今、アジアに商機あり。


br />

船原さん「あー。帰ってほうれん草のおひたしが食べたいなあ」

海外に長くいると、日本食が恋しくなる。

パクチーの効いた雑炊や、ちょっと泥臭いカニ、

辛すぎるチリソースに、パサパサしたご飯。

いかに日本食が繊細な味付けなのか。

それを知ってしまう。

カジノやエグゼクティブに相応しい屋上プール。

すごく豪華なんだけど、エレベーターの昇降中に、

少々揺れが激しかったり、プールの水が冷たすぎたり。

ちょっと残念な国。シンガポール。

それに引き替え、日本人の仕事は完璧だよね。そう思う。

そして、私達のような庶民でさえ、

モノの良し悪しを見分ける感覚を持っている。

日本のお客の目は、世界一厳しい。

さらに、私達が日本人であることの

強みを理解することは、もっと大事。

強み=USP(Unique Selling Proposition)

一瀬さんは、こう言った。

「お客様が持つ、『なぜ?』を解消することが大事。」

1.なぜ、お客様は私から購入しなければならないのか。

日本は極東の国。遠くて行けない人がたくさんいる。

日本語の習得レベルが高すぎて、手におえないから。

もっと掘り下げて言えば、

誰かに助けてほしいと、そう切実に考えている。

2.なぜ、お客様は私を信用するのか。

それは、私が日本人らしい完璧な対応で、

お客様を満足させているから。

3.なぜ、彼らは私を裏切らないのか。

それは、モノじゃなく、心で売っているから。

シンガポールで会ったお客様は、

自宅が倉庫みたいになってた。

3箇所あるトイレの1箇所は、

私が送った商品で埋め尽くされてる。

電化製品も結構送ってるのでどうしてるのか聞いたら、

台所に変圧器を置いてるんだって。なるほど、私より詳しい。

輸入ビジネスで素晴らしい成果を挙げている船原さん。

ameblo.jp/funahara/…

彼が輸入で使っているリサーチテクニックは、

大いに輸出に通じるところがあります。

共感するメールマーケティングを基本とされている一瀬さん。

archive.mag2.com…

彼の手法は、リピート重視の私の手法に近いものがあります。

シンガポールでお二人と会えたことは、

私も大いに刺激になりました。

楽しかった。

そして今、特に景気の良いアジア。

しかし実態は、まだまだ「本物」とは程遠い、

見せかけだけのハリボテだ。

日本とは、まだまだ格が違う。

海外を相手に稼ぐなら、今がチャンス!

日本人の商魂を、今アジアに注ぎ込め。

【あとがき1】

早朝の飛行機なので、7:00には空港に到着してます。

日本に帰って、また頑張ります!

【あとがき2】

私がシンガポールに行くきっかけになったDVDはこちら

『海外販売セミナー ~英検4級の私が世界に顧客を持つ時代~』

tinyurl.com…

決済の後に、ご住所などをご登録いただく画面に遷移します。

決済いただいたメールアドレスに、ご案内が行っているはずです。

ご登録がお済みでない方は、至急ご登録をお願いいたします。

ご購入いただいた方で、ご不明な点がある場合は

dvd☆9-4.jp ← ☆を@に変えてメールください。


The following two tabs change content below.