

同じサービスを受けることができます。

やることやってくれるから、ウチは満足。

そう言わせるのは企業の良いところです。

どちらが良いかって聞かれると、この流れだと個人商店ですよね?

実際、顔の見えるお仕事がしたいという起業志望者は多いです。

では、予想に反して今までの10倍のお客様が目の前に現れたら。

あなたはどうするでしょうか?

9割のお客様全員に対して「忙しいからお帰り下さい」

と言えるでしょうか?

ほとんどの人が全員を受け入れようと努力をすると思います。

このとき初めて、経営者としての手腕が問われるんでしょうね。

そしてこのステージを超えられるのは、本物の人物だけでしょう。

モノが売れないと言うことよりも、

売れすぎてしまった時の方がふり幅はデカい。

上級者セラーの方には特に覚えておいてほしい言葉です。

【あとがき1】

海外販売クローズドライブ~もっと海外販売で稼ぐための実践方法~

tinyurl.com…

遂に創刊いたします!(これが裏メルマガの申込フォームです)

あなたが知りたい情報を提供できるように

入念に準備して進めてまいりました。

裏メルマガの内容はこちら

tinyurl.com…

完全無料。

配信は週に1回もしくは2週間に1回と考えております。

tinyurl.com…

お楽しみに!


The following two tabs change content below.